最新ニュース
Investing Pro 0
👀 ベゾス、バフェット、バーコウィッツ:彼らのポートフォリオには何があるのでしょう。 データを見る

第3四半期決算まとめ:小売企業とテック企業は復活

執筆: ハリス アンワル/Investing.comETF2019年11月26日 18:03
jp.investing.com/analysis/article-200197957
第3四半期決算まとめ:小売企業とテック企業は復活
執筆: ハリス アンワル/Investing.com   |  2019年11月26日 18:03
保存されました。保存したアイテムを参照してください。
この記事はすでにあなたの保存したアイテムに保存されています
 
 
US500
+1.52%
ポートフォリオに追加/削除する
ウォッチリストに加える。
ポジションを加える

ポジションが以下に追加されました。

お持ちのポートフォリオに名前をつけてください
 
CAT
+7.90%
ポートフォリオに追加/削除する
ウォッチリストに加える。
ポジションを加える

ポジションが以下に追加されました。

お持ちのポートフォリオに名前をつけてください
 
MMM
+8.41%
ポートフォリオに追加/削除する
ウォッチリストに加える。
ポジションを加える

ポジションが以下に追加されました。

お持ちのポートフォリオに名前をつけてください
 
GOOGL
+0.97%
ポートフォリオに追加/削除する
ウォッチリストに加える。
ポジションを加える

ポジションが以下に追加されました。

お持ちのポートフォリオに名前をつけてください
 
AAPL
+0.22%
ポートフォリオに追加/削除する
ウォッチリストに加える。
ポジションを加える

ポジションが以下に追加されました。

お持ちのポートフォリオに名前をつけてください
 
WMT
+0.80%
ポートフォリオに追加/削除する
ウォッチリストに加える。
ポジションを加える

ポジションが以下に追加されました。

お持ちのポートフォリオに名前をつけてください
 

第3四半期決算が軒並み出そろった。第3四半期のテクノロジー企業は、第2四半期の不調から、復活しつつある。

テック企業が今後も好業績を叩き出し続ける場合、テック企業は投資家からの信頼を高め、過去10年間で最高の年を迎えることが予想される。

S&P情報技術指数
S&P情報技術指数

アップル (NASDAQ:AAPL)やグーグル (NASDAQ:GOOG)などのFAANG企業は、突出した第3四半期決算を発表することができていない。しかし、S&P情報技術指数は年初来で41%高となっており、S&P500の24%高をアウトパフォームしている。

テクノロジーセクターを牽引しているのは、半導体銘柄である。ヴァンエック・ベクトル半導体ETF (NYSE:SMH)は、年初来で約50%高となっている。10月だけでも、同ETFは9%以上の上昇を見せている。

ヴァンエック・ベクトル半導体ETF
ヴァンエック・ベクトル半導体ETF

その中でも、半導体企業や半導体製造装置企業は、特に値を上げて取引されている。このことは、景気後退のタイミングにおいても、投資家が半導体需要に対して強気な見通しを持っていることを示唆している。

他方、小売業では、一部の企業が不振に陥っている。ホーム・デポ (NYSE:HD)やコールズ (NYSE:KSS)の決算では、業績の低迷が示された。

ホーム・デポ (NYSE:HD)は、業績低迷の要因として、設備投資が実を結ぶのに時間が掛かったと説明している。同社は過去数年間、オンラインと実店舗の融合を試みてきたが、未だ業績には繋がっていないようだ。

製造業の不振は続く

ウォルマート (NYSE:WMT)は今月、通年業績見通しを上方修正した。また、第3四半期における米国内既存店売上高が、アナリスト予想を上回る前年同期比3.2%増となったことを示した。このことは、消費者の購入単価の上昇を反映している。また、同社のEコマース売上高は前年同期比41%増となった。

他方、小売大手のターゲット (NYSE:TGT)は、堅調な第3四半期決算を発表した後、通年業績見通しを上方修正した。同社は今年、都市部に合わせた小型店舗の導入や、ブランドの強化、販売チャネルの多様化に取り組んでいる。株価は年初来で91%高となっており、その他小売業者をアウトパフォームしている。

強い消費者支出や失業率の低下、賃金の上昇、ガソリン価格の低下などは、小売業者にとって追い風となることが予想される。

好調な小売業に対し、製造業は低調な業績を示している。世界最大手の製造業者であるスリーエム・カンパニー (NYSE:MMM)は10月、2019の業績見通しを下方修正した。同社CEOのMichael Roman氏は、業績不振の要因として、マクロ経済的な環境を挙げた。同社の業績は全面的に低迷しており、工業製品に対する需要減少が窺える。

また、世界最大手の製造業者であるキャタピラー (NYSE:CAT)、約3年ぶりに四半期純利益の減少を発表した。また、第4四半期においても需要は回復しない見通しを明らかにした。

総括

第3四半期の決算シーズンでは、米中貿易摩擦などの不確実な環境下において、テクノロジー企業と小売企業が好業績を叩き出した。しかしながら、業績に対する不確実性は依然として存在しており、第4四半期決算にも目が離せないだろう。

第3四半期決算まとめ:小売企業とテック企業は復活
 

関連記事

大川 正吾
投資信託の基礎 特徴や種類、必要な諸費用等 執筆: 大川 正吾 - 2014年07月28日

 皆さん、こんにちは。 今日は「投資信託の基礎」というテーマで述べたいと思います。皆さんの会社では、確定拠出年金(DC)は導入されていますか? 確定拠出年金の場合、運営管理機関から...

第3四半期決算まとめ:小売企業とテック企業は復活

意見を投稿する

コメントガイドライン

他のユーザーと交流したり、あなたの見通しを他の人と共有したり、筆者に質問するにはコメントを使うことをお勧めします。

我々みんなが高いレベルの議論を維持するために以下の事を心に留めてください。

  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 敬意を示す。否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意:スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • 日本語でのコメントのみ許されています。

スパムや乱用の加害者は、サイトから削除され、Investing.comの裁量により今後の登録が禁じます。

あなたの考えをここに書いてください
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
:にも投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントをありがとうございます。担当者が承認するまでコメントは掲示されません。掲示されるまで少しだけお時間がかかります。
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントにチャートを挿入する
ブロックを確認

本当に%USER_NAME%をブロックしたいですか。

ブロックすると、あなたと%USER_NAME%はお互いのInvesting.comへの投稿を見ることができなくなります。

%USER_NAME%は無事ブロックリストに追加されました

この人のブロックを解除したばかりなので、再度ブロックするには48時間待つ必要があります。

このコメントを報告してください

このコメントについて下記のように感じます

コメントに印がつきました

ありがとうございます!

報告は、確認のため管理担当に送られました
Googleアカウントを使用シヨウ
または
メールで登録する