🟢 市場は上昇しています。当社コミュニティの12万人を超えるメンバーは、すべてそれにどう対応すべきか知っています。
お客様もお分かりですよね。
40%割引で開始

前場に注目すべき3つのポイント~良好な決算を発表した企業へは、個人主体の資金流入は活発~

発行済 2022-11-01 08:37
更新済 2022-11-01 08:45
© Reuters.
4061
-
6103
-
4452
-
6301
-
6472
-
9022
-
2914
-
5108
-
9202
-
3861
-
8306
-
4118
-
4205
-
6632
-
9513
-
2428
-
3431
-
4318
-
4617
-
5603
-
6740
-
9759
-
6619
-
5217
-
6960
-
4385
-
9434
-
11月1日前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。



■株式見通し:良好な決算を発表した企業へは、個人主体の資金流入は活発
■JT、3Q営業利益 20.5%増 5793億円、通期上方修正
■前場の注目材料:カネカ、バイオ医薬品を増強、ベルギーでmRNA生産2倍に



■良好な決算を発表した企業へは、個人主体の資金流入は活発

1日の日本株市場は、利食い売り優勢ながらも下値の堅さは意識されやすい相場展開が見込まれよう。
10月31日の米国市場ではNYダウが128ドル安だった。
月末の調整や利上げ減速期待を受けた買いにダウは一時プラス圏を回復する場面もみられたが、翌日から開催される連邦公開市場委員会(FOMC)を警戒した売りが優勢となった。
また、オン・セミコンダクターが先行きに慎重な見通しを示したことが嫌気され大きく売られるなど、半導体株の弱い値動きが重荷となった。
シカゴ日経225先物清算値は大阪比変わらずの27550円。
円相場は1ドル148円60銭台で推移している。


シカゴ先物にサヤ寄せする格好から、やや利食い優勢の展開となりそうだ。
米国同様にFOMCを前に積極的な売買は手控えられやすいほか、日経225先物はナイトセッションで終値を挟んでの狭いレンジ推移が継続していたこともあり、積極的に仕掛けてくる動きも考えづらいところだろう。
米半導体株の弱い値動きから指数インパクトの大きい値がさハイテク株などへは短期的なショートも意識されるものの、足元でリバランスに伴う商いが中心のなかでは、押し目では買い戻しの動きになりそうだ。


また、米国市場は下落したとはいえ、NYダウは直近6営業日で2500ドルほど上昇したこともあり、FOMCを前に当然の一服といったところであろう。
VIX指数は小幅な反発にとどまっており、リスク回避姿勢が強まることはなさそうだ。
そのため、積極的なリバウンド狙いの動きは考えづらいものの、リバランスに伴うショートカバーによって、下値の堅さが意識されやすく、短期的に下を仕掛けてくる局面においては、その後のカバーの動きを想定した押し目狙いになろう。


物色としては絞られてくると見られるが、決算発表が本格化するなか、良好な決算を発表した企業へは、個人主体の資金流入は活発となろう。
昨日の取引終了後に決算を発表したところでは、WSCOPE (TYO:6619)、メルカリ (TYO:4385)、JT (TYO:2914)、ウェルネット (TYO:2428)、コマツ (TYO:6301)、ANA (TYO:9202)、Jパワー (TYO:9513)、宮地エンジ (TYO:3431)、NTN (TYO:6472)、オークマ (TYO:6103)、虹技 (TYO:5603)、NSD (TYO:9759)、フクダ電子 (TYO:6960)、中国塗料 (TYO:4617)、JVCKW (TYO:6632)、テクノクオーツ (TYO:5217)、クイック (TYO:4318)辺りが注目される。



■JT、3Q営業利益 20.5%増 5793億円、通期上方修正

JT (TYO:2914)が発表した第3四半期業績は、売上収益が前年同期比13.7%増の2兆85.48億円、営業利益は同20.5%増の5793.41億円だった。
あわせて2022年12月期業績予想の修正を発表。
売上収益は2兆4860億円から2兆6680億円、営業利益を5490億円から6490億円に上方修正をした。
たばこの世界販売数量は前期から2%程度の減少と、従来想定(3%程度の減少)から小幅にとどまる。
為替の円安進行も利益の伸びに寄与する。



■前場の注目材料

・日経平均は上昇(27587.46、+482.26)
・シカゴ日経先物は変わらず(27550、大阪比+0)
・1ドル=148.60-70円
・米国景気は拡大
・日銀は金融緩和を継続
・コロナ後の人流再開


・カネカ (TYO:4118)バイオ医薬品を増強、ベルギーでmRNA生産2倍に
・ソフトバンク (TYO:9434)アスクルと中小の「DX悩み解決」で協業
・ブリヂストン (TYO:5108)ロシア撤退へ、事業譲渡目指す
・三菱UFJ (TYO:8306)DMPと三菱UFJ銀、合弁設立、3次元地図で除雪効率化
・JR東海 (TYO:9022)35年めど800億円のコスト削減、新幹線半自動運転など400施策
・NTN (TYO:6472)静岡で新型等速ジョイント量産、25年度、売上高80億円に
・JDI (TYO:6740)新配光制御液晶パネルを来春量産、縦長・横長・楕円で自由自在
・ソフトバンク (TYO:9434)テラヘルツ波で屋外通信、エリア構築検証に成功
・王子HD (TYO:3861)新事業本部立ち上げ、環境対応・紙容器拡大探る
・デンカ (TYO:4061)タイ社と合弁設立、アセチレンブラック生産
・日本ゼオン (TYO:4205)高岡工場に化学プラント遠隔制御拠点、生産情報一元化
・花王 (TYO:4452)武田とデング熱対策で覚書、タイ機関と現地子会社が連携


☆前場のイベントスケジュール


・10:45 中・10月財新製造業PMI(予想:48.5、9月:48.1) <ST>

最新のコメント

当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます