😎 サマーセールだけ - 最大50%引きでAIの力による株式選択をInvestingProで特別セールを請求する

米国株式市場=ナスダック続落、バリュー株などにシフト

発行済 2020-11-11 07:25
更新済 2020-11-11 07:27
US500
-
DJI
-
INTC
-
MSFT
-
AAPL
-
AMZN
-
XLNX
-
NVDA
-
IXIC
-
DJT
-
DJU
-
META
-
SOX
-
VIX
-
IGXT
-
IVX
-
SPSY
-
SPNY
-
SPXHC
-
SPLRCD
-
SPLRCI
-
SPLRCU
-
SPLRCS
-
SPLRCT
-
SPLRCL
-
SPLRCM
-

[ニューヨーク 10日 ロイター] - 米国株式市場はナスダックが続落し、S&P500も小反落して取引を終えた。新型コロナウイルス感染症ワクチンが景気回復を支えるとの期待感から、ロックダウン(都市封鎖)の恩恵を受けたハイテク株が売られ、コロナ禍による打撃が大きかった銘柄への乗り換えが進んだ。

情報技術 (SPLRCT)や一般消費財 (SPLRCD)、通信サービス (SPLRCL)などが軟調だった一方、小型株や景気に敏感なエネルギー (SPNY)や工業 (SPLRCI)のほか、主要消費財 (SPLRCS)セクターのバリュー(割安)株に買いが入った。

ロイトホルト・グループのチーフ投資ストラテジストのジム・ポールセン氏は「(経済)再開相場だ。再開時期が早まれば、巣ごもり株はそれほど価値がなくなる」と述べた。

在宅勤務の普及で値上がりし、米株高を支えてきたアマゾン・ドット・コム (O:AMZN)やフェイスブック (O:FB)、マイクロソフト (O:MSFT)は前日の安値からさらに下げ、ナスダックの重しとなった。

フィラデルフィア半導体指数 (SOX)は9日に一時最高値を付けたが、この日はエヌビディア (O:NVDA)やザイリンクス (O:XLNX)が売り込まれて3%安となった。

インテル (O:INTC)とアップル (O:AAPL)も下落。アップルは10日、自社開発のプロセッサーを搭載したノートパソコンなどの新商品を発表した。

景気後退からの回復局面で上昇する傾向のあるS&Pバリュー株指数 (IVX)は1.3%高。成長株指数 (IGX)は1.1%安だった。

ダコタ・ウェルスのシニアポートフォリオマネージャー、ロバート・パブリック氏は「ハイテク株を売ってバリュー株を買う時だと誰もが口をそろえて言っている」とし、「ファイザーのワクチンで経済再開が始まり、人々が移動や出勤、買い物を再開する」との見方を示した。

アザー厚生長官は10日、ファイザーが予定通りに新型コロナワクチン候補の承認申請を規制当局に行えば、12月にもワクチン接種が開始できるとの見通しを示した。

ワクチン開発の進展で、大規模な追加経済対策の妥当性が低下する可能性もある。共和上院トップのマコネル院内総務はこの日、大型の追加経済対策が必要とは考えていないと述べた。

先の米大統領選を巡る不透明感から、取引時間中には不安定な値動きとなる場面もあった。ポンペオ国務長官はこの日、全ての「合法」な票の集計が終われば「トランプ政権の2期目に円滑に移行する」と発言し、民主党のバイデン前副大統領の勝利を認めない立場を示唆した。

ただ、ロイトホルトのポールセン氏によると、大半の市場関係者はバイデン氏の勝利を織り込み、選挙結果に関するトランプ政権の主張にはほとんど反応していないという。

ニューヨーク証券取引所では値上がり銘柄数が値下がり銘柄数を1.80対1の比率で上回った。ナスダックでは1.53対1で値上がり銘柄数が多かった。

米取引所の合算出来高は126億1000万株。直近20営業日の平均は98億8000万株。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 29420.92 +262.95 +0.90 29254.17 29478.86 29126.99 (DJI)

前営業日終値 29157.97

ナスダック総合 11553.86 -159.93 -1.37 11622.44 11665.87 11424.61 (IXIC)

前営業日終値 11713.78

S&P総合500種 3545.44 -5.06 -0.14 3543.26 3557.22 3511.91 (SPX)

前営業日終値 3550.50

ダウ輸送株20種 12096.55 +196.09 +1.65 (DJT)

ダウ公共株15種 916.18 +17.33 +1.93 (DJU)

フィラデルフィア半導体 2422.33 -75.26 -3.01 (SOX)

VIX指数 24.68 -1.07 -4.16 (VIX)

S&P一般消費財 1224.78 -13.78 -1.11 (SPLRCD)

S&P素材 441.71 +4.96 +1.14 (SPLRCM)

S&P工業 722.88 +12.74 +1.79 (SPLRCI)

S&P主要消費財 679.08 +13.22 +1.99 (SPLRCS)

S&P金融 451.14 +3.25 +0.73 (SPSY)

S&P不動産 227.60 +1.18 +0.52 <.SPLRCR>

S&Pエネルギー 255.97 +6.30 +2.52 (SPNY)

S&Pヘルスケア 1295.95 +4.57 +0.35 (SPXHC)

S&P通信サービス 210.27 -0.67 -0.32 (SPLRCL)

S&P情報技術 2080.98 -41.09 -1.94 (SPLRCT)

S&P公益事業 336.42 +4.72 +1.42 (SPLRCU)

NYSE出来高 12.11億株 <.AD.N>

シカゴ日経先物12月限 ドル建て 25240 + 290 大阪比 <0#NK:>

シカゴ日経先物12月限 円建て 25225 + 275 大阪比 <0#NIY:>

(S&Pセクター別指数は関連コンテンツでご覧ください; リフィニティブデータに基づく暫定値です。前日比が一致しない場合があります) OLJPBUS Reuters Japan Online Report Business News 20201110T222531+0000

最新のコメント

当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます