🔥 当社AIが選択した株式戦略、テクノロジー大手、は5月までに+7.1%の上昇。株式がブームなうちに行動を起こしましょう。40%割引で開始

銀:過去7年間で最悪の損失。バイデン氏のインフラ案件が頓挫すればさらに悪化

発行済 2021-12-22 02:54
XAU/USD
-
XAG/USD
-
GC
-
SI
-

米国では、電気自動車の導入やクリーン・エネルギーへの移行が叫ばれているが、の年次リターンはこの7年間で最悪となっている。

また、バイデン大統領の1兆7500億ドルのインフラ計画が、民主党の反主流派上院議員Joe Manchin議員の反対で頓挫すれば、銀の産業用用途は新年になってもあまり改善しない可能性がある。銀は電気自動車やソーラー・パネルの製造に欠かせない部品の一つであり、バイデン大統領の「Build-Back-Better」計画では、両者の購入者に手厚い税制優遇措置を設けている。

銀は1オンスの価値が金の80分の1であることから、しばしば「金の貧しい従兄弟」と呼ばれている。

しかし、2021年が終わろうとしている今、打撃を受けているのは銀の価格だけではない。今年の銀の下落は金の2.5倍で、2014年以来最悪のものとなっている。

今週月曜日のニューヨークのCOMEXで取引される銀価格は1オンス22.27ドルで、2020年12月の終値26.47ドルから年間で約16%下落している。一方、先物は年率6%強の下落に留まっている。

また、COMEX銀の年初来の損失は、19.5%下落した2014年以来の下落幅である。

Silver Daily

すべてのチャートの出所はskcharting.com 

銀は産業用のファンダメンタルズは堅固であるが、長年、金の二の舞を踏んできたため、金と連動しない、銀単体での上昇はこれまであまり多くみられてこなかった。

銀の需要の50%以上は産業用であり、金と同様に宝飾品の製造にも適している。また、電気をよく通すので、電子部品の製造にも多く使われている。

クリーン・エネルギーへの移行に伴い、今後数年間は、電気自動車の接続部やソーラー・パネル内の部品など、銀の現物需要の増加が見込まれている。

また、第5世代(5G)通信ネットワークの普及も需要の増加要因となるだろう。

調査会社IHS Markit社のシニア・オフィサーであるJohn Mothersole氏は、Barrons誌に掲載されたレポートの中で、「特に宝飾品市場など主要な最終市場が軟調なため、今年の銀価格も低迷している」と述べている。

銀は、「工業用金属としての構成要素が少なく、主に金の高ベータ版とみなされている」ため、金が下落すると銀価格はさらに下落する。

グローバル・マクロ・ヘッジ・ファンドであるNorbury Partnersのチーフ・インベストメント・オフィサーであるDecio Nascimento氏は、同じレポートの中で次のように述べている。

Silver Weekly

銀の工業用金属としての特性は、「近い将来、価格には関係しないだろう」と言う。また、来年は実質金利が上昇する可能性が高いことから、貴金属はまだ割安な価格の水準に達していないのではないかと考えている。そうなると、貴金属はおそらく今後アンダーパフォームになるだろう」と予想する。銀先物は9月下旬に1オンス22ドルを下回り、今年の日中の最安値を記録した。

IHS Markit社の非鉄金属・価格・購買担当シニア・エコノミストであるKC Chang氏は、Barrons誌に次のように述べている。「そうは言っても、現在の22ドルから23ドルという価格は『鉱山事業者の動機付け』になるため、2022年には銀の供給量が増加する可能性がある。

 

IHS Markit社は、来年の銀の平均価格を1オンス20ドルと予想しているが、これは「タカ派な金融政策と小売の宝石需要の横ばいが上値を重くするため」とChang氏は付け加えている。

2022年の銀のテクニカル環境

skcharting.comのチーフ・テクニカル・ストラテジストであるSunil Kumar Dixit氏は、銀は2022年に多少の回復をみせる可能性があるとしている。今年みられたサポートから考えると、23.55ドルまで到達し、24.80ドルまで上昇するかもしれないとしている。

「しかし、注意すべき点は、もし24.80ドルを突破できなければ、銀は21ドルでハンドルの下値にさらされる可能性もある」と警戒する。

Silver Monthly

Dixit氏は、先物よりも安定している銀のスポット価格を調査した結果、21ドルのサポートは2021年まで明確に存在していると述べた。

 

さらに

 

「スポット銀の月足チャートを注意深くみてみると、銀は2020年9月以降、何度もスイングしながら21ドルのハンドルで強くサポートされていることが分かる」と付け加えた。 

 

「週足と月足チャートでは、ストキャスティクスのラインがポジティブに交差している。フィボナッチ23.6%レベルの23.55ドルとフィボナッチ38.2%レベルの24.80ドルまで回復する可能性があり、フィボナッチ50%レベルの25.80ドルに向けてさらに伸びるかどうかの重要な判断材料となるだろう。24.80ドルを突破できなければ、銀にとっては弱気となり、50ヶ月指数移動平均線の21.00ドルに反転する可能性が高いと思われる。」

 

免責事項:Barani Krishnan氏は、あらゆる金融市場の分析に多様性を持たせるために、自分以外の様々な見解を引用している。中立性を保つために、同氏は時には逆張りの意見や市場の変動要因を提示している。同氏は、自身が執筆する商品や証券のポジションを保有していない。

ーーー

リスク開示書: 金融商品や暗号資産の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。暗号資産の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。

金融商品または暗号資産の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。

Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。

Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。

Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。 上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある場合は英語版が優先されます。

 

最新のコメント

次の記事を読み込み中です
当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます