株式会社ディー・エル・イー (3686)

東京
233.0
0.0(0.00%)
  • 出来高:
    848,900
  • 売値/買値:
    233.0/234.0
  • 日中安値/高値:
    226.0 - 248.0
  • タイプ:株式
  • 市場:日本
  • ISIN:JP3548760002

3686 概要

前日終値
233
日中安値/高値
226-248
売上
1.45B
始値
241
52週高値/安値
226-442
1株当たり利益
-10.18
出来高
848,900
時価総額
9.87B
配当
N/A
(N/A)
平均出来高 (3か月)
700,090
PER (株価収益率)
-
ベータ
1.48
1年の変動
-29.18%
発行済株式
42,363,600
次の決算日
2022年2月07日
株式会社ディー・エル・イーの相場を予想しよう!
または
市場は現在開いていません。投票は市場時間の間しか行えません。

株式会社ディー・エル・イー 企業情報

セクター
通信サービス
従業員数
91
市場
日本

ディー・エル・イーグループは、同社及び関係会社(子会社5社と関連会社2社により構成)により構成され、知的財産(IP)の新規開発からソーシャル・キャラクター及び「TOKYO GIRLS COLLECTION」等のIPを活用したマーケティング・サービス、スマートフォン等の企画開発等、映像コンテンツの企画製作及びメディア展開プランの策定・実行までを統合的に手掛けるファスト・エンタテインメント事業を展開する。【事業内容】ファスト・エンタテインメント事業は、ソーシャル・コミュニケーション及びIPクリエイションの2つの領域により構成され、ソーシャル・コミュニケーション領域では、既存IPの活用、IPの新規開発又は第三者が有するIPの使用許諾を得て、主にソーシャル・キャラクター・マーケティング・サービス及びデジタルコンテンツの企画開発及び「TOKYO GIRLS COLLECTION」のIPを活用した事業等を行う。ソーシャル・キャラクター・マーケティング・サービスは、顧客の扱う商品やサービスの紹介、マナーの啓蒙及び観光誘致等の地域活性化のため、キャラクターのソーシャルな特徴を生かして口コミ等により伝播していく広告・マーケティングプラン等の企画提案及びテレビコマーシャルやインターネット動画広告等のデジタルコンテンツ制作等を提供し、主に広告・マーケティング収入等を得る。デジタルコンテンツの企画開発は、キャラクターのソーシャルな特徴を活かしたスマートフォンアプリ、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)向けのゲーム・スタンプ等を企画開発・提供し、主に課金収入・ライセンス収入を得る。TOKYO GIRLS COLLECTION等のライブイベント企画・制作・運営事業、メディア事業、プロモーション事業、プロダクトアライアンス事業、海外事業等を行うことにより収入を得る。その他は、映画興行による配給収入、製作委員会からの分配金収入及びライセンシーからのライセンス料等による権利収入並びにグッズ販売による小売収入を得る。IPクリエイション領域では、IPの映像コンテンツ(アニメーション、スマートフォンアプリ等のデジタルコンテンツ)の企画開発・制作、及び制作後の総合的な展開(テレビ・ウェブ・映画等のメディア展開、グッズ・ゲーム化、イベント運営及び海外展開等)のプランの策定及び実行等により、主に制作収入及び当該IPのプロモーション収入を得る。企画開発・制作の対象となるIPは、同社が開発したオリジナルIPが中心であり、他社が保有するIPのリプロデュースも一部対象とする。

詳細を読む

タイプ
5 分
15 分
1時間足
日足
月単位
移動平均中立売り売り強い売り強い売り
テクニカル指標強い買い強い買い売り強い売り強い売り
サマリー買い中立売り強い売り強い売り
    免責条項 Fusion Mediaによるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Mediaおよび当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
    Fusion MediaまたはFusion Mediaの関係者はすべて、データ、レート、チャートや売買シグナルを含む当サイトの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切の責任を負いません。金融市場での取引に関連したリスクやコストに関して、十分にご理解いただきますようお願いいたします。
    上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。