東建コーポレーション株式会社 (1766)

東京
9,230.0
+230.0(+2.56%)
  • 出来高:
    47,800
  • 売値/買値:
    9,210.0/9,230.0
  • 日中安値/高値:
    9,040.0 - 9,250.0

1766 概要

前日終値
9,000
日中安値/高値
9,040-9,250
売上
311.59B
始値
9,050
52週高値/安値
6,980-11,150
1株当たり利益
764.23
出来高
47,800
時価総額
124.09B
配当
250.00
(2.71%)
平均出来高 (3か月)
32,697
PER (株価収益率)
11.65
ベータ
0.211
1年の変動
-9.51%
発行済株式
13,444,592
次の決算日
2022年9月11日
東建コーポレーションの相場を予想しよう!
または
市場は現在開いていません。投票は市場時間の間しか行えません。

東建コーポレーション株式会社 ニュース

東建コーポレーション株式会社 企業情報

東建コーポレーション株式会社 企業情報

セクター
一般消費財
従業員数
5283
市場
日本
  • タイプ:株式
  • 市場:日本
  • ISIN:JP3590900001

東建コーポレーショングループは、賃貸建物建設請負事業(リース建設事業)を起点として、リース建設事業を通じて、住環境の充実と向上を目指して、建設事業、不動産賃貸事業、及びその他事業を行う。【事業内容】建設事業では、建築請負について、「土地の有効活用」を目的としたアパート、賃貸マンション、ワンイヤーマンション、シニアマンション、貸店舗等の企画提案をし、建築請負契約を締結し、設計、施工を行う。建設資材の製造加工販売業について、ナスラックは、建設に要する資材や住設機器を、流通経路の見直しによる中間マージンの削減を図りながら、委託製造を中心として国内外から調達し、供給する。貸金業及び生命・損害保険代理店業について、東建リースファンドは、建築請負契約を締結した施主に対し、建設資金を一部融資すると共に、施主及び入居者を主な顧客として、生・損保商品を販売することを主要業務とし、これらを通じてリース建設事業をサポートする。不動産賃貸事業では、不動産賃貸について、東建ビル管理は、オーナーとマスターリース契約を、入居者とサブリース契約をそれぞれ締結する不動産賃貸事業を行う。また、「千種タワーヒルズ」の賃貸事業も行う。賃貸仲介について、パソコン、携帯電話、スマートフォンなどの5つのメディアから広範囲に入居者を募集する「5メディア仲介システム」を独自に開発し、建設した賃貸建物に対し、入居者の仲介斡旋を行う。また、建設した賃貸建物以外の一般の賃貸住宅の仲介も行う。賃貸管理について、東建ビル管理で受託契約した「賃貸管理業務」及び「経営代行業務」を再委託する「サブリース経営代行システム」により、では、オーナーに代わって家賃回収、建物管理等を行う。また、では、この事業システム以外の賃貸物件についても、オーナーより賃貸建物管理業務を受託する。東建ビル管理は、「千種タワーヒルズ」の建物管理を行う。その他事業では、総合広告代理店業について、東通エィジェンシーは、グループの広告宣伝を一手に担い、テレビ・ラジオ・新聞・雑誌及び出版物の企画・制作、ビデオ・ホームページのコンテンツ制作を行うことで、より効果的なPR戦略を実施し、リース建設事業等をサポートする。旅行代理店業について、東通トラベルは、グループ及びグループを取り巻く取引先を含めて、対する求心力を高める観点から、各種イベントや会議における企画、提案等を行う。ゴルフ場・ホテル運営については、所有する「東建多度カントリークラブ・名古屋」のゴルフ場施設及び「ホテル多度温泉」を東建多度カントリーに賃貸し、東建多度カントリーがそれらの運営を行う。また、東建リゾート・ジャパンでは、「東建塩河カントリー倶楽部」を所有し、運営する。

詳細を読む

テクニカルサマリー

タイプ
5 分
15 分
1時間足
日足
月単位
移動平均強い買い強い買い強い買い強い買い強い買い
テクニカル指標強い買い強い買い強い買い強い買い買い
サマリー強い買い強い買い強い買い強い買い強い買い