最新ニュース
0
広告なしバージョン。Investing.com をアップグレードしましょう。最大 40% もお得です。 詳細をもっと見る

コロナ危機1年半前からゴールドのリターンは米国株を上回る。

執筆: YUTA 商品分析2020年06月03日 11:55
jp.investing.com/analysis/article-200198889
コロナ危機1年半前からゴールドのリターンは米国株を上回る。
執筆: YUTA   |  2020年06月03日 11:55
保存されました。保存したアイテムを参照してください。
この記事はすでにあなたの保存したアイテムに保存されています
 

2019年に引き続き、2020年も今のところゴールドのリターンがかなり良いです。

また結果論にはなりますが、2018年10月からは米国株に投資するよりもゴールドに投資したほうが成績が良かったというデータがあります。

2020年は景気後退入りしたと言われていますが、景気後退のかなり前からゴールドを保有していたほうがリターンが良いというのは、興味深い事実です。

2019年に米国株はかなり上昇しましたが、景気後退前に一般的に見られる株高の状況で「いつ景気後退が来るのだろうと」ビクビクしながら一時のブームに乗る必要はなく、ゴールドを保有しておけば良いというのはシンプルで良い投資アイディアです。

次の景気後退が何年後になるかわかりませんが、危機前のポートフォリオの組み方としてゴールドの保有比率を増やす方法を記憶にとどめておいても損はなさそうです。

この記事のポイント

  • 2020年1-5月でゴールドはかなりの安定感を見せた。米国株S&P500のリターンを上回っている。
  • そもそも景気後退前の2018年8月からゴールドは米国株のリターンを上回っている。景気後退のサイン(逆イールド現象)が出る前から、米国株よりもゴールドのほうがリターンがよくなる。これはリーマンショック前にも見られた傾向。
  • 数年後から10年後に次の景気後退期が近づいた場合(逆イールド現象が発生した場合)、危機に備えてゴールドを保有するのは一つの手かも知れない。

この記事では、危機が訪れるかなり前からゴールドが米国株のリターンを上回るという趣旨を書いていますが、この記事を書いている2020年6月以降にゴールドと米国株のどちらがリターンを上げるかについては、何も書いていません。

あくまでも、次の危機前に活かせそうな話として読んでください。

2020年も堅調なゴールド



2020年5月が終わった時点でゴールドのリターンを見てみると、かなり安定して好成績を上げている事に驚きます。

2020年1-5月ではS&P500のリターンを大きく超えています。

また下記の月別のリターン表を見た場合、ゴールドは最悪でも月間成績がマイナス0.6%に収まっているのはかなり優秀です。

 
期間 ゴールドETF
(GLD)
S&P500米国株ETF
(SPY)
20年1月 4.5% 0.0%
20年2月 -0.6% -7.9%
20年3月 -0.2% -12.5%
20年4月 7.3% 12.7%
20年5月 2.6% 4.8%

さすがに株価が底を打った直後の4-5月は米国株のほうがリターンが良いですが、今年に入ってからゴールドはかなり健闘していると言えます。

一般的に景気回復期には株のほうがゴールドよりもリターンが良くなるので、今後アメリカの景気が回復するなら、ゴールドの優位性がなくなるかも知れません。

しかし、危機時にはゴールドのリターンが高いことは覚えておいて損はなさそうです。

ゴールドのリターンは危機前から米国株を上回る



ただ、「危機時のリターンは株よりもゴールドが良い」という結論だけなら、おそらくほとんどの投資家が既に知っています。

しかし、景気が低迷する遥か前の2018年10月から、ゴールドのリターンは米国株を上回っていると知ったら、驚く投資家は多いと思います。

株の急落が来る1年も前からゴールドのリターンが米国株を上回っていて、さらに景気後退期の株の下落でゴールドとのリターンの差がさらに広がる傾向が見られます。

ゴールドのリターンは危機前から上昇する理由

景気後退のかなり前からゴールドのリターンが上昇する理由は、ゴールドが景気後退前の金利(10年国債利回り)の低下に敏感に反応するからです。

一般的にゴールドは金利が低くなればなるほど、インフレ率が上昇すればするほど、高いリターンが良くなります。

景気後退が近づくと投資家は安全資産の10年国債を買いすすめて金利が下がるので、景気後退前からゴールドのリターンが上昇するようになります。

景気後退シグナルが出てからはゴールドのリターンが米国株を上回る



「景気後退前からゴールドのほうが米国株よりもリターンが良い」ことがわかりましたが、景気後退前なのかどうかを知るためにはどうしたらいいでしょうか。

ひとつ参考になるデータとしては、景気後退の1年ほど前になると発生する逆イールド現象と呼ばれるものがあります。

過去50年で、アメリカで景気後退が起きる前にはほぼ確実に逆イールドが見られていました。逆イールドが起きたにもかかわらず、景気後退入りしなかったのはたった1度だけしかありません。

2020年は景気後退入りしているはずですが、今回のコロナ危機が起こるより前、2019年3月にも逆イールド現象が発生していました。

そして、19年3月に逆イールド現象が発生を確認したあとで、ゴールドを購入した場合でも、上で見たように米国株を上回るリターンが得られたはずです。

またリーマンショック前には2006年1月からに逆イールド現象が発生していました。2006年1月からリーマンショック後の2009年2月までのリターンを以下で比較してみましたが、やはりこの時期でもゴールドが米国株のリターンを上回っているようです。

まとめ



この記事では、危機前にゴールドのリターンが米国株よりも良くなることを2020年と2007年のデータを検証して見ていきました。

景気後退前には逆イールド現象と呼ばれる現象が見られるので、この現象が発生してからゴールドに投資すれば米国株以上のリターンが得られる可能性があります。

一般的に景気後退前には株価が最後の上昇を見せて、最高値を更新する傾向があります(例:2019年の株価上昇)。しかし、この直後には景気後退の株の下落が待っているので、この時期に株を買い増すのはリスクが高い投資になります(例:2020年の株価下落)。

逆イールド現象が発生した後はゴールドのほうが米国株よりも安定してリターンをあげられるなら、株の下落リスクを回避しつつ、リターンを狙える可能性があります。

コロナ危機1年半前からゴールドのリターンは米国株を上回る。
 

関連記事

杉田 勝
ここからのWTI原油の値動き   執筆: 杉田 勝 - 2020年07月02日 1

ナイメックスWTI原油の2nd monthつなぎ足にエリオットとタイムサイクル分析を適用して予測します。原油価格は上昇B波のa波が終了してここから調整の下げがしばらく続く形です。い...

エレン ワルド
米国の原油生産量は頭打ちか? 執筆: エレン ワルド - 2019年11月15日

原油価格を予測するにあたって投資家を悩ませているのが、2020年に米国がどれほどの原油を生産するかという問題である。シェール革命以来、米国の原油生産量は毎年増加しており、遂には日量...

コロナ危機1年半前からゴールドのリターンは米国株を上回る。

意見を投稿する

コメントガイドライン

他のユーザーと交流したり、あなたの見通しを他の人と共有したり、筆者に質問するにはコメントを使うことをお勧めします。

我々みんなが高いレベルの議論を維持するために以下の事を心に留めてください。

  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 敬意を示す。否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意:スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • 日本語でのコメントのみ許されています。

スパムや乱用の加害者は、サイトから削除され、Investing.comの裁量により今後の登録が禁じます。

あなたの考えをここに書いてください
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
:にも投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントをありがとうございます。担当者が承認するまでコメントは掲示されません。掲示されるまで少しだけお時間がかかります。
のコメント (1)
翼 小川
翼 小川 2020年06月03日 21:52
保存されました。保存したアイテムを参照してください。
このコメントはすでに 保存したアイテムに保存されています
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントにチャートを挿入する
ブロックを確認

本当に%USER_NAME%をブロックしたいですか。

ブロックすると、あなたと%USER_NAME%はお互いのInvesting.comへの投稿を見ることができなくなります。

%USER_NAME%は無事ブロックリストに追加されました

この人のブロックを解除したばかりなので、再度ブロックするには48時間待つ必要があります。

このコメントを報告してください

このコメントについて下記のように感じます

コメントに印がつきました

ありがとうございます!

報告は、確認のため管理担当に送られました
免責条項: Fusion Media would like to remind you that the data contained in this website is not necessarily real-time nor accurate. All CFDs (stocks, indexes, futures) and Forex prices are not provided by exchanges but rather by market makers, and so prices may not be accurate and may differ from the actual market price, meaning prices are indicative and not appropriate for trading purposes. Therefore Fusion Media doesn`t bear any responsibility for any trading losses you might incur as a result of using this data.

Fusion Media or anyone involved with Fusion Media will not accept any liability for loss or damage as a result of reliance on the information including data, quotes, charts and buy/sell signals contained within this website. Please be fully informed regarding the risks and costs associated with trading the financial markets, it is one of the riskiest investment forms possible.
Googleから登録する
または
メールで登録する