最新ニュース
0
広告なしバージョン。Investing.com をアップグレードしましょう。最大 40% もお得です。 詳細をもっと見る

値を上げる原油市場、注目すべき石油メジャー3銘柄

執筆: ハリス アンワル/Investing.com商品分析2020年01月07日 18:49
jp.investing.com/analysis/article-200198112
値を上げる原油市場、注目すべき石油メジャー3銘柄
執筆: ハリス アンワル/Investing.com   |  2020年01月07日 18:49
保存されました。保存したアイテムを参照してください。
この記事はすでにあなたの保存したアイテムに保存されています
 

米イラン間の緊張が高まる中、石油関連銘柄へ注目が集まっている。中東情勢の緊迫化への懸念から、今週の原油価格は値を上げて取引されている。

アメリカ軍によるイランのソレイマニ司令官の殺害の後、6日の原油価格は1バレルあたり70ドルを上回った。米国務省は、サウジアラビアの軍事基地とエネルギー施設周辺へのミサイル攻撃の「危険性が高まった」と警鐘を鳴らした。

ドナルド・トランプ米大統領は、イランが報復に出た場合、52カ所を標的にする用意があると牽制した。昨年9月にサウジの生産施設が攻撃を受けた際、世界全体における原油生産量の5%が損なわれた。

複数の大型原油銘柄への投資は、今回のような中東情勢の緊迫化からポートフォリオを守ることができる。昨年は米大型原油銘柄が株式市場をアンダーパフォームし、この戦略は魅力的ではなかった。

S&P500が過去1年間で約25%高となった一方、エネルギー・セレクト・セクターSPDRファンド(NYSE:XLE)は同期間で横ばいとなった。しかし、原油銘柄への投資はすぐに身を結ぶものではない。

XLE週足チャート
XLE週足チャート

原油銘柄へ投資する際は、財務状況やキャッシュフローが良好であり、高配当な銘柄を選択するべきである。

原油市場の高い不確実性を考えると、これは理にかなっている選択方法である。例えば、シェール革命を受け、最大の産油国はサウジから米国へ入れ替わった。

原油供給への懸念

米国は2019年9月、70年ぶりに原油輸出が輸入を上回る「純輸出国」となった。ブルームバーグによると、11月末時点の1日当たりの原油生産量は1290万バレルとなっており、イランやイラク、クウェート、アラブ首長国連邦の合計量を上回った。

現在の米イラン対立が悪化した場合、原油価格は昨年のアナリスト予想をはるかに上回る可能性がある。これは、投資家にとっては短期的な収益機会となり得る。

しかし、一部のアナリストは原油が反落すると見ている。ゴールドマン・サックスのアナリストは、原油供給に大きな影響がない場合、数週間で原油が反落する可能性があると述べた。また、原油需要を支える世界経済の成長は、限定的であるとの見方を示した。

我々の見解では、シェブロン (NYSE:CVX)などの高配当な石油メジャーへの投資がより望ましい。同株は、25%の自社株買い増額や6%の増配を実施し、2019年に大きく値を上げた。同社のマイク・ワースCEOは、設備投資以上に投資家還元へ注力している。年間配当利回りは4%、四半期配当額が1.19ドルとなっている。

よりリスクが高く、6%の配当利回りを望む投資家には、ロイヤル・ダッチ・シェル(NYSE:RDSa)がお勧めである。同社は、石油から天然ガスや電力へ事業をシフトしてきた。また、以前250億ドル規模の自社株買いを実施した。四半期配当額は0.42ドルとなっている。

また、高配当という点においては、ブリティッシュ・ペトロリアム(LON:BP)もお勧めである。同社の配当利回りは6.45%、四半期配当額は0.615ドルとなっている。しかし、配当額は2014年以降で5%増となっており、現金不足が示唆される。

同社が現金不足に陥る要因の1つとして、2010年のメキシコ湾原油流出事故が挙げられる。同社は依然としてその賠償金を支払い続けている。しかし、原油価格が上昇を続ける場合、同社は予想を上回る現金を創出できるだろう。

総括

原油市場と連動する変動の激しい原油銘柄への投資は、リスクが伴う。長期志向の投資家は、高配当で財務が盤石な原油銘柄へ投資すべきだ。

値を上げる原油市場、注目すべき石油メジャー3銘柄
 

関連記事

杉田 勝
ここからのWTI原油の値動き   執筆: 杉田 勝 - 2020年07月02日 1

ナイメックスWTI原油の2nd monthつなぎ足にエリオットとタイムサイクル分析を適用して予測します。原油価格は上昇B波のa波が終了してここから調整の下げがしばらく続く形です。い...

値を上げる原油市場、注目すべき石油メジャー3銘柄

意見を投稿する

コメントガイドライン

他のユーザーと交流したり、あなたの見通しを他の人と共有したり、筆者に質問するにはコメントを使うことをお勧めします。

我々みんなが高いレベルの議論を維持するために以下の事を心に留めてください。

  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 敬意を示す。否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意:スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • 日本語でのコメントのみ許されています。

スパムや乱用の加害者は、サイトから削除され、Investing.comの裁量により今後の登録が禁じます。

あなたの考えをここに書いてください
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
:にも投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントをありがとうございます。担当者が承認するまでコメントは掲示されません。掲示されるまで少しだけお時間がかかります。
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントにチャートを挿入する
ブロックを確認

本当に%USER_NAME%をブロックしたいですか。

ブロックすると、あなたと%USER_NAME%はお互いのInvesting.comへの投稿を見ることができなくなります。

%USER_NAME%は無事ブロックリストに追加されました

この人のブロックを解除したばかりなので、再度ブロックするには48時間待つ必要があります。

このコメントを報告してください

このコメントについて下記のように感じます

コメントに印がつきました

ありがとうございます!

報告は、確認のため管理担当に送られました
Googleから登録する
または
メールで登録する