最新ニュース
0

今回のOPEC総会要点:減産する方針とみられるが、確定ではない

執筆: エレン ワルド商品分析2018年12月06日 19:55
jp.investing.com/analysis/article-200196320
今回のOPEC総会要点:減産する方針とみられるが、確定ではない
執筆: エレン ワルド   |  2018年12月06日 19:55
保存されました。保存したアイテムを参照してください。
この記事はすでにあなたの保存したアイテムに保存されています
 

※この記事は2018年12月6日に投稿されたものです。

本日開催されるOPEC総会のために、石油相はオーストリアのウィーンに集まっている。産油国は来年の減産に向けて議論を深めていく予定である。減産のコンセンサスがあるようだが、具体的な減産量についてはこれから交渉していかなくてはならない。日量100万から130万バレル/日の総量削減が議論の対象となるだろう。

今回のOPEC総会の要点

2016年11月にOPECは、ロシアなどのOPECプラスと共同で合計180万バレル/日にも及ぶ減産を決定した。原油在庫量は縮小し、原油価格に徐々に反映されていった。しかし、この施策は完璧というわけではなかった。サウジアラビアは割り当てられていた量以上に減産している一方で、イラクやカザフスタンは割り当てられていた減産量に達しなかった。また、ベネズエラやアンゴラ、イランなどの産油国は自然に産油量が減少していった。イランやベネズエラだけによっての減産量は130万バレル/日であった。

2018年3月のOPECとOPECプラスの総会では、産油量の上限は維持されたが、11月のイラン産原油への制裁が施行されたときに備えて、生産量の多い産油国には原油市場を安定化させるために割当よりも多い生産を認めた。また、夏季には原油価格は上昇し10月に高値を記録していた。ブレント原油は1バレルあたり85ドルを上回った。

ブレント原油 日足チャート
ブレント原油 日足チャート

その後、原油価格は著しく低下し、現在ブレント原油は1バレル61ドル程度である。アメリカでの原油供給量が増加しているだけでなく、投資銀行がロングポジションを解消していること、イラン産原油禁輸を8カ国に免除したこと、OPEC諸国の産油量が増加したこと、そしてドナルド・トランプ米大統領のツイッターによる影響が重なったことによって今回の下落が引き起こされたと考えられる。また、11月にサウジアラビアは1120万バレル/日生産し、割り当てられている1060万バレル/日を優に超えている。

OPEC各国のそれぞれの姿勢

今回のOPEC総会では1300万バレル/日の減産で合意すると予想されている。しかし、価格は下落していようとも、保証されていることは何一つないのは事実である。以下がOPEC諸国の概要である

  • サウジアラビア:ハリファ石油相は減産を支持している。しかし、他国の減産も必要だと考えている。ハリファ石油相は、サウジアラビアだけが減産の負担をするわけにはいかないと述べている。これは、アラブ首長国連邦、クウェート、イラク、ロシア、カザフスタン(暫定)のすべてが減産に合意すると見込んでいるということである。
  • ロシア:ウラジミール・プーチン露大統領は、ロシアが参加するOPECプラスの枠組み延長に合意した。しかし、減産に確実に合意するというわけではない。ロシアの石油企業は増産する方針であることを考えると、減産は難しい状況にある。しかし、ロシアの生産は、冬季に減産する傾向があるため、これがロシアの減産協力を後押ししている。
  • イラン:イランは、最近行ったOPEC総会でOPECの方針について不満をみせていた。イランは、他の加盟国や産油国の意見がよく考慮されず、サウジアラビアとロシアによって方針が決定されることを非難している。これは、真実であり、最近カタールがOPECを2019年に脱退すると表明したことに表れている。イランはOPEC加盟国で過剰に生産している国が減産を負担するべきだと考えている。イランは米国による制裁によって、現在輸出削減を強いられている。Plattsによると、11月の輸出では31万バレル/日減少し、たった298万バレル/日であった。
  • イラク:イラクの産油量は割り当てられている量を継続的に上回っている。10月は日量476万バレル/日であり、11月はペルシャ湾の悪天候により少し減少した。イラクは北部からの産油を増やそうとしている。サウジアラビアの石油相は何度もバグダッドを来訪しており、イラクの産油量を考えると、減産のためにはイラクの同意が不可欠である。

ワイルドカード

カナダと米国はOPECやOPECプラスではないが、両国は原油市場において強い存在感を持っている。カナダのレイチェル・ノットリー州首相が決定した、州の産油量の削減は、いまだに不確実性の高い原油市場で重要なファクターになっている。トランプ米大統領は、ロシアとサウジの両石油相が密談したことを受けて、ツイッターで以下のように自身の意見を表明した。

OPECが原油生産に規制をかけることがないことを望んでいる。世界は原油減産することや、原油価格が上昇することを望んではいない!」

米国のブライアン・フック・イラン担当特別代表は水曜日、サウジの石油相と会談した。この時は、イラン制裁に関して協議されたと考えられる。

制裁によって、どれくらいの期間でどれくらいの影響が原油市場にでたのかということが、OPECの今後の方針のための試算に大事な要素である。イランの石油相は、まだOPEC総会の会場であるウィーンには到着していない。

OPECに加え、市場関係者は米国エネルギー情報局によって今日発表される 週間 原油在庫に注目している。

今回のOPEC総会要点:減産する方針とみられるが、確定ではない
 

関連記事

今回のOPEC総会要点:減産する方針とみられるが、確定ではない

意見を投稿する

コメントガイドライン

他のユーザーと交流したり、あなたの見通しを他の人と共有したり、筆者に質問するにはコメントを使うことをお勧めします。

我々みんなが高いレベルの議論を維持するために以下の事を心に留めてください。

  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 敬意を示す。否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意:スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • 日本語でのコメントのみ許されています。

スパムや乱用の加害者は、サイトから削除され、Investing.comの裁量により今後の登録が禁じます。

あなたの考えをここに書いてください
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
:にも投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントをありがとうございます。担当者が承認するまでコメントは掲示されません。掲示されるまで少しだけお時間がかかります。
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントにチャートを挿入する
ブロックを確認

本当に%USER_NAME%をブロックしたいですか。

ブロックすると、あなたと%USER_NAME%はお互いのInvesting.comへの投稿を見ることができなくなります。

%USER_NAME%は無事ブロックリストに追加されました

この人のブロックを解除したばかりなので、再度ブロックするには48時間待つ必要があります。

このコメントを報告してください

このコメントについて下記のように感じます

コメントに印がつきました

ありがとうございます!

報告は、確認のため管理担当に送られました
免責条項: Fusion Media would like to remind you that the data contained in this website is not necessarily real-time nor accurate. All CFDs (stocks, indexes, futures) and Forex prices are not provided by exchanges but rather by market makers, and so prices may not be accurate and may differ from the actual market price, meaning prices are indicative and not appropriate for trading purposes. Therefore Fusion Media doesn`t bear any responsibility for any trading losses you might incur as a result of using this data.

Fusion Media or anyone involved with Fusion Media will not accept any liability for loss or damage as a result of reliance on the information including data, quotes, charts and buy/sell signals contained within this website. Please be fully informed regarding the risks and costs associated with trading the financial markets, it is one of the riskiest investment forms possible.
Googleから登録する
または
メールで登録する