プレミアムデータをご提供:最大 50% 引きでInvestingPro特別セールを請求する

FRB議事要旨を前に株価は上昇、原油価格は再び50ドルへ

発行済 2019-01-10 21:20
更新済 2020-09-02 15:05
EUR/USD
-
GBP/USD
-
USD/JPY
-
UK100
-
XAU/USD
-
US500
-
DJI
-
US2000
-
DE40
-
HK50
-
BA
-
PCG
-
0941
-
DX
-
GC
-
ESU24
-
CL
-
1YMU24
-
NQU24
-
IXIC
-
GB10YT=RR
-
US10YT=X
-
XLF
-
SSEC
-
STOXX
-
MSCIEF
-
0700
-
MIAP00000PUS
-
XLRE
-
  • 米指数先物と欧州株はアジア株をさらに上昇させた
  • 原油価格は17ヶ月ぶりに反発しており、8営業日続伸である
  • FOMC議事要旨を前に、米国債利回りは上昇し、ドルは下落
  • ラッセル2000はネガティブな兆候を示す
  • キーとなる出来事

    欧州株とS&P 500ダウ平均株価ナスダックなどの米指数先物は、午前の取引で上昇し、それによりアジア株も上昇した。これは、米中間での通商協議に楽観的な投資家がリスク選好を高めたことが要因である。

    米国指数先物は4営業日続伸であり、11月以来で最長である。ドナルド・トランプ米大統領が「国境の壁」について言及した演説は、FRBの金融引き締め政策と米中通商協議の進展と比べて市場へ与える影響はほとんどなかった。ジェローム・パウエルFRB議長がハト派に転じたことで、投資家は市場に対して楽観的な見方をしている。そして、金曜日に発表された雇用統計が好調であったことによって、投資家は楽観的な見方をさらに強めることとなった。

    米中貿易問題の進展によって自動車メーカーや炭鉱業者など輸出関連株が上昇し、ストックス欧州600は上昇した。

    中国人民銀行(PBoC)が預金準備率を引き下げて流動性を提供したことにより、中国株への需要は高まった。結果、香港のハンセン指数は2.27%高となった。テンセント・ホールディングス(HK:0700)は3.8%高となり、同指数を牽引した。野村証券による目標株価の引き上げを受けて、中国移動通信(HK:0941)は1.72%高となった。

    中国移動通信は高いシェアを確保しており、中国における5Gネットワークの普及から多大な利益を得られるとの予想を野村証券は示した。また、野村証券アナリストは同社の健全なバランスシートを引き合いにだした。

    しかし、中国本土の上海総合指数は0.71%の上昇でアンダーパフォームであった。

    世界の金融情勢

    昨日の米国株式市場では、FRBのハト派化と通商協議の進展によって株価は更に上昇した。ラッセル2000は1.38%高で3営業日続伸となった。同指数はアウトパフォームを続けているが、米中貿易協議への期待が外れることを示しているかもしれない。投資家が貿易戦争はすぐに終わると信じているのであれば、関税引き下げへの期待が高まるため、大型株が好まれ、小型株は下落するはずである。

    S&P 500は0.97%高で4営業日続伸であり、全てのセクターで上昇した。利上げ鈍化の恩恵を受ける不動産で1.74%高、金融で0.08%高であった。

    ダウ平均株価は1.09%高で3営業日続伸であった。第4四半期に高い出荷数であったボーイング(NYSE:BA)は3.79%高で同指数を牽引した。破産申請の検討が報じられたパシフィック・ガス・アンド・エレクトリック・カンパニー(NYSE:PCG)は、大幅に下落して7.34%安となった。

    NASDAQ Composite Daily Chart

    昨日のナスダック総合指数は1.08%高で3営業日続伸であった。テクニカル的には、首吊り線を形成しており、10月から12月の新たなレジスタンスラインを裏付けた。さらに、50日移動平均線と100日移動平均線は200日移動平均線を下回っている。

    UST 10-Year Daily Chart

    米10年国債利回りは4営業日続伸であった。12月のFOMC議事要旨の公開を前に2.7を超えて上昇した。

    DXY Daily Chart

    その一方で、FOMC議事要旨の公開を前にドルは下落し、ハト派に転じたFRBに更に注目が集まるかもしれない。

    WTI Daily Chart

    中国政府は消費刺激策に乗り出し、WTI原油価格は8営業日続伸して50ドルを上回った。また、この政策によって産業金属も上昇した。しかし、下降フラッグを形成しており、下放れする可能性がある。

    このフラッグがいつ解消されるかを予想するのは難しいが、我々の見解では、11月23日から12月17日のサポートラインと12月4日以降の下降トレンドライン、10月4日以降の下降トレンドラインが重なる点がポイントになると予想している。上図の「X」であり、51ドルと52ドルの間である。

    今後

    • 本日は12月18、19日のFOMC議事要旨が公開される。木曜日にパウエル議長はワシントンエコノミッククラブで演説する予定である。
    • 英国議会で英国EU離脱案の審議が再開され、テリーザ・メイ英首相は1月14日の議会投票における勝利を模索している。

    市場の動き

    株式

    為替

    • ドルインデックスは0.1%安
    • ユーロは0.2%高の1.1464ドル
    • ポンドは0.1%高の1.2735ドル
    • は0.1%安の1ドル108.85円

    国債

    • 米10年国債利回りは1ベーシスポイント(0.01)下落し2.72%
    • 10年国債利回りは1ベーシスポイント(0.01)上昇し1.284%、1週間で最も高い水準

    コモディティー

    • WTI原油は1%高の1バレルあたり50.26ドル、3週間で最も高い水準、8営業日続伸
    • は0.2%安の1オンス当たり1282.93ドル、1週間で最も低い水準

最新のコメント

次の記事を読み込み中です
当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます