シークス株式会社 (7613)

東京
1,245.0
0.0(0.00%)
  • 出来高:
    69,000
  • 売値/買値:
    1,241.0/1,245.0
  • 日中安値/高値:
    1,235.0 - 1,254.0
  • タイプ:株式
  • 市場:日本
  • ISIN:JP3346700002

7613 概要

前日終値
1,245
日中安値/高値
1,235-1,254
売上
210.83B
始値
1,235
52週高値/安値
1,136-1,980
1株当たり利益
99.05
出来高
69,000
時価総額
58.84B
配当
30.00
(2.41%)
平均出来高 (3か月)
149,719
PER (株価収益率)
12.57
ベータ
1.67
1年の変動
-5.25%
発行済株式
47,260,237
次の決算日
2022年2月15日
シークス株式会社の相場を予想しよう!
または
市場は現在開いていません。投票は市場時間の間しか行えません。

シークス株式会社 ニュース

テクニカルサマリー

タイプ
5 分
15 分
1時間足
日足
月単位
移動平均中立中立買い中立強い売り
テクニカル指標強い買い売り強い売り強い買い強い売り
サマリー買い中立中立買い強い売り

シークス株式会社 企業情報

シークス株式会社 企業情報

セクター
ハイテク
従業員数
11257
市場
日本

シークスグループは、同社、子会社24社(SIIX (Shanghai) Co., Ltd. 、SIIX Singapore Pte. Ltd.、SIIX TWN Co., Ltd.、SIIX Europe GmbH、SIIX U.S.A. Corp.他)、関連会社9社(KAWASAKI MOTORS (PHILS.) CORPORATION他)、合弁会社13社で構成され、電子部品等の部材調達、電子機器受託製造サービス (EMS)、物流等のサービスを提供することを主な事業とする。【事業内容】これらの事業活動を展開している地域別に区分し、「電子(日本)」、「電子(アジア)」、「電子(欧州)」および「電子(米州)」の4つを報告セグメントとする。また、ワイヤーハーネス部材、オートバイ用部材および印刷インキ等を取扱う事業をセグメント情報では「その他」とする。関係する業界はグローバル規模での事業の水平分業化および企業間のアライアンス等がますます進展し、コスト削減と開発・生産のスピードアップ化ニーズの受け皿であるEMSが大きく成長する。同社グループはこの業界動向に対応すべく海外生産子会社の増強、生産技術の向上、国内外のネットワークの拡充等に積極的に取組む。同社の主要な取扱品目には、携帯電話用液晶モジュール等の通信機器、カーオーディオ・メーター・フロントパネル・各種スイッチ・照明等の車載関連機器、スキャナー・プリンター・パソコン・周辺機器等の情報機器、デジタル家電・エアコン・音響機器・健康器具等の家庭電気機器、エンジン点火装置・業務用音響と映像(AV)機器等の産業機器および一般電子部品、並びにワイヤーハーネス部材、オートバイ用部材、自動車部品、設備機械、印刷インキ、化成品、雑貨等のその他製品がある。

詳細を読む
    免責条項 Fusion Mediaによるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Mediaおよび当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
    Fusion MediaまたはFusion Mediaの関係者はすべて、データ、レート、チャートや売買シグナルを含む当サイトの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切の責任を負いません。金融市場での取引に関連したリスクやコストに関して、十分にご理解いただきますようお願いいたします。
    上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。