最新ニュース
0
広告なしバージョン。Investing.com をアップグレードしましょう。最大 40% もお得です。 詳細をもっと見る

金利上昇による恩恵を受ける3つのETF

執筆: Tezcan Gecgil/Investing.com ETF2022年01月14日 03:54
jp.investing.com/analysis/article-200203253
金利上昇による恩恵を受ける3つのETF
執筆: Tezcan Gecgil/Investing.com   |  2022年01月14日 03:54
保存されました。保存したアイテムを参照してください。
この記事はすでにあなたの保存したアイテムに保存されています
 

FRBのパウエル議長は、1月11日の上院承認公聴会で、インフレを抑制するためには金利上昇が必要であることを示唆し、次のように発言している。

「経済と堅固な労働市場を支え、高止まりするインフレ率が定着するのを防ぐために、金融政策を適切に行う。」

この点を踏まえて、この記事では、今後数ヶ月間、FRBの金融引き締め政策から恩恵を受ける可能性のある3つの上場投資信託(ETF)を紹介しよう。

1. iShares U.S. Regional Banks ETF

  • 現在の価格:68.78ドル

  • 52週間のレンジ:45.90ドル~68.84ドル

  • 配当利回り: 1.71%

  • 運用報酬:年率0.41%

金融株、特に銀行株は、金利上昇の恩恵を受けることができる立場にある。商業銀行の利益は主に、融資金利と預金金利の差である利ざやだからだ。

最初に紹介するETFである iShares U.S. Regional Banks ETF (NYSE:IAT)は、米国の地方銀行のうち、顧客基盤が個人である割合が大きい中堅・中小規模の銀行株に投資している。このETFは2006年5月に取引が開始され、現在の純資産額は15.4億ドルとなっている。

IAT Weekly Chart
IAT Weekly Chart

当ETFは、39銘柄の保有し、Dow Jones US Select Regional Banks Indexのリターンに連動するように設計されている。上位10銘柄で全体の65%以上を占めており、組入上位銘柄の割合が大きいトップ・ヘビーなETFといえるだろう。

PNC Financial Services (NYSE:PNC)、Truist Financial Corp (NYSE:TFC)、U.S. Bancorp (NYSE:USB)、SVB Financial Group (NASDAQ:SIVB)、Fifth Third Bancorp (NASDAQ:FITB)などが代表的な銘柄として挙げられる。

急騰するインフレと予想される金利上昇への懸念が、当ETFを過去最高値の領域へと導いている。当ETFは最近、記録的な上昇をみせており、現在、年初来で10.6%上昇している。過去12ヶ月間では37.5%以上のリターンを記録している。

実績株価収益率(PER)は23.25倍、株価純資産倍率(PBR)は1.75倍となっている。最近の価格上昇を考えると、潜在的な投資家は短期的な利益確定を待ってから同ETFを購入するのも良いかもしれない。

2. VanEck Inflation Allocation ETF

  • 現在の価格:25.39ドル

  • 52週間のレンジ:22.46ドル~28.02ドル

  • 配当利回り: 5.4%

  • 運用報酬:年率0.78%

インフレが進行すると、経験豊富な投資家は有形資産をポートフォリオに加える。このようなインフレ・ヘッジには、コモディティ、天然資源株、金融株、不動産投資信託(REIT)、マスター・リミテッド・パートナーシップ(MLP)、インフラ株などが考えられるだろう。また、Bitcoin のような暗号通貨も、物価上昇に対する何らかのプロテクションになるのではないかと考える投資家も出てきている。

2本目のETFであるVanEck Inflation Allocation (NYSE:RAAX)は、インフレに対抗する実物資産へのエクスポージャーを提供するファンド・オブ・ファンズである。2018年4月に取引を開始した。 

RAAX Weekly Chart
RAAX Weekly Chart

このETFには現在23の保有銘柄がある。組入上位10本のETFは、3,270万ドルの純資産の78%以上を占めている。

その組み入れている上位のETFは以下の通りだ。

Invesco Optimum Yield Diversified Commodity Strategy ETF (NASDAQ:PDBC)、Vanguard Real Estate ETF (NYSE:VNQ)、VanEck Merk Gold Shares (NYSE:OUNZ)、Global X US Infrastructure Development ETF (NYSE:PAVE)、VanEck Energy Income ETF (NYSE:EINC)。

当ETFは過去12ヶ月間で9.7%の上昇を記録した。さらに、現在の価格水準ベースで配当利回りは5.4%と高い。

11月中旬に過去最高値を記録したが、その後約11%下落している。読者の皆様は、今回の下落を機に、当ETFへの投資を検討されてはいかがだろうか。

3. ALPS REIT Dividend Dogs ETF

  • 現在の価格:52.10ドル

  • 52週間のレンジ:39.96ドル~54.44ドル

  • 配当利回り: 3.03%

  • 運用報酬:年率0.38%

最後に紹介するALPS REIT Dividend Dogs ETF (NYSE:RDOG),は、REITの中でも利回りの高いセグメントに焦点を当てて高配当のREITに投資を行っている。以前にも、“Dogs of the Dow”戦略と様々なセクターの高配当株に投資をすることについて書いる。

RDOG Weekly Chart
RDOG Weekly Chart

このパッシブ運用のETFは、現在39銘柄を保有している。2008年5月の設定以来、純資産は2,880万ドル以上増加した。上位10銘柄でETFの27%強を占めている。組入は均等であるため、個々の銘柄の動きが価格に大きく影響することはないだろう。

 National Health Investors (NYSE:NHI)、Omega Healthcare Investors (NYSE:OHI)、Industrial Logistics Properties Trust (NASDAQ:ILPT)、SL Green Realty (NYSE:SLG)、Vornado Realty Trust (NYSE:VNO)、Medical Properties Trust (NYSE:MPW) などが代表的組み入れREITである。

セクター別では、「金融リート」が17.34%と組み入れが圧倒的に多く、「ヘルスケア・リート」(13.58%)、「住宅リート」(12.50%)が続く。また、デジタル化の進展に対応するため、テクノロジー・リート(7.28%)も含まれている。一方で、金利変動の影響を受けやすいモーゲージ・リート・セグメントを投資対象外としている。

このETFは、2021年の最終週に過去最高値を記録した。過去1年間で約30.6%の上昇を記録している。さらに、現在の価格で3.0%の配当利回りを実現している。インカム投資家は、このETFを投資対象の候補に入れ、次に一時的な下落が合った場合には投資することを検討しても良いだろう。

金利上昇による恩恵を受ける3つのETF
 

関連記事

大川 正吾
投資信託の基礎 特徴や種類、必要な諸費用等 執筆: 大川 正吾 - 2014年07月28日

 皆さん、こんにちは。 今日は「投資信託の基礎」というテーマで述べたいと思います。皆さんの会社では、確定拠出年金(DC)は導入されていますか? 確定拠出年金の場合、運営管理機関から...

金利上昇による恩恵を受ける3つのETF

意見を投稿する

コメントガイドライン

他のユーザーと交流したり、あなたの見通しを他の人と共有したり、筆者に質問するにはコメントを使うことをお勧めします。

我々みんなが高いレベルの議論を維持するために以下の事を心に留めてください。

  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 敬意を示す。否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意:スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • 日本語でのコメントのみ許されています。

スパムや乱用の加害者は、サイトから削除され、Investing.comの裁量により今後の登録が禁じます。

あなたの考えをここに書いてください
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
:にも投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントをありがとうございます。担当者が承認するまでコメントは掲示されません。掲示されるまで少しだけお時間がかかります。
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントにチャートを挿入する
ブロックを確認

本当に%USER_NAME%をブロックしたいですか。

ブロックすると、あなたと%USER_NAME%はお互いのInvesting.comへの投稿を見ることができなくなります。

%USER_NAME%は無事ブロックリストに追加されました

この人のブロックを解除したばかりなので、再度ブロックするには48時間待つ必要があります。

このコメントを報告してください

このコメントについて下記のように感じます

コメントに印がつきました

ありがとうございます!

報告は、確認のため管理担当に送られました
Googleから登録する
または
メールで登録する