プレミアムデータをご提供:最大 50% 引きでInvestingPro特別セールを請求する

【米国株】新型ウイルス下でおすすめの不況に強い大型3銘柄

発行済 2020-06-02 16:06
更新済 2023-07-09 19:31
US500
-
MSFT
-
MCD
-
SPY
-
WMT
-

新型コロナウイルスによる不況をよそに、S&P500は3月中旬以降で2カ月続伸となっている。

しかし、景気の見通しは明るいものではない。新型ウイルスは依然として解決されておらず、今後深刻な不況が予想されている

このような環境下では、市場の下降局面でアウトルームする傾向のある大型株や低リスクの銘柄を、ポートフォリオに組み入れるべきである。

本稿では以下の3銘柄を紹介する。

1.マクドナルド

多くの地域で人々が外出を控える中、一見マクドナルド (NYSE:MCD)は良い銘柄ではないように考えられる。しかし、過去の歴史を振り返ると、同株が不況に強い銘柄であることが分かる。

マクドナルド週足チャート

調査会社のBaird社によると、同株は2008、2009年に大きく値を上げており、今回も同様に値を上げる可能性がある。

「マクドナルドは売上減やキャッシュフローの問題に悩むフランチャイズ加盟店を十分にサポートでき、歴史的にも不況に強い銘柄である」

また、同株をお勧めする理由として、安定的な配当が挙げられる。1976年に配当を開始して以降、毎年増配を実施している。現在、配当利回りが2.65%、四半期配当額が1.25ドルとなっている。

同株は新型ウイルス流行以前の高値から14%以上値を下げている。長期投資家にとって、今が絶好のエントリーポイントかもしれない。

2.ウォルマート

不況下においては、日常に欠かせない企業をポートフォリオに組み入れるべきである。米小売大手のウォルマート (NYSE:WMT)も、不況に強い銘柄の1つである。

ウォルマート週足チャート

4月中旬に過去最高値である133ドルを記録した後、ここ数週間で値を下げている。

大規模な店舗網とEコマースの2つを軸に据えた同社の戦略は、四半期決算を見る限り明らかに成功している。

さらに、同社は安定的に配当を支払っている。

2020年始め、同社は四半期配当を4%増の0.54ドルとすることを表明した。同社は過去46年間、毎年増配を実施している。

3.マイクロソフト

テクノロジーセクターでは、マイクロソフト (NASDAQ:MSFT)がおすすめである。

マイクロソフト週足チャート

世界中で在宅勤務が加速し、同社のクラウドサービスやゲームなどへの需要が高まっている。

「新型ウイルスを受け、この2カ月間で2年分のデジタルトランスフォーメーションが起きている」と同社CEOのサティア・ナデラ氏は述べた。

新型ウイルスの影響で同社サービスのTeamsは需要が高まっており、1日のアクティブユーザー数は7500万人に達し、3月上旬の2倍以上となっている。

また、同社は安定的に配当を支払っている。配当支払いを2004年に開始して以降、配当額は400%以上増加している。

同社の配当利回りは1.12%、四半期配当額が0.51ドルとなっている。

弱気相場においては、安定的に配当を支払う企業はアウトパフォームする可能性が高い。

最新のコメント

次の記事を読み込み中です
当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます