💼 お客様のポートフォリオをInvestingProのAIの力による株式選択で守りましょう - 今なら、最大50%引き 特別セールを請求する

週次見通し:ボラティリティ上昇、株式市場は下落圧力、金価格は上昇

発行済 2022-02-21 00:10
XAU/USD
-
US500
-
DJI
-
US2000
-
OXY
-
HD
-
DX
-
GC
-
CL
-
M
-
CTRA
-
IXIC
-
US10YT=X
-
VIX
-
BTC/USD
-
  • ロシアとウクライナ情勢が激化

  • 決算シーズンが終了へ

  • 指数テクニカルは弱気に転じる

  • ファンダメンタルズ要因に原油価格の高騰も追加されたといえる。祝日を挟んだ今週の米国主要株価指数のボラティリティを上昇させる可能性が高い。

    既存の材料には、高止まりするインフレに対してFRBがどう対処するかの予想などが含まれる。その他、金曜日の個人消費支出の発表など注目するべき経済指標がいくつかある。個人消費支出はFRBが最も重視するインフレ指標の一つとされている。また、ロシアがウクライナに侵攻するという脅威が高まる中、市場はその動向に注目している。

    また決算シーズンが一段落しつつあるが、投資家は今週も四半期報告書に注目することになる。Home Depot (NYSE:HD)やMacy's (NYSE:M)などの小売企業、Occidental Petroleum (NYSE:OXY)やCoterra Energy (NYSE:CTRA)などのエネルギー企業も決算を発表する予定だ。

    これだけ変動要因があると、今週も穏やかな市場環境とはならないだろう。

    主要な米国株式指数の反転、金利の反転、金の上昇

    S&P 500NASDAQDow JonesRussell 2000の米国主要指数はそれぞれ、2020年底値で主要MAを越えて以来、初めて200日移動平均を割り込んだ。先週ダウは1.9%、ハイテク株比率の高いNASDAQコンポジットは1.8%それぞれ下落した。SP500も週次で1.6%、年初来では8.8%低下している。

    {{0|S&P 500}は現在、反転パターンに従って取引されている。

    SPX Daily

    ベンチマークは、H&S(ヘッド・アンド・ショルダー)の右肩上がりを形成している可能性がある。

    ベンチマークである米国10年債利回りは、株式と負の相関を持つ傾向があり、今後も上昇を続ける可能性がある。

    UST 10Y Daily

    米国10年債利回りは、先週後半3日間連続して低下したが、以前の安値でサポートをみつけたようだ。仮に利回りが1.8%に戻るとしても、その下落は短期間であり、もみ合いでの推移が続くと予想される。

    ベース金利の上昇は株式市場の重しとなる。利回りが高いほど運用利回りが高くなり、株式と投資資金を取り合うことになる。

    取引週の最後の2日間で、米ドルは強含んだ。しかし、米ドルは11月中旬から続いている横ばいパターンに留まっている。おそらく、引き締めが世界の基軸通貨を押し上げ、明確な上昇トレンドに移行させるだろう。

    一方、は、直近このような上昇ブレイクアウトを享受し、貴金属が2020年8月に記録して以来続いていた独自のレンジを抜けた。金は安全資産として上昇を続ける可能性がある一方で、米ドルも上昇する可能性がある。2016年にトランプ氏が大統領選でサプライズ勝利した後、両資産が連動して上昇するのを目の当たりにした人も多いだろう。

    Gold Daily

    注:金は最終的に上昇を続けたとしても、上昇チャネルのボトムはもちろん、トライアングルのサポートを再び試す可能性がある。

    金のような安全なコモディティとは異なり、暗号資産の愛好家が安全資産として宣伝するBitcoinは下落している。Bitcoinは、土曜日にわずかに上昇しただけで、4日連続で下落している。

    BTC/USD Daily

    暗号資産は50日移動平均を割り込み、大きなH&Sトップからのダウンサイド・ブレイクアウトを続けているようだ。強気筋が逆張りで小さなH&Sボトムを作ろうとした試みは失敗しているようにみえる。

    全体的に上昇しているものの、原油は9週間ぶりに週次リターンがマイナスとなった。ロイター通信によると、投資家は「ロシア・ウクライナ危機による供給途絶の可能性とイラン産原油の輸出増加の見通しの両方を注視している」という。



    今週の予定

    米国東部時間表記

    月曜日

    月曜日は米国がワシントン誕生日(大統領記念日)、カナダがファミリー・デーでそれぞれ休場

    3:30:ドイツ – 製造業PMI:59.8から59.5への低下を予想

    4:30:英国 – 製造業PMI, サービス業PMI:前回はそれぞれ57.3と54.1

    8:15:中国 – 中華人民銀行 ローンプライムレート:前回は3.70%

    火曜日

    4:00:ドイツ – Ifo景況感指数:95.7から96.5への上昇を予想

    10:00:米国 – CB消費者信頼感指数:113.58から109.8への低下を予想

    20:00:ニュージーランド – RBNZ金利決定:0.75%から1.00%への上昇を予想 

    水曜日

    5:00:ユーロ圏 – 消費者物価指数(CPI):5.0%から5.1%への上昇を予想

    木曜日

    8:15:英国 – イングランド銀行のBailey総裁の声明

    8:30:米国 – GDP:6.9%から7.0%への上昇を予想

    8:30:米国 – 新規失業保険申請件数:248,000件から235,000件への低下を予想

    10:00:米国 – 新築住宅販売:811,000件から807,000件への低下を予想

    11:00:米国 – 原油在庫:先週は1.121百万バレル

    金曜日

    2:00:ドイツ – GDP:前四半期比-0.7%で横ばいを予想

    8:30:米国 – コア耐久財受注:0.6%から0.4%への低下を予想

    10:00:米国 – 中古住宅販売保留指数:-3.8%から0.5%への上昇を予想

    時間未定:米国 – FRBの金融政策レポート

最新のコメント

次の記事を読み込み中です
当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます