株式会社ビーロット (3452)

東京
564.0
-1.0(-0.18%)
  • 出来高:
    55,800
  • 売値/買値:
    564.0/566.0
  • 日中安値/高値:
    560.0 - 569.0
  • タイプ:株式
  • 市場:日本
  • ISIN:JP3799770007

3452 概要

前日終値
565
日中安値/高値
560-569
売上
26.98B
始値
561
52週高値/安値
555-842
1株当たり利益
45.96
出来高
55,800
時価総額
10.92B
配当
15.00
(2.65%)
平均出来高 (3か月)
96,530
PER (株価収益率)
12.29
ベータ
1.54
1年の変動
-2.08%
発行済株式
19,363,812
次の決算日
2021年8月12日
株式会社ビーロットの相場を予想しよう!
または
市場は現在開いていません。投票は市場時間の間しか行えません。

株式会社ビーロット ニュース

テクニカルサマリー

タイプ
5 分
15 分
1時間足
日足
月単位
移動平均強い売り強い売り強い売り強い売り強い売り
テクニカル指標強い売り強い売り強い売り強い売り強い売り
サマリー強い売り強い売り強い売り強い売り強い売り

株式会社ビーロット 企業情報

株式会社ビーロット 企業情報

セクター
不動産
従業員数
176
市場
日本

ビーロットは、不動産投資開発事業、不動産コンサルティング事業及び不動産マネジメント事業を営んでいる。【事業内容】不動産投資開発事業では、収益性に問題のある不動産については、賃料水準・稼働率の向上、最有効活用のための用途の変更もしくはテナントの誘致、管理体制・管理コストの見直し、適切な設備改修、あるいは、長期修繕計画の策定・見直し等を行い、収益性の改善を図る。また、大規模リニューアル工事や建て替えによる不動産開発を実施する場合もある。その際には事前の綿密な市場調査、適正な建築企画及び施工管理を行っている。遵法性に問題のある不動産については、是正のための設備投資、関連当事者との権利調整・意見調整、あるいは、公的機関との調整等を行っている。また、その他にも、所有者に起因する不動産の不良債権化や、諸事情により不動産情報の守秘性の厳守を求められる等の問題に対応している。不動産コンサルティング事業では、第二種金融商品取引業の登録[関東財務局長(金商)第2235号]を活用した信託受益権の売買仲介、不動産賃貸仲介、不動産交換・土地有効活用の提案、賃料・地代改定等、不動産に関する広範なコンサルティング業務全般を行っている。不動産マネジメント事業では、顧客の所有不動産については管理運営者(プロパティ・マネージャー)として、同社の所有不動産については不動産経営者として、不動産が生み出すキャッシュ・フローの最大化と資産価値の向上を図ると共に、テナント様にとっての付加価値があるサービスを提供している。具体的には、①入居者募集、②入退去手続き、③賃貸借条件の交渉窓口、④クレーム対応、⑤入金管理、⑥資産価値向上のための施策立案・実践、⑦ビルメンテナンス(建物管理会社に再委託)、⑧所有者向け送金、⑨所有者向けレポート作成等の業務を行っている。顧客の所有不動産については、その要望に従って、借上げ(サブリース)形式にて業務を行い、同社の所有不動産については、販売用不動産及び固定資産共に建物環境や周辺環境を所有者として改善し、テナント様に対し良好なオフィス・店舗・住居等を提供している。また、顧客が不動産ファンド等を活用して不動産に投資する場合、投資家の資産運用ニーズを捉え、そのニーズに従った投資戦略の立案をし、投資物件の選定、投資期間中の管理・運営戦略、資産売却までのプロセスにおいて、投資運用をサポート致している。

詳細を読む
    免責条項 Fusion Mediaによるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Mediaおよび当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
    Fusion MediaまたはFusion Mediaの関係者はすべて、データ、レート、チャートや売買シグナルを含む当サイトの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切の責任を負いません。金融市場での取引に関連したリスクやコストに関して、十分にご理解いただきますようお願いいたします。
    上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。