40%引きでご購読
新規!💥 ProPicksを手に入れ、S&P 500を1,183%を超える投資成績を実現した、戦略をご覧ください40%割引で開始

月初の買いが入らないとこんなものかな!? 買われすぎ銘柄の修正安は続く・・・ 日々是相場-夕刊-

発行済 2021-06-04 15:21
更新済 2023-07-09 19:32

☆ テクニカル分析 ☆
 
 日経平均
 
相変わらず移動平均に挟まれた水準で移動平均線に近づくと売られ、近づくと買われるという展開となっている。ここを上下どちらに抜けるかで今後の方向が見えてくるのだろう。
 
 ☆ 相場雑感 ☆
 
 さすがに週末となると月初の買いが一巡となった感もあり、週末の持ち高調整の買い戻ししか買いが入らないという状況だ。米雇用統計の発表で金利が大きく動く可能性もあり、金利が急騰するということを懸念して買い切れないということだろう。
 
 空売りが積み上がっている銘柄は逆に買戻しを急ぐ動きも見られたが、上値を買い上がるというほどの買いは入らず、冴えない展開となっている。ここから金利の上昇には敏感に反応してしまうのだろうから買い方としては利益確保優先ということだ。
 
 米雇用統計も「大山鳴動して鼠一匹」ということなのかもしれないが、大山鳴動するほど注目されていないという見方もできる。ただ、金利が敏感に反応するようであれば買われすぎ銘柄が多いだけに売り急ぐということもあるかもしれない。
 
 いずれにしてもここからは日米の金融政策が気になるところでもあり、日本市場は先物・オプションのSQ算出の週となるだけに動いた方に大きく動くということも考えておかなければならないだろう。保ち合い相場を前提としておいて、放れた場合の対処もしておく方が良いと思う。
 
株式市況解説動画は1日4回配信中です!
→ https://youtube.com/c/JeanPierrePyxis
 
無料メルマガ会員募集中!
→https://s-pyxis.com日経平均と騰落レシオ

最新のコメント

当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます