🔥 プレミアムなAIの力による株式選択を、InvestingProから 今なら最大50%引き特別セールを請求する

株式会社東陽テクニカ (8151)

東京
通貨 JPY
免責条項
1,647.0
-13.0(-0.78%)
終了
8151スコア
詳細分析
7年にわたり継続して増配している
適正価格
日中安値/高値
1,631.01,676.0
52週高値/安値
1,225.01,761.0
売値/買値
1,647.00 / 1,651.00
前日終値
1,660
始値
1,635
日中安値/高値
1,631-1,676
52週高値/安値
1,225-1,761
出来高
46,700
平均出来高 (3か月)
60,984
1年の変動
19.69%
フェアバリュー
見る
フェアバリュー上昇/下落余地
見る
8151スコアpro icon
企業の健全性
pro lock見る
フェアバリュー
pro lock開放価格
適正価格pro lock
上昇余地pro lock
アナリストのセンチメント
現在サポートされていません。
メンバーのセンチメント
弱気
強気
Proのヒント
短期的な収益成長予想と比較して低PERの株を取引

株式会社東陽テクニカ 企業情報

東陽テクニカグループは、同社、子会社6社及び関連会社2社で構成され、情報通信測定機器等測定機器類の輸入販売及びその他の測定機器の輸入販売と輸出を主たる業務とする。【事業内容】情報通信事業は、有線・無線のネットワークのインフラ評価及びネットワーク上の情報の安全性・安定性を確保するための評価測定機器等の販売を行っている。物性/エネルギー事業は、新素材の物性測定や、新エネルギー関連の電気化学測定用の機器やシステム販売を行っている。ナノイメージング事業は、新素材の表面や内部構造を分析する電子顕微鏡やX線CTスキャナなどのイメージング装置や、硬度計の販売を行っている。電磁環境両立性(EMC)/大型アンテナ事業は、電磁波関連の評価測定システムや、アンテナ地上局システムの販売を行っている。機械制御/振動騒音事業は、輸送機器を中心とする機械の制御、性能及び音と振動を解析する測定評価機器等の販売を行っている。海洋/特機事業は、海洋調査向けの測定評価機器及びディフェンスアンドセキュリティ機器等の販売を行っている。ソフトウエア開発支援事業は、ソフトウエアの品質などの測定評価機器等の販売を行っている。メディカルシステム事業は、医療機器メーカや病院向けの画像処理ソフトウエアやシステム、液晶モニター関連装置の販売を行っている。セキュリティ&ラボカンパニー事業は、サイバーセキュリティサービス及び無線通信端末ラボ試験サービスを行っている。

当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます