太洋工業株式会社 (6663)

東京
507.0
+6.0(+1.20%)
  • 出来高:
    7,000
  • 売値/買値:
    506.0/508.0
  • 日中安値/高値:
    504.0 - 507.0
  • タイプ:株式
  • 市場:日本
  • ISIN:JP3451100006

6663 概要

前日終値
501
日中安値/高値
504-507
売上
3.23B
始値
506
52週高値/安値
379-698
1株当たり利益
-26.13
出来高
7,000
時価総額
2.99B
配当
3.00
(0.59%)
平均出来高 (3か月)
34,110
PER (株価収益率)
-
ベータ
0.55
1年の変動
27.07%
発行済株式
5,903,918
次の決算日
2021年10月24日
太洋工業株式会社の相場を予想しよう!
または
市場は現在開いていません。投票は市場時間の間しか行えません。

太洋工業株式会社 ニュース

テクニカルサマリー

タイプ
5 分
15 分
1時間足
日足
月単位
移動平均強い買い強い買い強い買い買い買い
テクニカル指標強い買い強い買い強い買い強い買い中立
サマリー強い買い強い買い強い買い強い買い中立

太洋工業株式会社 企業情報

太洋工業株式会社 企業情報

セクター
ハイテク
従業員数
262
市場
日本

太洋工業グループは、同社及び連結子会社4社により構成され、電子基板、基板検査機、検査システム及び鏡面研磨機の製造・販売を主たる業務とする。【事業内容】同社は5つの事業セグメントにより構成される。電子基板等事業において、同社は、フレキシブルプリント(FPC)の製造・販売等を主に行い、FPCの製造において、試作関連業務に特化する。FPCはその特性である折り曲げられることと高機能化に対応した基板精度技術の進歩により機器の小型軽量化に伴った限られたスペースへの部品配置を可能にし、それまでリジッドプリント配線板(以下、「リジッド板」という。)が採用されてきた機器・部位にリジッド板に代わり採用され用途が拡大。その代表的なものには、携帯電話端末、デジタルスチルカメラ等がある。同社では、配線パターン設計から穴あけ・めっき・エッチング工程・最終検査まで部品実装以外全て完全社内一貫体制での対応が可能となり、パターン設計を含めて受注から最短3日での納品を実現し、ユーザーの短納期ニーズに応える。基板検査機事業において、同社は、部品が実装されていない電子基板の導通抵抗及び絶縁抵抗などの電気検査を行う通電検査機、外観からパターンの欠損・めっきの変色・表面の傷等を補完的に検査する外観検査機、部品が実装されている電子基板の回路の動作を検査する機能検査機の製造及び販売を行う。検査システム事業において、子会社が生産ラインにおける視覚検査装置並びに画像処理装置等の開発・製造・販売を行い、同社が製造した機器の販売を行う。鏡面研磨機事業において、グラビア製版用の製版ロール、アルミニウム圧延ロール、磁気テープ用カレンダーロール等の表面を超鏡面仕上げする円筒鏡面研磨機を連結子会社が製造し、同社が販売する。商社事業は、主にメーカー各社の産業機械等の販売を行う。

詳細を読む
    免責条項 Fusion Mediaによるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Mediaおよび当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
    Fusion MediaまたはFusion Mediaの関係者はすべて、データ、レート、チャートや売買シグナルを含む当サイトの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切の責任を負いません。金融市場での取引に関連したリスクやコストに関して、十分にご理解いただきますようお願いいたします。
    上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。