40%引きでご購読
新規!💥 ProPicksを手に入れ、S&P 500を1,183%を超える投資成績を実現した、戦略をご覧ください40%割引で開始

インフレとボラティリティが上昇する中、パッシブ・インカムのための高利回り配当ETF3銘柄

発行済 2022-04-06 20:45
更新済 2020-09-02 15:05

市場のボラティリティの上昇とインフレ率の高騰により、パッシブ収入を提供する上場投資信託(ETF)が注目されている。この記事では、魅力的な3つの高止まりETFを紹介しよう。

1. InfraCap MLP ETF

  • 現在価格:30.26ドル

  • 52週間のレンジ:23.27ドル~32.25ドル

  • 配当利回り:8.56%

  • 経費率:年率1.40%

最初のETFであるInfraCap MLP ETF (NYSE:AMZA) は、Cohen & Steersによると、ミッドストリームのマスター・リミテッド・パートナーシップ (MLP) へのエクスポージャーを提供するものである。

「主にエネルギー・コモディティの採掘、加工、貯蔵、輸送」

2014年10月に取引を開始した当ETFは、高い経常利益を求める方に適している可能性がある。しかし、投資家は高額の年間経費率に注意する必要もある。

AMZA 週次チャート

AMZA は Alerian MLP Infrastructureに連動するように設計されている。組入上位3銘柄で純資産額3億1800万ドルの半分近くを占めており、非常に集中したETFとなっている。

MPLX (NYSE:MPLX)、Magellan Midstream Partners (NYSE:MMP)、 Enterprise Products Partners (NYSE:EPD)、 Western Midstream Partners (NYSE:WES)やEnergy Transfer (NYSE:ET) などが名を連ねている。

ピムコは下記のように提案している。

「ミッドストリームの原油・天然ガスパイプラインは通常、石油天然ガス、天然ガス液(NGLs)を処理、加工、輸送するために「有料道路」のような料金ベースのビジネス・モデルを採用しており、(中略)一般的に予測可能な収益を有し、直接コモディティ価格へのエクスポージャーは限られている。」

このETFは今年17.7%、過去12ヶ月で24.6%の上昇を記録している。このセグメントに対して引き続き強気であり、AMZAのようなMLP ETFで下落局面を買うことを検討したい。

2. Pacer Global Cash Cows Dividend ETF

  • 現在価格:33.67ドル

  • 52週間のレンジ:29.41ドル ~34.87ドル

  • 配当利回り:3.92%

  • 経費率:年率0.60%

投資家は、購入する銘柄を検討する際に、さまざまな評価モデルや評価指標を用いる。そのひとつがフリー・キャッシュ・フローである。

「フリー・キャッシュ・フローとは企業内の余剰資金のことを指し、財務の柔軟性の度合いを示すものである。企業の業績に関するポジティブなシグナルとなりうる。」

本日2本目のETFは、Pacer Global Cash Cows Dividend ETF (NYSE:GCOW) である。高配当と高いフリー・キャッシュ・フロー利回りを実現する大型株のグローバル株式に投資する。2016年2月の設定以来、純資産は2億6400万ドル以上になっている。

GCOW 週次チャート

Pacer Global Cash Cows Dividend Indexに連動するGCOWは、101銘柄を保有している。セクター別では、素材が18.2%で最も組入比率が大きい。以下、ヘルスケア(18.0%)、通信サービス(16.3%)、生活必需品(15.4%)、エネルギー(15.4%)となっている。

主要10銘柄でポートフォリオの5分の1以上を占めている。石油メジャーのChevron (NYSE:CVX)、製薬大手のAbbVie (NYSE:ABBV)やBristol-Myers Squibb (NYSE:BMY)、鉱山大手のBHP (NYSE:BHP)などが上位銘柄に含まれている。

GCOWは年初来で約7.1%のリターンを記録し、直近では過去最高値を更新した。12月31日時点のETFの株価収益率(PER)は12.47倍となっている。企業分散と多くの銘柄の強さが魅力的である。

3. Global X Russell 2000 Covered Call ETF

  • 現在価格:23.76ドル

  • 52週間のレンジ:21.66ドル~25.82ドル

  • 配当利回り:13.81%

  • 経費率:年率0.60%

最後のETF、Global X Russell 2000 Covered Call (NYSE:RYLD) は、高利回りのカバード・コールETFである。小型株2,000銘柄で構成されるRussel 2000 Indexにコール・オプションを付けている。こちらは2019年4月に発売され、純資産は12億7000万ドルとなっている。

RYLD 週次チャート

本コラムの常連読者の皆様は、日常的に個別銘柄のカバード・コールやカバード・コール型ETFを扱っていることをご存じだろう。市場が不安定になったことで、最近多くの投資家がこのオプション戦略に注目している。ボラティリティが上昇すると、コール・オプションの価格も上昇する。その結果、このような ETF は通常、コール・オプションの売りからより高い収益を上げることになる。

RYLDは2022年に入り、これまで2.7%下落している。それでも、このETFは毎月分配金を出しており、現在の利回りは2桁台である。ファンド・マネジャーの専門知識に頼ったオプション戦略で収益を上げたい投資家は、RYLDのようなカバード・コールETFをさらに研究すると良いだろう。

最新のコメント

当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます