💼 お客様のポートフォリオをInvestingProのAIの力による株式選択で守りましょう - 今なら、最大50%引き 特別セールを請求する

ニッケルの今後は電気自動車によって左右される

発行済 2019-02-06 17:13
更新済 2020-09-02 15:05
VALE
-
MNKc1
-
LXRc1
-
CBDc1
-

ニッケルは、世界的な供給不足や電気自動車の需要の増加によって、急激に先物価格が上昇している。アナリストは、今後もこのニッケル価格の上昇勢いが衰えないとみている。

ニッケル 日足

ニッケルは2018年に16%下落し、他の希金属と同様なパフォーマンスであったが、今年に入って23%上昇している。商品市場では木材の28%高に続いて、ニッケルは2番目の上昇幅をみせている。

2月4日のロンドン金属取引所(LME)では、ニッケル先物価格は5ヶ月ぶりの高値圏を推移し、日中高値は1トンあたり13255ドルとなっていた。今後、テクニカルとファンダメンタルのふたつの側面で、大きな値動きがみこまれる。

ニッケルの上昇の可能性は高い

バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ(BAML)のアナリストは、12月における14ヶ月間の最安値である10632.50ドルからの反発・上昇は堅いと先週の記事で述べた。

「昨年LMEは軒並み毎月続落していたが、現在ではファンダメンタルが後押ししている。ニッケルの希少性を考慮しても1オンス当たり12500ドル(1ポンド当たり5.67ドル)なのは妥当である」

「電気自動車の普及によるニッケルの需要は増加する電気自動車のバッテリーはニッケル、リチウム、コバルトなど多くの金属を必要とする」

ニッケル、更に4%の上昇が見込める

Investing.comにおける日足のテクニカルサマリーでは、レベル3のフィボナッチレジスタンスは13702.50ドルであり、ニッケルは「買い推奨」となっている。4日の終値は13222.5ドルであり、ニッケルはそこからさらに480ドル(約4%)上昇する可能性がある。

バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチはニッケルの価格が来年1トンあたり15695ドルになると予想している。だがそうなるためには、電気自動車による需要が上昇し、さらにインドネシアのニッケル生産量の動向を注視する必要があるとメリルリンチは述べる。

青山控股集団(Tsingshan Holding Group)はインドネシアにおけるニッケルの最大生産企業であり、バッテリー用のニッケルとコバルトをインドネシアで年間5万トン生産すると計画している。

青山控股集団の関連会社のリチウムバッテリーの世界最大手である寧徳時代新能源科技(Contemporary Amperex Technology)と格林美股份有限公司(Gem Co., Ltd )はすでにニッケル鉱石の主要採掘、加工業者であり、ニッケル鉱石をニッケル銑鉄(Nickel Pig Iron)に変え、インドネシア・スラウェシ島にあるステンレス製鋼所に供給している。

青山控股集団ではニッケル水酸化物中間体へと加工の第1段階を行う。ニッケル水酸化物中間体は硫酸ニッケルへと変えられ、リチウムイオン電池メーカーへと販売される。

インドネシアの生産が価格に影響を与える

高圧硫酸浸出(HPAL)技術はこれまで、運用面と拡大面に問題を抱えてきた。ブラジルの国営鉱山会社ヴァーレ(NYSE:VALE)は、HPALを採用してから6年経つがGoroニッケル鉱山において未だに問題を抱えている。

よって、青山控股集団はバッテリーに使えるニッケルの供給量もそこまで増やせないのではないかという考えも、ニッケル価格上昇を支える一つの要因である。

メリルリンチによると、青山控股集団の行き先は怪しく、昨年のステンレス鋼向けのニッケルの需要は弱かったが、電気自動車向けバッテリー用のニッケルの需要は引き続き続くと考えられる。

「まとめると、ニッケル供給量の成長率が市場を供給超過にするには弱すぎる。しかし同時に、青山控股集団の大量生産による懸念によってニッケルの価格は1トン当たり15000ドル(1ポンド当たり6.80ドル)に抑えられるだろう」

最新のコメント

次の記事を読み込み中です
当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます