トヨタ自動車株式会社 (7203)

6,723.50
-61.50(-0.91%)
  • 出来高:
    4,506,700
  • 売値/買値:
    6,720.50/6,726.50
  • 日中安値/高値:
    6,685.50 - 6,815.50

7203 概要

前日終値
6,723.5
日中安値/高値
6,685.5 - 6,815.5
売上
26.63T
始値
6,788
52週高値/安値
5,771 - 8,026
1株当たり利益
864.68
出来高
4,506,700
時価総額
19.1T
配当
220.00 (3.30%)
平均出来高 (3か月)
8,333,448
PER (株価収益率)
7.70
ベータ
1.02
1年の変動
2.49%
発行済株式
2,780,048,972
次の決算日
2年11月29日
トヨタ自動車株式会社の相場を予想しよう!
または
投票してコミュニティの結果を見ましょう。

トヨタ自動車株式会社 ニュース

テクニカルサマリー

タイプ
5 分
15 分
1時間足
日足
月単位
移動平均強い売り売り中立買い売り
テクニカル指標強い買い強い売り強い売り強い買い強い売り
サマリー強い売り強い売り売り強い買い強い売り

トヨタ自動車株式会社 企業情報

トヨタ自動車株式会社 企業情報

従業員数
359542
市場
日本

トヨタ自動車グループは自動車事業を中心に、金融事業及びその他の事業を行う。【事業内容】自動車事業は、セダン、ミニバン、2ボックス(BOX)、スポーツユーティリティビークル、トラック等の自動車とその関連部品、用品の設計、製造及び販売を行う。金融事業は、主として同社及び同社の関係会社が製造する自動車と他の製品の販売を補完するための金融並びに車両のリース事業を行う。その他の事業は、住宅の設計、製造及び販売、情報通信事業等を行う。同社は子会社を通じて、北米と欧州の研究開発及び製造販売会社の統括、並びに渉外、広報、調査活動を行う。

詳細を読む
  • トヨタは自動車の完全電動化を早期に目指さないと既に具体的にシフト化を始めている欧米及び中国勢に完全に置いてきぼりを食いそうです。世界の流れに逆らってHVや水素自動車に固執していると、ビデオ戦略でβ方式に拘って完敗したソニー、携帯電話でもPHSに執着したため世界から20年間近く見事に取り残されガラパゴス化した市場は今やアップルや中国勢に押され続け、日本の家電メーカーは軒並み二流ブランドに成り下がった状況です。豊田章男氏には早く目を覚ましてもらいたいですね。歴史から教訓を学ぶべきです。
    1
    • リコール問題で下落しそう 。 
      0
      免責条項 Fusion Mediaによるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Mediaおよび当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
      Fusion MediaまたはFusion Mediaの関係者はすべて、データ、レート、チャートや売買シグナルを含む当サイトの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切の責任を負いません。金融市場での取引に関連したリスクやコストに関して、十分にご理解いただきますようお願いいたします。
      上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。