最新ニュース
0
広告なしバージョン。Investing.com をアップグレードしましょう。最大 40% もお得です。 詳細をもっと見る

今週の見通し: 投資家心理がリスク・オン・センチメントとリスク回避の間で揺れ動く可能性があることから、株式市場のボラティリティーは高い状況が続くと予想

執筆: Investing.com (ピンカス コーエン/Investing.com)マーケット・オーバービュー2021年12月06日 10:57
jp.investing.com/analysis/article-200203023
今週の見通し: 投資家心理がリスク・オン・センチメントとリスク回避の間で揺れ動く可能性があることから、株式市場のボラティリティーは高い状況が続くと予想
執筆: Investing.com (ピンカス コーエン/Investing.com)   |  2021年12月06日 10:57
保存されました。保存したアイテムを参照してください。
この記事はすでにあなたの保存したアイテムに保存されています
 

・リフレ・トレードを反映したポートフォリオの再構築に投資家が移ると期待

・米国の小型株には割安感がありNASDAQ 100はベア・パターンが完成した模様

・リスク性資産に対しては引き続き高位なボラティリティに注意

先週、米連邦準備制度理事会(FRB)がタカ派に転じたことで、テーパリングのペースが加速し、利上げが投資家の予想よりも早期に実施される可能性が示唆されたことから、足元の市場においては、バリュー株がグロース株をアウトパフォームすると予想されている。FRBのパウエル議長は、インフレに関するコメントで使用していた「一過性」という言葉は撤廃すべきだと発言し、市場に更なるリスクに対する不安を与えた。


パウエル議長は、パンデミック後の世界的なサプライ・チェーンの停滞が解消すれば、インフレは緩和されると予想していた。それは経済理論的には合理的な仮定だったかもしれないが、現在のサプライ・チェーンにおける物流事情を考えると間違いだった。パウエル議長は、在庫不足がこれほど長期に継続するとは予想できていなかったのだ。

リスク性資産や経済全体にさらなる圧力をかけているのが、コロナの新種であるオミクロン株の出現で、これが株式市場に大きな変動性を今後も引き起こす可能性がある。

実際には、コロナ禍によるパンデミックで世界経済が停止した2020年3月を底に、グロース株とバリュー株の間でパフォーマンスにおける乖離が続いている。リフレ・トレードの意味は、グロース株からバリュー株へと投資資金が急速に移行することである。

グロース株の多くがハイテク企業株式のことを指し、このような企業は一般的に配当を行わず、より高リスクの投資対象となる傾向がある。グロース企業は、手元資金を配当ではなく製品ラインアップの開発に再投資して、競争に打ち勝つことを目指すからである。このため、株価が急激に上昇することがあり、これらの株式は通常、高いマルチプルで取引される。

バリュー株は、経済的な健全性に支えられている。{{40668|金融}、エネルギー産業素材などのセクターは、経済成長の加速によりアウトパフォームする傾向がある。パンデミックによるロックダウンが解除されたときのように、グロース株が先行して上昇した後は、バリュー株が今度は堅調なパフォーマンスを創出する可能性が高い。

パウエル議長が先週火曜日に行った上院での声明を受けて、投資家はFRBが利上げを早ければ2022年前半に行う可能性があるといることを印象づけた。金利の上昇は、融資を中核業務とする銀行に利益をもたらす。融資金利の上昇で、銀行は借り手への貸付から高い利益を得られるからだ。もちろん、投資家はこれをよく理解しており、ポートフォリオの中で銀行のポジションを高めるだろう。

しかし、興味深いことに、テクノロジー株から景気敏感性の高いセクターへの明らかな投資資金の移行はみられていない。先週金曜日に、金融セクターは1.63%下落した一方で、テクノロジー株の下落はそれよりも0.03%大きいだけであった。

さらに、週ベースでみると、テクノロジー株は0.5%下落し、その派生セクターである通信サービスは3.21%下落、金融セクターは同期間に5.28%の下落を記録した。

しかし、これらのセクターの各下げ幅を注意深くみると、目に見える違いがある。テクノロジー・セクターは、3つのセクターの中で最も優れたパフォーマンスを出し続けていて、下落幅は3.61%に留まっている。2番目に成績が良かったのは金融で、3週続落し5.28%の下落となった。通信サービスは4週続落で8.57%の下落となり、この時期では3セクターの中で最もアンダーパフォームした。

もちろん、リフレの以外にももう一つのテーマがある:オミクロン株である。コロナウイルスの感染第一波のときには、外出規制にも後押しされ、テクノロジー株が市場の寵児となった。投資家はグロース株とバリュー株の間を資金を行き来してヘッジを行ったかもしれないが、実際にはいずれのポジションもあまり売却していないのではないだろうか。

このことは、Russell 2000が景気循環株中心に構成されているにも関わらず、他の株式指数を大きくアンダーパフォームしている理由を説明するのに役立つ。同指数は先週金曜日に2.54%下落し、これはNASDAQ 100の1.74%の下落よりも大幅な下落である。超大型株のダウ平均株価は0.17%の下落に留まり、より広範な銘柄で構成されているS&P 500種指数は0.84%の下落である。

このようなRussell 2000のアンダーパフォームは週単位でも継続しており、NASDAQの下落が1.74%に留まっている一方で、同指数は3.86%の下落となり、ダウ平均株価の-0.94%やSPXの-1.22%の下落よりもさらに大きい。最後に、同指数は4週続落となり、11.40%も値下がりしている。

他に4週連続で下落したのはダウ工業株30種平均だけであるが、下落幅は-4.82%で、Russell 2000指数の半分以下だった。

オミクロン株の感染被害がデルタ株よりも軽度であることが判明すれば、低迷中のラッセル2000株に投資家が注目する可能性はある。また、NASDAQ100も底を打ったかもしれない。

今週の見通し: 投資家心理がリスク・オン・センチメントとリスク回避の間で揺れ動く可能性があることから、株式市場のボラティリティーは高い状況が続くと予想
 

関連記事

杉田 勝
中国株が暴騰!どうして? 執筆: 杉田 勝 - 2020年07月06日 3

金曜日は雇用統計を受けて東京は0.6~7%の上昇、上海や深セン株、さらに香港株まで急騰 して週を終えました。欧州は1%前後下がって引けています。 上海/深セン株は先週だけで10%以...

今週の見通し: 投資家心理がリスク・オン・センチメントとリスク回避の間で揺れ動く可能性があることから、株式市場のボラティリティーは高い状況が続くと予想

意見を投稿する

コメントガイドライン

他のユーザーと交流したり、あなたの見通しを他の人と共有したり、筆者に質問するにはコメントを使うことをお勧めします。

我々みんなが高いレベルの議論を維持するために以下の事を心に留めてください。

  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 敬意を示す。否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意:スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • 日本語でのコメントのみ許されています。

スパムや乱用の加害者は、サイトから削除され、Investing.comの裁量により今後の登録が禁じます。

あなたの考えをここに書いてください
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
:にも投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントをありがとうございます。担当者が承認するまでコメントは掲示されません。掲示されるまで少しだけお時間がかかります。
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントにチャートを挿入する
ブロックを確認

本当に%USER_NAME%をブロックしたいですか。

ブロックすると、あなたと%USER_NAME%はお互いのInvesting.comへの投稿を見ることができなくなります。

%USER_NAME%は無事ブロックリストに追加されました

この人のブロックを解除したばかりなので、再度ブロックするには48時間待つ必要があります。

このコメントを報告してください

このコメントについて下記のように感じます

コメントに印がつきました

ありがとうございます!

報告は、確認のため管理担当に送られました
免責条項: Fusion Media would like to remind you that the data contained in this website is not necessarily real-time nor accurate. All CFDs (stocks, indexes, futures) and Forex prices are not provided by exchanges but rather by market makers, and so prices may not be accurate and may differ from the actual market price, meaning prices are indicative and not appropriate for trading purposes. Therefore Fusion Media doesn`t bear any responsibility for any trading losses you might incur as a result of using this data.

Fusion Media or anyone involved with Fusion Media will not accept any liability for loss or damage as a result of reliance on the information including data, quotes, charts and buy/sell signals contained within this website. Please be fully informed regarding the risks and costs associated with trading the financial markets, it is one of the riskiest investment forms possible.
Googleから登録する
または
メールで登録する