最新ニュース
Investing Pro 0
新年セール、最大40%引きでInvestingPro+ 特典の請求

今週注目するべき3株:FedEx、Adobe、Pfizer

執筆: Investing.com (ハリス アンワル/Investing.com)株式市場2021年12月12日 20:06
jp.investing.com/analysis/article-200203061
今週注目するべき3株:FedEx、Adobe、Pfizer
執筆: Investing.com (ハリス アンワル/Investing.com)   |  2021年12月12日 20:06
保存されました。保存したアイテムを参照してください。
この記事はすでにあなたの保存したアイテムに保存されています
 
 
US500
+1.10%
ポートフォリオに追加/削除する
ウォッチリストに加える。
ポジションを加える

ポジションが以下に追加されました。

お持ちのポートフォリオに名前をつけてください
 
DJI
+0.61%
ポートフォリオに追加/削除する
ウォッチリストに加える。
ポジションを加える

ポジションが以下に追加されました。

お持ちのポートフォリオに名前をつけてください
 
FDX
+1.24%
ポートフォリオに追加/削除する
ウォッチリストに加える。
ポジションを加える

ポジションが以下に追加されました。

お持ちのポートフォリオに名前をつけてください
 
ADBE
+2.14%
ポートフォリオに追加/削除する
ウォッチリストに加える。
ポジションを加える

ポジションが以下に追加されました。

お持ちのポートフォリオに名前をつけてください
 
PFE
-0.92%
ポートフォリオに追加/削除する
ウォッチリストに加える。
ポジションを加える

ポジションが以下に追加されました。

お持ちのポートフォリオに名前をつけてください
 
CRM
+5.71%
ポートフォリオに追加/削除する
ウォッチリストに加える。
ポジションを加える

ポジションが以下に追加されました。

お持ちのポートフォリオに名前をつけてください
 

今週FRBは2日間の会合を控えており、その後パウエル総裁は記者会見を予定している。発言内容によっては米国株は再び変動性の高い市場環境となるかもしれない。不透明感が高い中、投資家は将来的な利上げに関して何らかの手がかりとなるような内容が聞けるかに注目している。

オミクロン株の脅威が米国経済の回復に冷水になるとの懸念から、中央銀行は金融緩和の縮小を行わないだろうとの思惑が強まり、先週金曜日に米国株式市場は上昇基調を強める展開となった。

インフレ率が39年来の高水準となったにもかかわらず、S&P 500種指数は金曜日に最高値を更新した。先週月曜からダウ工業株平均は4%上昇し、これまでの4週連続の下落から反発した。S&P 500種指数とNASDAQ総合指数は先週それぞれ3.8%、3.6%上昇し、週次リターンとしてはこれはいずれも2月以来の高位な水準となった。

しかし、特に足元FRBがどのようにインフレに対して対応していくのかについての材料が少ないことから、多くのアナリストは今週も高位なボラティリティが続くのではないかと警戒している。

FRBの記者会見が今週最も重要なイベントになると思われるが、企業決算にも目が離せない。ここに注目するべき3株を紹介する。

1. FedEx

世界最大の配達大手FedEx (NYSE:FDX)は12月16日(木)の引け後に2022年会計年度の第2四半期決算を発表する。アナリストは1株あたり利益4.27ドル。売上224.1億ドルを予想している。

FDX Weekly TTM
FDX Weekly TTM

同社の決算は他の米国企業の第4四半期決算よりも約1ヶ月ほど早く発表されるが、配達事業はグローバル経済の動向を代弁するものとして注目が集まるものだ。

特に足元サプライ・チェーンの停滞がグローバル全体で問題となっているため、同社の決算状況は貿易や事業投資の問題に対する早期の警戒シグナルとなる可能性もある。

コスト上昇や出荷の伸び悩み、労働市場の過熱などを受けて、9月に発表した決算がアナリストの四半期決算予想を下回る結果となった後に、同社は年間収益の見通しを下方修正した。同社は前年よりも450百万ドルのコスト増があったと見積もっている。

過去6ヶ月間で同社株価は16%程度落ち込んでおり、先週金曜日は246.28ドルで引けている。

2. Adobe Systems

Adobe Systems (NASDAQ:ADBE) は12月16日(木)の取引開始前に第4四半期決算を発表する。1株あたり利益3.20ドル、売上41億ドルをアナリストは見込んでいる。

ADBE Weekly TTM
ADBE Weekly TTM

最高経営責任者のShantanu Narayeは、同社が目指す年間成長目標20%を達成するため、今年8月に動画コラボレーション・ソフトを手掛けるスタートアップ企業であるFrame.io社を13億ドルで買収した。Adobe社は在宅勤務で需要が増したPDFや電子署名ソフトなど手掛ける書類関連のクラウド商品からも追い風を受けている。

9月の企業決算時には第4四半期はデジタル・メディアからの収益およびデジタル体験からの収益はそれぞれ約20%、22%成長するだろうとの見通しを有していた。

同社はマーケティングおよびEコマース関連テクノロジー部門でSalesforce.com (NYSE:CRM)と競合しているが、中核事業であるクリエイティブなソフトウェア事業を強化することで提供サービスを広げ、成長を加速させようとしている。

同社株は年初来約30%上昇し、金曜日は654.45ドルで取引を終えている。

3. Pfizer

南アフリカで実施された臨床実験では、オミクロン株に対するPfizer (NYSE:PFE)製の2回のワクチンの有効性は22.5%であるが、重症化リスクは抑えられるとBloombergが報じた。

オミクロン株に対する抗体を持つためには3回目の接種が必要であるとの見解を同社は先週示している。

PFE Weekly TTM
PFE Weekly TTM

この発表を受けて、世界はドイツのBioNTech SE (NASDAQ:BNTX)と同社が共同開発しているワクチンが今後より必要であると投資家が判断したことで、同社株は下支えされた。

2020年3月の下落から同社株は2倍程度に上昇している。前四半期に約16%上昇した後、先週金曜日は52.78ドルで引けた。

ーーー

リスク開示書: 金融商品や暗号資産の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。暗号資産の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。

金融商品または暗号資産の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。

Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。

Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。

Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。 上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある場合は英語版が優先されます。

今週注目するべき3株:FedEx、Adobe、Pfizer
 

関連記事

今週注目するべき3株:FedEx、Adobe、Pfizer

意見を投稿する

コメントガイドライン

他のユーザーと交流したり、あなたの見通しを他の人と共有したり、筆者に質問するにはコメントを使うことをお勧めします。

我々みんなが高いレベルの議論を維持するために以下の事を心に留めてください。

  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 敬意を示す。否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意:スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • 日本語でのコメントのみ許されています。

スパムや乱用の加害者は、サイトから削除され、Investing.comの裁量により今後の登録が禁じます。

あなたの考えをここに書いてください
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
:にも投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントをありがとうございます。担当者が承認するまでコメントは掲示されません。掲示されるまで少しだけお時間がかかります。
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントにチャートを挿入する
ブロックを確認

本当に%USER_NAME%をブロックしたいですか。

ブロックすると、あなたと%USER_NAME%はお互いのInvesting.comへの投稿を見ることができなくなります。

%USER_NAME%は無事ブロックリストに追加されました

この人のブロックを解除したばかりなので、再度ブロックするには48時間待つ必要があります。

このコメントを報告してください

このコメントについて下記のように感じます

コメントに印がつきました

ありがとうございます!

報告は、確認のため管理担当に送られました
Googleから登録する
または
メールで登録する