株式会社タケエイ (2151)

東京
1,928.0
+38.0(+2.01%)
  • 出来高:
    216,600
  • 売値/買値:
    1,918.0/1,928.0
  • 日中安値/高値:
    1,864.0 - 1,928.0
  • タイプ:株式
  • 市場:日本
  • ISIN:JP3462680004

2151 概要

前日終値
1,890
日中安値/高値
1,864-1,928
売上
43.26B
始値
1,880
52週高値/安値
986-1,993
1株当たり利益
92.21
出来高
216,600
時価総額
52.2B
配当
30.00
(1.59%)
平均出来高 (3か月)
301,971
PER (株価収益率)
20.50
ベータ
1.21
1年の変動
84.86%
発行済株式
27,616,934
次の決算日
2021年11月02日
株式会社タケエイの相場を予想しよう!
または
市場は現在開いていません。投票は市場時間の間しか行えません。

株式会社タケエイ ニュース

テクニカルサマリー

タイプ
5 分
15 分
1時間足
日足
月単位
移動平均強い買い強い買い強い買い強い買い強い買い
テクニカル指標強い買い強い買い強い買い強い買い強い買い
サマリー強い買い強い買い強い買い強い買い強い買い

株式会社タケエイ 企業情報

株式会社タケエイ 企業情報

セクター
サービス
従業員数
1358
市場
日本

タケエイグループは、同社及び連結子会社12社並びに関連会社4社により構成される。【事業内容】同社及び連結子会社は、首都圏における建設現場から排出される建設系産業廃棄物を主要な扱い対象とし、廃棄物を収集し中間処理工場へ運搬をする収集運搬業務、自社中間処理工場へ搬入された廃棄物を品目別に適切に精選別し、異物除去、破砕、圧縮等の処理を行う中間処理業務、中間処理された廃棄物を品質・ロットを整えた上で、可能な限り再資源化品として搬出する再資源化業務、及び中間処理で生じた選別残渣を自社最終処分場で埋め立てる最終処分場の運営等の事業を展開する。タケエイが建設廃棄物を中心とする中間処理・再資源化事業、収集運搬業務及び安定型最終処分場の運営を行う。北陸環境サービスが管理型最終処分場の運営、廃プラスチック再資源化業務及び収集運搬業務を行う。ギプロが廃石膏ボードの再資源化事業を行う。池田商店が再生骨材、再生砕石への再資源化事業及び収集運搬業務を行う。その他に、環境保全、泰武興運、タケエイパークゴルフマネジメント、諏訪重機運輸、野口木材起業、門前クリーンパーク及びグリーンアローズ関東が環境計量証明事業、廃棄物処理関係業務への人材派遣業、廃棄物処分事業、収集運搬事業、建築解体事業、管理型最終処分場運営の事業化準備、廃石膏ボード再資源化事業の事業化準備を行う。関連会社としては、グリーンアローズホールディングス(廃石膏ボード再資源化事業の事業会社への投資事業)、東海テクノ(環境計量証明事業)、アースアプレイザル(調査、鑑定、環境コンサルティング)及びクマケン工業(汚染水、汚染土壌処理薬剤の開発、製造、販売)の4社がある。同社はまた、バイオマス発電用材料の製造・供給を行う。同社はまた、電力の小売事業を行う。

詳細を読む
    免責条項 Fusion Mediaによるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Mediaおよび当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
    Fusion MediaまたはFusion Mediaの関係者はすべて、データ、レート、チャートや売買シグナルを含む当サイトの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切の責任を負いません。金融市場での取引に関連したリスクやコストに関して、十分にご理解いただきますようお願いいたします。
    上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。