🔥 当社AIが選択した株式戦略、テクノロジー大手、は5月までに+7.1%の上昇。株式がブームなうちに行動を起こしましょう。40%割引で開始

7月30日:日本新発10年物国債利回りの急上昇、ドル円、世界の株価指数、人民元、原油

発行済 2018-07-31 15:16
更新済 2020-09-02 15:05
HEIN
-
DX
-
ESM24
-
CL
-
1YMM24
-
NQM24
-
STOXX
-

ポイント
  • 好ましくない決算発表や予定されている金融政策の発表を控え、世界の株価は下落している。
  • 人民元は下落し続けている。
  • 国債買い入れ額の削減を受けて、日本円の長期債(10年物)の利回りは急上昇。
  • 原油は下げパターンを形成、66ドルを下回るかどうかがポイント。

世界の株価指数

ヨーロッパの株価やS&P 500における先物、ダウナスダック100は弱気で週を開けた。その理由として、弱い決算が投資家たちに嫌気されたことや、金融政策の発表をひかえてリスクオフに向かったということが挙げられる。

鉱山株、食品株、飲料株の不調によりSTOXX 600 は下落基調になり、アジア株式市場も低迷した。世界第2位のビール醸造会社のハイネケン(AS:HEIN)は決算発表で予想EPSの1.91ユーロに対し、1.89ユーロであったことを受け、ハイネケン株は下落した。

日本の新発10年物国債利回りの急上昇

日本の新発10年物国債利回りが、過去約1年半で最高値水準まで上昇した。また今週は米連邦準備制度理事会(FRB) イングランド銀行日銀の大きな政策会合が控えている。

日銀による国債買い入れ額の削減が見込まれていることを受け、10年物国債の流通利回りが一時、約1年半ぶりの高水準となる0.1%まで上昇した。

ドル円

USD/JPY 日足チャート

買い入れ額の削減が実際に起こると、高利回りの長期債が投資家たちに購入され、日本円を押し上げることは必然だろう。テクニカル的な側面を見てみると、ドル円は上昇トレンドラインの上で、下降三角持合い(ペナント)を形成している。

ドル安になり三角持合いで下抜けが起こると、円買いに勢いが増し、ビットプライスは売り手を求めて上昇するだろう。

人民元

一方、人民元は先週からの下落を続け、2017年6月以来の最低水準に近づいている。人民元の下降トレンドは、トランプ大統領が中国と欧州連合(EU)による為替操作を非難したことを受けて加速した。そしてこの下落は、株式市場リスクを助長させ、投資家たちはリスクオフに向かっている。このような動向は、米ドル の調整は熟したという分析と合致する。

原油

原油(WTI)日足チャート

WTI クルード原油は0.95% 伸ばし、金曜日の下落分を回復している。テクニカル的な側面を見ると、原油価格は7月13日以降三角持合い(ペナント)を形成している。トレーダーたちにとってこの三角持合いの下抜けは、75ドルからの下落の再開として準備しているだろう。2017年11月以来の上昇トレンドライン(上図:黒線)は66ドルのレベルにあり、このラインが下げトレンドとしての次のポイントであろう。

最新のコメント

次の記事を読み込み中です
当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます