プレミアムデータをご提供:最大 50% 引きでInvestingPro特別セールを請求する

新型コロナが懸念される中、おすすめの高配当3銘柄

発行済 2020-07-03 11:43
更新済 2023-07-09 19:31
MSFT
-
AMZN
-
WMT
-
PG
-

過去を振り返ると、先行きが不透明な中では、安定して配当を支払う銘柄に投資すべきである。

しかし、新型コロナウイルスの影響で、ほとんどの企業は収益を損なっている。

そのため、これまで安定的に配当を支払ってきた企業も、減配や配当の停止を余儀なくされている。

2020年下半期においても、新型ウイルスの流行は終わりが見えない。米国では、一部の州の経済活動再開が中断されている。.

以下では、健全なバランスシートや豊富なキャッシュなどを有する優良銘柄を3つ紹介する。

1.ウォルマート

米小売大手のウォルマート (NYSE:WMT)は、現在の環境下で堅実な回復を見せてきた。アナリストの予想によると、同株は今後12カ月で二桁の上昇を遂げると見られている。同株は年初来ではほぼ横ばいとなっている。

UBSは先週、ウォルマートの生産性の向上やEコマースの成長などを評価し、同株を「中立」から「買い」に格上げした。

WMT 週足チャート

世界最大の小売企業の同社は、株主還元においても定評がある。今年初め、同社は四半期配当を4%増配して1株当たり0.54ドルとし、配当利回りは1.8%となった。

同社は過去46年間、毎年増配を続けてきた。

アマゾン (NASDAQ:AMZN)との競争が激化する中、Eコマース事業が伸びている場合は特におすすめである。

2.マイクロソフト

多くの人はマイクロソフト (NASDAQ:MSFT)を、成長過程のテクノロジー企業として捉えている。しかし、マイクロソフトは現在の様な不確実な環境において、最も安全な銘柄の1つである。

同社はクラウドコンピューティングへの投資やOfficeの強さなどから恩恵を受けている。さらに、同社は競合と比較して、稼ぎ頭のビジネスを有している。

同社はパソコンのOSにおいて82%のシェアを持ち、ライセンス料を通じて安定的にキャッシュを獲得している。さらに、サブスクリプションサービスのOfficeも、強力な収入源となっている。

安定的なインカムゲインを望む投資家には、マイクロソフトがお勧めである。今後、どんなに不確実な環境になったとしても、長期に渡って配当を支払い続けられるだろう。

MSFT週足チャート

そして、マイクロソフトはこれまで、積極的に株主還元してきた。2004年に配当を支払い始めてから、配当は約5倍となっている。

配当の伸びは、わずか34.76%という低い配当性向と、強力なビジネスモデルに下支えされている。同社は1株あたり0.51ドルの配当を支払っており、配当利回りは約1%となっている。

配当利回りは低く見えるが、同社が成長し続けている企業であることを留意すべきである。同株は過去5年間で361%のリターンをもたらしている。同社はインカムゲインだけでなく、キャピタルゲインも狙える企業である。

3.P&G

消費財メーカーのP&G(NYSE:PG)も、安定的な収益源となるだろう。現在の配当利回りは2.65%となっている。また、同社は61年連続で増配を続けている。

同社は、パンパースの紙おむつやタイドの洗濯洗剤、ミスタークリーンのホームケア製品、ヴィックスの風邪薬、チャーミンのトイレットペーパーなど、世界的に認知されているブランドを多く有し、不確実な環境下でも収益の成長を維持できる。

PG週足チャート

アナリスト予想によると、医薬品や衛生製品の需要増を受けて、同社の収益は今後12カ月で2桁成長を遂げるという。第1四半期決算では、米国内売上高が過去数十年で最大の伸びを記録した。

同社の経営陣は、消費者のライフスタイルが変化しても、同社製品への需要は変わらないと語っている。

同株の配当性向は66%で、今後増配の余地がある。また、四半期配当は0.79ドルとなっている。

最新のコメント

次の記事を読み込み中です
当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます