🧮 それでもゆっくり、古いやり方で株式選択しますか?今こそ、AIの力による株式選択を50%割引で開始

米国市場の下落を受け、日経平均も下落。中国製造業PMIは予想を上回るものの後場も引き続き膠着した展開か

発行済 2019-09-30 11:39
更新済 2019-09-30 12:02
© Reuters.  米国市場の下落を受け、日経平均も下落。中国製造業PMIは予想を上回るものの後場も引き続き膠着した展開か
USD/JPY
-
DJI
-
JP225
-
HK50
-
USD/KRW
-
US10YT=X
-
KS11
-
SSEC
-
USD/CNH
-

金曜日の米国株式市場は主要3指数揃って下落。トランプ政権が米国に上場している中国株の廃止を検討しているとの報道により米中関係悪化懸念が高まり株価は値を下げた。ダウ平均株価は0.26%安で終了している。

10年債利回りは0.63%高、ドル/円は107.94円となっている。

午前10時56分時点での上海総合指数は0.12%安、香港ハンセン指数は0.06%安、韓国総合株価指数は0.16%高とアジア株式市場は概ね下落している。 ドル/オフショア人民元は0.15%安、ドル/ウォンは0.18%安だ。

午前に発表された日本の8月鉱工業生産は前月比1.2%低下の101.5となり、韓国の鉱工業生産は前年同月比で2.9%減少となり、両国ともに米中貿易戦争の影響で厳しい結果となった。一方で、中国製造業PMIは50を下回るものの49.8と前回より上昇し、Caixin(財新)製造業PMIは51.4に上昇している。

日経平均株価は2万1784円と100円近く下落している。金曜日大引け時点での25日騰落率は129.58といまだ過熱圏にあり、先週は週足で久しぶりの陰線と上値の重さが表れてきている。とはいえ、米中貿易協議の結果が出るまでは9月の上昇を打ち消すような大きく崩れる展開は想像しにくい。本日の後場は引き続き上値は重いながらも下値も堅いという膠着した展開になる可能性が高い。

米中閣僚級協議は10月第2週に再開するが、中国は明日から国慶節で祝日であり、米国も今週は刺激的な言動を避ける可能性が高いため、この話題で市場が乱高下する可能性は低いだろう。今週は明日の日銀短観とISM製造業購買担当者景気指数、木曜日のISM非製造業購買担当者景気指数、金曜日の米雇用統計と重要な経済指標が多く発表されるため、この結果が株式市場を動かすだろう。




最新のコメント

当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます