🟢 市場は上昇しています。当社コミュニティの12万人を超えるメンバーは、すべてそれにどう対応すべきか知っています。
お客様もお分かりですよね。
40%割引で開始

第3四半期決算まとめ:小売企業とテック企業は復活

発行済 2019-11-26 18:03
更新済 2023-07-09 19:31
US500
-
CAT
-
MMM
-
GOOGL
-
AAPL
-
WMT
-
HD
-
KSS
-
TGT
-
SMH
-
GOOG
-
SPLRCT
-

第3四半期決算が軒並み出そろった。第3四半期のテクノロジー企業は、第2四半期の不調から、復活しつつある。

テック企業が今後も好業績を叩き出し続ける場合、テック企業は投資家からの信頼を高め、過去10年間で最高の年を迎えることが予想される。

S&P情報技術指数

アップル (NASDAQ:AAPL)やグーグル (NASDAQ:GOOG)などのFAANG企業は、突出した第3四半期決算を発表することができていない。しかし、S&P情報技術指数は年初来で41%高となっており、S&P500の24%高をアウトパフォームしている。

テクノロジーセクターを牽引しているのは、半導体銘柄である。ヴァンエック・ベクトル半導体ETF (NYSE:SMH)は、年初来で約50%高となっている。10月だけでも、同ETFは9%以上の上昇を見せている。

ヴァンエック・ベクトル半導体ETF

その中でも、半導体企業や半導体製造装置企業は、特に値を上げて取引されている。このことは、景気後退のタイミングにおいても、投資家が半導体需要に対して強気な見通しを持っていることを示唆している。

他方、小売業では、一部の企業が不振に陥っている。ホーム・デポ (NYSE:HD)やコールズ (NYSE:KSS)の決算では、業績の低迷が示された。

ホーム・デポ (NYSE:HD)は、業績低迷の要因として、設備投資が実を結ぶのに時間が掛かったと説明している。同社は過去数年間、オンラインと実店舗の融合を試みてきたが、未だ業績には繋がっていないようだ。

製造業の不振は続く

ウォルマート (NYSE:WMT)は今月、通年業績見通しを上方修正した。また、第3四半期における米国内既存店売上高が、アナリスト予想を上回る前年同期比3.2%増となったことを示した。このことは、消費者の購入単価の上昇を反映している。また、同社のEコマース売上高は前年同期比41%増となった。

他方、小売大手のターゲット (NYSE:TGT)は、堅調な第3四半期決算を発表した後、通年業績見通しを上方修正した。同社は今年、都市部に合わせた小型店舗の導入や、ブランドの強化、販売チャネルの多様化に取り組んでいる。株価は年初来で91%高となっており、その他小売業者をアウトパフォームしている。

強い消費者支出や失業率の低下、賃金の上昇、ガソリン価格の低下などは、小売業者にとって追い風となることが予想される。

好調な小売業に対し、製造業は低調な業績を示している。世界最大手の製造業者であるスリーエム・カンパニー (NYSE:MMM)は10月、2019の業績見通しを下方修正した。同社CEOのMichael Roman氏は、業績不振の要因として、マクロ経済的な環境を挙げた。同社の業績は全面的に低迷しており、工業製品に対する需要減少が窺える。

また、世界最大手の製造業者であるキャタピラー (NYSE:CAT)、約3年ぶりに四半期純利益の減少を発表した。また、第4四半期においても需要は回復しない見通しを明らかにした。

総括

第3四半期の決算シーズンでは、米中貿易摩擦などの不確実な環境下において、テクノロジー企業と小売企業が好業績を叩き出した。しかしながら、業績に対する不確実性は依然として存在しており、第4四半期決算にも目が離せないだろう。

最新のコメント

次の記事を読み込み中です
当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます