🔥 当社AIが選択した株式戦略、テクノロジー大手、は5月までに+7.1%の上昇。株式がブームなうちに行動を起こしましょう。40%割引で開始

暗号資産が「まだ」急上昇しない3つの理由

発行済 2022-03-07 22:44
更新済 2023-07-09 19:31
XAU/USD
-
GC
-
BTC/USD
-
BMC
-
ETH/USD
-

当記事はInvesting.comの独占記事 

  • 新たな資産クラス

  • 弱気トレンドが継続 

  • 1. 政府はブロックチェーン技術は好きだが、暗号資産は嫌い

  • 2. 昨年11月の高値から弱気へと反転

  • 3. 安全資産に資金が流れる展開

  • 暗号資産が底打ちした可能性、戦争と地政学的緊張で強気の導火線が再点火する今後の反発に期待

ロシアのプーチン大統領は、ウクライナを自国の西部に過ぎないと考える歴史的理由を数週間にわたって説明した後、2月24日、20万人近い軍隊にウクライナへの侵攻を命じた。米国、欧州、そしてウクライナ自身は、この東欧の国を主権的な領土と考えている。

この侵攻は、世界の政府、国民、そして金融市場を圧迫する一連の地政学的リスクを引き起こし、最近の脅威の中で最も憂慮すべきものとなっている。

市場関係者の中には、比較的新しい暗号資産は、インフレに対するヘッジと地政学的混乱の際の安全資産として使用できると考える人もいる。2022年3月初旬、インフレが猛威を振るい、世界の政治情勢が悪化し、再び世界大戦が起こる可能性が1945年以来最も高いレベルにある中、なぜ暗号資産は低迷しているままなのだろうか。

新たな資産クラス

ビットコインが登場したのは2010年だが、暗号資産の市場の歴史はさらに新しいものである。デジタル通貨が大衆の関心を集めたのは、過去5年間のことに過ぎない。

2017年後半のビットコイン先物の導入は、有力な暗号資産を主流にし、価格を1トークンあたり2万ドル超に押し上げた。しかし、このトークンは極めて不安定な状況の中で高値を更新していた。

2010年、ビットコインは1トークンあたり5セントで取引されていた。2013年後半には1,135.45ドルの高値まで上昇し、その後、2017年に爆発的に上昇するまで1,000ドルを下回っていた。ここ数年、年間のレンジは信じられないようなものばかりである。

  • 2017年のレンジは762.38ドルから19,862ドル

  • 2018年のレンジは3,158.10ドルから17,224.62ドル

  • 2019年のレンジ3,355.25ドルから13,844.30ドル

  • 2020年のレンジ3,925.27ドルから29,301.78ドル

  • 2021年のレンジ28,957.79ドルから68,906.48ドル

これまで2022年の暗号資産のレンジは、33,076.69ドルから47,937.17ドルの間であった。ビットコインの2022年の安値は、安値更新のパターンを続けており、高値更新の可能性がある2022年の期間は残り75%となっている。

地政学的リスクは高まっているものの、3つの要因が2022年3月上旬までの暗号資産価値の重しとなっている。しかし、高値更新の可能性は高まっている。 

弱気トレンドが継続

11月24日、CMEビットコイン先物は過去最高値の69,355ドルを記録した。その後、上昇力は完全に使い果たしたような値動きだ。

Bitcoin Futures 週次チャート

出所:CQG

その後、ビットコインは安値圏での高値を更新している。週足チャートが強調しているように、代表的な暗号資産が半分以上の価値を失う中、ビットコイン先物は1月24日にトークンあたり32,855ドルの安値まで下落した。

また値動きは1月24日の安値を下回ってはおらず、ビットコインは2月下旬に34,295ドルの高値をつけている。高値圏からの下落と最近の安値圏からの上昇というパターンは、ウェッジを形成する展開であり、より大きな上下動が控えていることを示唆している。

ビットコインは最も不安定な資産の1つであるため、主要な暗号資産が爆発的に上昇するか、再び安値に落ちるかを決定するのに時間はかからないかもしれない。

2022年初頭の過去数週間、ビットコインや他の暗号資産の大規模な上昇しなかった理由としては、3つの要因が挙げられる。

1. 政府はブロックチェーン技術は好きだが、暗号資産は敬遠

投機筋や多くの市場参加者は、暗号資産を主流の資産クラスとして受け入れている。しかし、政府はその支持者に含まれていない。

規制当局の批判の多くは、政府の管理や法執行のレーダーをかいくぐる匿名通貨の違法利用を中心に据えている。しかし根本的な懸念は、暗号通貨が、グローバルな金融システムから法定通貨を注入したり、引き出したりすることによって、政府が通貨供給を拡大または縮小する能力を混乱させるということだろう。

それにもかかわらず、暗号資産を支えるブロックチェーン技術は、金融取引のスピード、効率、記録管理を向上させ、フィンテック革命の本質であるとして、各国政府が受け入れている。同時に、暗号資産がマネー・サプライをコントロールするという脅威があるため、政府はサイバースペースに漂う18,000以上のトークンという急成長中の資産クラスを拒絶し、憎悪しているのだ。

2. 昨年11月の高値から弱気へと反転

暗号通貨の代表格であるビットコインとイーサリアムは、過去数年にわたり高いボラティリティに直面している。2021年11月10日、両者は史上最高値を更新した。また両者とも価格が半値以上になる弱気な反転を経験した。

BTC/USD 日次チャート

出所:Barchart

チャートをみると、ビットコインは11月10日に過去最高値まで上昇し、11月9日の安値を下回って取引を終え、日足チャートに弱気のキー・リバーサル・パターンを入れていることがわかる。売り手が買い手を圧倒したため、反転後に価格は暴落したのだ。 

イーサリアム 日次チャート
 

出所:Barchart

上のチャートは、2番手の暗号イーサリアムが11月10日に同じ弱気パターンに入り、1月24日の安値で半分以下にまで下落したことを示している。

このテクニカルな反転により、暗号資産の後発組の多くが、ビットコイン、イーサリアムに続いて暴落した。損失を経験した後、暗号資産が底打ちの兆しをみせても、無数の市場参加者が傍観したままで買いに動いていない。

3. 安全資産に資金が流れる展開

暗号資産が存在するずっと前から、は究極の安全資産であった。しかし、ビットコインやその他の暗号資産が2021年11月の高値まで爆発的に上昇し、その後弱気な反転の後に崩壊する前まで、多くの投資家が暗号資産こそが別の安全な避難先であると考えた。この間、古典的な安全資産である貴金属は、高値圏から下落し、安値圏から上昇するというウェッジ・パターンを形成し、弱気な展開となった。

  Gold 週次チャート
 

出所:CQG

金が1オンスあたり2,063ドルで過去最高値を記録した2020年8月以降、高値を更新してきた貴金属は、2021年3月に安値更新を開始した。2022年2月中に、金はそのパターンから上方にブレイクアウトした。

1年以上、1オンスあたり1800ドルが、ウェッジ・パターンから上方に抜ける前の金のピボット・ポイントとなっていた。先週末、金は1オンスあたり1,970ドルを超える水準で取引されていたが、今朝、2,000ドルを一気に超えた。明らかに、ウェッジ・パターンは強気トレンドに変化している。

このように、金のテクニカルな位置づけが、市場参加者が暗号通貨よりも貴金属を好む原因になっていると思われる。しかし経済的、政治的ストレスのある時に暗号資産を簡単に移動できることを考えると、暗号資産は資金の逃避先として適しており、デジタル通貨の上昇に好都合である。暗号資産は簡単に持ち運びができ、匿名性が高く、他の資産の代わりになる流動性の高いものなのだ。

暗号資産が底打ちした可能性、戦争と地政学的緊張で強気の導火線が再点火する今後の反発に期待

ソ連の指導者ウラジーミル・イリイチ・レーニンの有名な言葉がある。

「何も起こらない数十年があり、数十年分のイベントが起こる週がある」

ロシアのウクライナ侵攻後、彼の言葉は予言のようで胸に響く。地政学的な風景を変え、世界中の人々が新しいダイナミズムのリスクに適応することを余儀なくされた。ウクライナでの戦争は、中国が台湾の息の根を止め、ロシアが旧ソビエト連邦の再現を目指す中、急成長する資産クラスの価値を高めるものになると考えている。

ビットコイン、イーサリアム、その他の暗号資産が、3月7日に11月10日の高値よりも1月24日の安値に近い位置に留まっている理由は理解できる。しかし、ロシアの侵攻によって地政学的な動きが劇的に変化し、それによって暗号資産を所有する局面が増えた。

金がそうであったように、この資産クラスも新高値を更新すると考えている。同様に、暗号資産のウェッジ・パターンが上昇に転じる公算が大きくなっている。

最新のコメント

次の記事を読み込み中です
当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます