プレミアムデータをご提供:最大 50% 引きでInvestingPro特別セールを請求する

チリの反政府デモ、銅鉱山の操業には概ね影響なし

発行済 2019-11-07 14:17
更新済 2019-11-07 14:23
チリの反政府デモ、銅鉱山の操業には概ね影響なし
BHP
-
AAL
-
ANTO
-

[サンティアゴ 6日 ロイター] - 南米チリでは反政府デモが続いているが、業界関係者によると、国内の銅鉱山は概ね通常通りの操業を維持している。

ただ一部の鉱山では散発的な破壊行為が起きており、先行き不透明感が根強いという。

チリは世界最大の銅生産国で、世界全体の銅の約28%を生産している。

コンサルティング会社プラスマイニングのファン・カルロス・グアハルド氏は「デモが激化し、主要労組がゼネストを計画すれば、鉱山会社が必要とするサービスが間違いなく悪影響を受ける」と指摘。

民間の大手鉱山会社のトップも「現時点では落ち着いているが、いつまで続くかわからない」と述べた。

一部の主要鉱山では、破壊活動が起きている。関係者によると、銅生産大手アンフトファガスタ (L:ANTO)のペランブレス銅山では送水ポンプ施設が放火された。

同社は抗議活動を受けて、今年の減産幅の予想を約1万トンに拡大。これを受けて5日の銅価格は値上がりした。

ただ、同社は昨年72万5300トンの銅を生産しており、減産率はごくわずかにとどまっている。同社は4日、他の国内鉱山が通常通り操業していることを明らかにした。

首都サンティアゴ郊外にある資源大手アングロ・アメリカン (L:AAL)のロスブロンセス銅鉱山では、輸送に混乱が生じており、影響を最小限に抑えるためコンティンジェンシー・プラン(不測の事態を想定した緊急対応策)が導入された。

同社のシャグレス精錬所ではエントランスが放火され、バス2台が焼けたという。

ルミナ・カッパーのカセロネス銅鉱山では、抗議活動が続いており、「最低限の人員」で業務を行っている。

鉱山労組や港湾労働者は、反政府デモと連携してストを実施する可能性を警告しているが、現時点ではストに突入していない。

英豪系資源大手BHPビリトン (AX:BHP)は先週、世界最大のエスコンディーダ銅山で労働者が一時的にストを実施し、生産ペースが落ちていると表明したが、翌日には通常通りの操業に戻った。

最新のコメント

当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます