最新ニュース
0
広告なしバージョン。Investing.com をアップグレードしましょう。最大 40% もお得です。 詳細をもっと見る

12月のOPEC総会、非加盟産油国は減産に賛同するか?

執筆: エレン ワルド商品分析2018年11月29日 19:30
jp.investing.com/analysis/article-200196301
12月のOPEC総会、非加盟産油国は減産に賛同するか?
執筆: エレン ワルド   |  2018年11月29日 19:30
保存されました。保存したアイテムを参照してください。
この記事はすでにあなたの保存したアイテムに保存されています
 

※この記事は11月29日10時30分(GMT)に投稿されたものです

原油価格が大きく乱高下している中、11月30日にアルゼンチンで行われるG20首脳会議と12月6-7日に開催されるOPEC総会に注目が集まっている。

世界の3大石油生産国(米国、ロシア、サウジアラビア)の首脳はすべてG20に出席するが、原油価格について話し合われるとは考えられてはいない。G20でアメリカが原油価格の問題について言及することはなく、市場に影響を与えるとも考えづらい。トランプ米大統領はツイッターで原油価格を下げる要求の他に、米国大統領として原油生産に関して制御や影響を与えることはできてはいない。大小さまざまな石油生産関連企業によって米国の原油産業は構成され、財務面を考慮して今後の原油生産方針が決められている。トランプ米大統領は、石油生産に関して関与できることは少ない。

サウジアラビアのモハンマド・ビン・サルマン皇太子とロシアのプーチン大統領はG20で石油生産について議論するかもしれないが、本格的な交渉や合意を期待されてはいない。原油市場へ本格的に影響を与えるのはサウジアラビア、ロシア、他OPEC加盟国による来週のOPEC総会

木曜日のWTI原油は、ロシアのプーチン大統領が現在の原油価格について妥当であるという考えを指し示した後、50ドル以下まで一時下落したこのプーチン大統領の発言によって、OPEC加盟国と非加盟産油国の間で協議されている2年前に実施された協調減産(国ごとに生産配分を決定)に戻る計画に対して疑念が一時的に生じた。

現在では、ベネゼエラやイランによる供給を埋め合わせするために、いくつかのOPEC加盟国と非加盟産油国はこの配分より過剰に生産しているS&Pグローバル・プラッツによると、この分配に対して過剰に生産されている傾向として特に11月のサウジアラビアでは、日量1110万から1130万バレル生産しており、これは日量1006万バレル配分より100万バレル多い。

以前ロシアのアレクサンドル・ノヴァクエネルギー相は、ロシアは減産に対し賛同しないことを述べていた。しかし、これはブレント原油 が60ドル付近まで下落する前である。プーチン大統領はロシアは60ドルであることを歓迎すると述べているが、ノヴァク氏はすでにロシアの石油企業と減産することを協議している

ロシアは、以前の生産配分水準に戻ると考えられる。また、ロシアは慣行的に冬季に生産を減少させているので、減産は都合が良く賛同できると考えられる。

サウジアラビアは2019年の原油市場の安定を目指し減産をする意向である。しかし、減産だけでは影響力が少ないかもしれない。

ロシア、イラク、クウェート、アラブ首長国連邦は1月の生産量を減らす必要がある。これらの国のうち、イラクはずっと配分以上の原油を生産しているため、最大の課題になるだろう。

イランは前回のOPEC総会で配分よりも過剰生産することに反対していたため、配分通りの水準に戻ることについては賛同するとみられるイランの原油生産は10月に減少し、輸出も減少していた。米国の制裁により、輸出がさらに減少する可能性がある。 これはTankerTrackers.comのデータを見ると、11月に入って21日間のイランの輸出はすでに減少していることが確認できる。

もし、この減産の方針が合意されれば、原油生産は日量155万バレル減ることになる。市場はこれは原油価格が上がる兆候と捉えるだろう。

トランプ米大統領にとってこの減産の方針は嬉しいことではないだろう。しかし、原油価格が一バレル10ドルだけの上昇に終わっても、米国のシェールオイル業者は十分恩恵を受けるだろう

12月のOPEC総会、非加盟産油国は減産に賛同するか?
 

関連記事

杉田 勝
ここからのWTI原油の値動き   執筆: 杉田 勝 - 2020年07月02日 1

ナイメックスWTI原油の2nd monthつなぎ足にエリオットとタイムサイクル分析を適用して予測します。原油価格は上昇B波のa波が終了してここから調整の下げがしばらく続く形です。い...

エレン ワルド
米国の原油生産量は頭打ちか? 執筆: エレン ワルド - 2019年11月15日

原油価格を予測するにあたって投資家を悩ませているのが、2020年に米国がどれほどの原油を生産するかという問題である。シェール革命以来、米国の原油生産量は毎年増加しており、遂には日量...

12月のOPEC総会、非加盟産油国は減産に賛同するか?

意見を投稿する

コメントガイドライン

他のユーザーと交流したり、あなたの見通しを他の人と共有したり、筆者に質問するにはコメントを使うことをお勧めします。

我々みんなが高いレベルの議論を維持するために以下の事を心に留めてください。

  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 敬意を示す。否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意:スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • 日本語でのコメントのみ許されています。

スパムや乱用の加害者は、サイトから削除され、Investing.comの裁量により今後の登録が禁じます。

あなたの考えをここに書いてください
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
:にも投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントをありがとうございます。担当者が承認するまでコメントは掲示されません。掲示されるまで少しだけお時間がかかります。
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントにチャートを挿入する
ブロックを確認

本当に%USER_NAME%をブロックしたいですか。

ブロックすると、あなたと%USER_NAME%はお互いのInvesting.comへの投稿を見ることができなくなります。

%USER_NAME%は無事ブロックリストに追加されました

この人のブロックを解除したばかりなので、再度ブロックするには48時間待つ必要があります。

このコメントを報告してください

このコメントについて下記のように感じます

コメントに印がつきました

ありがとうございます!

報告は、確認のため管理担当に送られました
免責条項: Fusion Media would like to remind you that the data contained in this website is not necessarily real-time nor accurate. All CFDs (stocks, indexes, futures) and Forex prices are not provided by exchanges but rather by market makers, and so prices may not be accurate and may differ from the actual market price, meaning prices are indicative and not appropriate for trading purposes. Therefore Fusion Media doesn`t bear any responsibility for any trading losses you might incur as a result of using this data.

Fusion Media or anyone involved with Fusion Media will not accept any liability for loss or damage as a result of reliance on the information including data, quotes, charts and buy/sell signals contained within this website. Please be fully informed regarding the risks and costs associated with trading the financial markets, it is one of the riskiest investment forms possible.
Googleから登録する
または
メールで登録する