株式会社インテージホールディングス (4326)

東京
1,454.0
-42.0(-2.81%)
  • 出来高:
    55,100
  • 売値/買値:
    1,453.0/1,458.0
  • 日中安値/高値:
    1,452.0 - 1,498.0
  • タイプ:株式
  • 市場:日本
  • ISIN:JP3152790006

4326 概要

前日終値
1,496
日中安値/高値
1,452-1,498
売上
59.46B
始値
1,486
52週高値/安値
1,291-2,113
1株当たり利益
83.34
出来高
55,100
時価総額
57.32B
配当
35.00
(2.41%)
平均出来高 (3か月)
78,128
PER (株価収益率)
17.95
ベータ
0.8
1年の変動
1.52%
発行済株式
39,422,615
次の決算日
2022年8月11日
インテージホールディングスの相場を予想しよう!
または
市場は現在開いていません。投票は市場時間の間しか行えません。

株式会社インテージホールディングス ニュース

株式会社インテージホールディングス 企業情報

株式会社インテージホールディングス 企業情報

セクター
通信サービス
従業員数
3080
市場
日本

インテージホールディングス(旧称:インテージ)は、同社、連結子会社24社(アスクレップ、インテージリサーチ、インテージ長野、インテージ・アソシエイツ、アンテリオ他)及び関連会社1社(ドコモ・インサイトマーケティング)により構成され、主に各種情報収集網の拡充、データ処理体制の確立、独自の情報システム開発など、データハンドリング技術(データの収集から加工までの操作技術、能力)・データ分析能力・情報評価能力を基盤とした市場調査・コンサルティング事業、システム開発技術・システム運用技術・業務分析力・業界専門性などに裏付けられた独自のシステムサービスを提供するシステムソリューション事業、医薬品開発業務受託機関(CRO)に教育機能・システム機能を備えた医薬品の臨床開発関連業務のトータルソリューションを提供する医薬品開発支援事業に従事。【事業内容】市場調査・コンサルティング事業は、主に全国女性消費者パネル調査(SLI)、全国個人消費者パネル調査(SCI-personal)等の消費者パネル調査業務、全国小売店パネル調査(SRI)、全国一般用医薬品パネル調査(SDI)等の小売店パネル調査業務、及びその他のパネル調査業務を含むパネル調査業務、インターネット調査および従来型調査(郵送調査、訪問面接調査、定性調査など)を含むカスタムリサーチ業務を行うほか、市場調査に付随した各種コンサルティングサービスも提供。システムソリューション事業は、ソフトウェアの開発・販売から、システムの運用、維持・管理、データセンターの運用などを主たる業務とする。さらに、システムの構築・運用による業務プロセス改善の支援だけでなく、顧客の業務に関わる膨大なデータの評価、分析、コンサルテーションなど、経営戦略的な側面への支援までのサービスを提供。医薬品開発支援事業は、同社子会社のアスクレップで実施するCRO業務を主たる業務とする。製薬企業からの委託により、モニタリング業務(治験の進行状況の管理等)やデータマネジメント・解析業務(治験データの分析等)を実施し、医薬品開発をサポート。

詳細を読む

テクニカルサマリー

タイプ
5 分
15 分
1時間足
日足
月単位
移動平均強い売り強い売り強い売り強い売り中立
テクニカル指標強い売り強い売り強い売り強い売り売り
サマリー強い売り強い売り強い売り強い売り中立