株式会社SCREENホールディングス (7735)

東京
9,300.0
-260.0(-2.72%)
  • 出来高:
    600,600
  • 売値/買値:
    9,290.0/9,300.0
  • 日中安値/高値:
    9,210.0 - 9,470.0
  • タイプ:株式
  • 市場:日本
  • ISIN:JP3494600004

7735 概要

前日終値
9,560
日中安値/高値
9,210-9,470
売上
320.32B
始値
9,410
52週高値/安値
4,995-11,330
1株当たり利益
308.34
出来高
600,600
時価総額
433.04B
配当
155.00
(1.62%)
平均出来高 (3か月)
520,493
PER (株価収益率)
31.01
ベータ
1.33
1年の変動
73.3%
発行済株式
46,563,816
次の決算日
2021年7月27日
株式会社SCREENホールディングスの相場を予想しよう!
または
市場は現在開いていません。投票は市場時間の間しか行えません。

株式会社SCREENホールディングス ニュース

テクニカルサマリー

タイプ
5 分
15 分
1時間足
日足
月単位
移動平均中立売り強い売り強い売り買い
テクニカル指標買い強い売り強い売り強い売り強い買い
サマリー中立強い売り強い売り強い売り強い買い

株式会社SCREENホールディングス 企業情報

株式会社SCREENホールディングス 企業情報

セクター
ハイテク
従業員数
5982
市場
日本

SCREENホールディングスは、半導体製造装置、印刷関連機器、ディスプレー製造装置、成膜装置及びプリント基板関連機器の製造・販売を主な事業とし、さらにそれらに関連する研究・開発及びサービス等の事業を行う。【事業内容】4つの事業セグメントで構成される。半導体製造装置事業(SE)は、半導体製造装置の開発、製造、販売及び保守サービスを行う。グラフィックアーツ機器事業(GA)は、印刷関連機器の開発、製造、販売及び保守サービスを行う。ディスプレー製造装置及び成膜装置事業(FT)は、ディスプレー製造装置及び成膜装置の開発、製造、販売及び保守サービスを行う。プリント基板関連機器事業(PE)は、プリント基板関連機器の開発、製造、販売及び保守サービスを行う。また、ライフサイエンス分野の機器及び車載用部品検査装置の開発・製造・販売、ソフトウェアの開発、印刷物の企画・制作等の事業も行う。

詳細を読む
  • 伝染病の後の株式市場はどうなりますか?短期的には市場の個別銘柄が真剣に差別化され、市場の基本的な損失が深刻です。[Stock Exchange Group]は、個々の投資家を心から招待しての議論や交流に参加し、純粋な投資技術、株式市場の情報、および個人株式の共有を交換します!このグループは、毎日の株式市場情報、個々の株式の人気テーマと個々の株式の共有を提供しています。技術共有!個人の株式保有のソリューションは、学び、コミュニケーションするためにグループに入りたい友人は、まずグループ管理者の行を追加して、次へをクリックしてください:カカオトーク:Lilei123 line:yyynbv123
    0
    • 三菱地
      0
      免責条項 Fusion Mediaによるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Mediaおよび当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
      Fusion MediaまたはFusion Mediaの関係者はすべて、データ、レート、チャートや売買シグナルを含む当サイトの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切の責任を負いません。金融市場での取引に関連したリスクやコストに関して、十分にご理解いただきますようお願いいたします。
      上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。