株式会社ジェネレーションパス (3195)

東京
458.0
+21.0(+4.81%)
  • 出来高:
    30,600
  • 売値/買値:
    454.0/458.0
  • 日中安値/高値:
    438.0 - 460.0
本日の異常な取引高

3195 概要

前日終値
437
日中安値/高値
438-460
売上
14.52B
始値
438
52週高値/安値
305-507
1株当たり利益
2.43
出来高
30,600
時価総額
3.72B
配当
N/A
(N/A)
平均出来高 (3か月)
10,213
PER (株価収益率)
166.53
ベータ
-0.13
1年の変動
-9.07%
発行済株式
8,117,451
次の決算日
2022年9月13日
ジェネレーションパスの相場を予想しよう!
または
市場は現在開いていません。投票は市場時間の間しか行えません。

株式会社ジェネレーションパス ニュース

株式会社ジェネレーションパス 企業情報

株式会社ジェネレーションパス 企業情報

  • タイプ:株式
  • 市場:日本
  • ISIN:JP3386510006

ジェネレーションパスグループは、同社及び連結子会社であるトリプルダブル、アクトインテリア、ヤマセイ、YARN HOME、ITEAの計6社で構成され、インターネット上の店舗(ECサイト)で商品販売を行うECマーケティング事業、マーケティングデータを基に商品の企画サポートを行う商品企画関連事業、寝具・インテリア製品の企画製造販売を行うアクトグループ事業、ソフトウエアの受託開発及びシステム開発事業、食品アレルゲン検査・試薬の開発・販売を行うその他事業を展開する。【事業内容】ECマーケティング事業において、EC事業とECサポート事業を含む。EC事業は、マーケティングの基礎となるビッグデータを、同社グループの運営するECサイトや、楽天市場、Yahoo!ショッピング、Amazon等のECモール及びインターネット全体から収集・分析し、同社グループと取引のあるメーカー及び卸売事業者から提案された商品について、消費者の購買につながる可能性の高いキーワード、商品画像、価格等を設定し、同社グループECサイトで販売を行う事業となる。同社グループECサイトでは、主として、在庫を保有しないドロップシッピング方式を採用している。ECサポート事業は、同社グループの各種ECマーケティング機能を、今後ECサイトの運営を検討中である、または既に運営している企業向けに提供する事業となる。商品企画関連事業は、同社のECマーケティング事業で獲得した商品データを活用し、主にメーカーと共同して商品の企画開発を行う事業である。アクトグループ事業は寝具・インテリア製品の企画製造販売事業であり、具体的にはダニアレルギー対策用の寝具を中心に、販売する商品は全て自社開発し、ブランディングしながら大手小売業や自社での販売を行う。その他の事業は、子会社であるトリプルダブルが行うソフトウエアの受託開発及びシステム開発事業と子会社であるITEAが行う食品アレルゲン検査・試薬の開発・販売事業である。

詳細を読む

テクニカルサマリー

タイプ
5 分
15 分
1時間足
日足
月単位
移動平均強い買い強い買い強い買い強い買い中立
テクニカル指標強い買い強い買い強い買い強い買い買い
サマリー強い買い強い買い強い買い強い買い中立