最新ニュース
0
広告なしバージョン。Investing.com をアップグレードしましょう。最大 40% もお得です。 詳細をもっと見る

【米国株】大型株と小型株、どちらに投資すべきか?【S&P 500 vs. ラッセル2000】

執筆: Investing.com (クレメント チボー/Investing.com)株式市場2019年05月16日 18:37
jp.investing.com/analysis/article-200196902
【米国株】大型株と小型株、どちらに投資すべきか?【S&P 500 vs. ラッセル2000】
執筆: Investing.com (クレメント チボー/Investing.com)   |  2019年05月16日 18:37
保存されました。保存したアイテムを参照してください。
この記事はすでにあなたの保存したアイテムに保存されています
 

正しく株式投資をすれば、多くのリターンを得ることができる。しかし、特定の銘柄に注目していない限り、選定する際に大型株と小型株のどちらに投資すべきかで迷うだろう。

基本的に、大型株は時価総額が100億ドル以上の銘柄を意味し、小型株は時価総額が20億ドル以下の銘柄を意味する

大型株と小型株の両方にベンチマークとなる株式指数が存在する。大型株の場合はS&P 500、小型株の場合はラッセル2000が代表的である。S&P500の構成銘柄における時価総額の中央値は220億ドル、ラッセル2000の構成銘柄における時価総額の中央値は8億ドルである。

アップル(NASDAQ:AAPL)、マイクロソフト(NASDAQ:MSFT)、アマゾン(NASDAQ:AMZN)はS&P500の構成銘柄であり、すべて1兆ドルを上回る時価総額である。一方、ラッセル2000の中で時価総額トップ3であるトレードデスク (NASDAQ:TTD)、クリー (NASDAQ:CREE)、クーパソフトウェア (NASDAQ:COUP)の名前は聞いたこともない人が多いだろう。

基本的に小型株が大型株をアウトパフォームするということが、過去10年間で周知されてきた。しかし、それは本当だろうか。以下の表はS&P500とラッセル2000の年間収益率(配当込み)である。この表から以下の2点が分かった。

Russell 2000 vs. S&P 500
Russell 2000 vs. S&P 500

1点目としては、過去40年間において、ラッセル2000がS&P500を22回アウトパフォームしている一方で、S&P500はラッセル2000を18回アウトパフォームしており、大きな差が見られないということだ。

2点目としては、S&P500とラッセル2000の収益率の優劣は循環的であるということだ。ラッセル2000は1979-1983、1991-1993、2000-2014の期間でアウトパフォームする一方、S&P500は1984-1990、1994-1999、2014-2018の期間でアウトパフォームしていた。このことをさらに詳しく調べるとある傾向が浮かび上がってきた。

ラッセル2000のアウトパフォームは米国経済が困難に直面していた時期と重なっているのだ。

1979-1983:2桁台のインフレ率、1980年と1982年の不況

1991-1993:1990年から1991年の不況

2000-2014:インターネットバブルの崩壊、リーマンショック

一方、S&P500は米経済が好調な時期にアウトパフォームしている。

1984-1990:1980年代の景気拡大

1994-1999:1990年代中盤の景気拡大

2014-2018:リーマンショックからの回復を経た景気拡大

もちろん、この相関関係は全ての年で当てはまる訳ではない。しかし、今回の結果を考えると、好況時に大型株を買い、不況時に小型株を買うべきであるという教訓が得られる。

そして、当然疑問になるのが、1979年1月時点でラッセル2000とS&P500の両方に100ドルずつ投資していた場合、どちらのリターンがより大きいかという問いだ。

この場合、2019年1月時点でラッセル2000からは6759ドル、S&P500からは7835ドルのリターンを得ている計算になる。1989年まではラッセル2000が優勢であったが、1989年から2010年まではS&P500が追い返した。

インターネットバブルやリーマンショック後にラッセル2000は大きく回復し、2010年から2014年までの間で再び優勢となった。しかし、2014年以降でS&P500は強い上昇をみせ、現在もアウトパフォームを続けている。

【米国株】大型株と小型株、どちらに投資すべきか?【S&P 500 vs. ラッセル2000】
 

関連記事

【米国株】大型株と小型株、どちらに投資すべきか?【S&P 500 vs. ラッセル2000】

意見を投稿する

コメントガイドライン

他のユーザーと交流したり、あなたの見通しを他の人と共有したり、筆者に質問するにはコメントを使うことをお勧めします。

我々みんなが高いレベルの議論を維持するために以下の事を心に留めてください。

  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 敬意を示す。否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意:スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • 日本語でのコメントのみ許されています。

スパムや乱用の加害者は、サイトから削除され、Investing.comの裁量により今後の登録が禁じます。

あなたの考えをここに書いてください
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
:にも投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントをありがとうございます。担当者が承認するまでコメントは掲示されません。掲示されるまで少しだけお時間がかかります。
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントにチャートを挿入する
ブロックを確認

本当に%USER_NAME%をブロックしたいですか。

ブロックすると、あなたと%USER_NAME%はお互いのInvesting.comへの投稿を見ることができなくなります。

%USER_NAME%は無事ブロックリストに追加されました

この人のブロックを解除したばかりなので、再度ブロックするには48時間待つ必要があります。

このコメントを報告してください

このコメントについて下記のように感じます

コメントに印がつきました

ありがとうございます!

報告は、確認のため管理担当に送られました
Googleから登録する
または
メールで登録する