😎 サマーセールだけ - 最大50%引きでAIの力による株式選択をInvestingProで特別セールを請求する

今週の見通し:軟調な決算発表を受けて株式市場は低迷する中、FRBの追加的な利上げを予想

発行済 2022-05-01 21:36
NDX
-
XAU/USD
-
US500
-
DJI
-
US2000
-
AMZN
-
DX
-
GC
-
CL
-
XLB
-
IXIC
-
US10YT=X
-
XLY
-
XLE
-
XLK
-
BTC/USD
-
XLRE
-
  • 全体的に超大型株の企業決算が軟調

  • 先週金曜日のS&P500は2020年6月以来の大きな下げ幅、月次ではコロナ禍以降で最悪の下落

  • NASDAQは2008年以来最悪の月次下落率

  • 今週予想される米連邦準備制度理事会(FRB)による利上げと、急騰する インフレ率を抑制するための 金融引き締めに関するさらなる示唆を株式市場の強気筋は待ち望んでいる。

    先週の記事では、市場が「軌道に乗る」かどうかは、先週発表された主要な大手半導体企業の好決算にかかっている、と書いた。問題の核心は過去40年間で最も高いインフレ率と2006年以来最も速い引き締めペースにあるとみているので、市場が上昇するようなことは起こらないだろうと分析したが、その通りになった。そのため、たとえ企業業績が好調であったとしても、もはやそれは重要ではない。

    そして実際、先週金曜日には米国の主要4指数Dow JonesS&P 500NASDAQRussell 2000はすべて大幅に下落して、{{44336}|変動性の大きい}}週を終えた。NASDAQ100はテクノロジー・セクターの売りにより4.47%下落し、S&P500の3.63%の下落をアンダーパフォームした。主要株価指数の下落としては2020年6月以来最も大きな1日となった。

    S&P500の暴落は月末にかけて拡大し、SPXにとってパンデミック開始以来最悪の月となった。NASDAQは、2008年の金融危機以来、最悪の4月の月次パフォーマンスとなった。

    ハイテク大手による弱気なガイダンスが、市場全体の売りを誘発した。Amazon (NASDAQ:AMZN)は、木曜日の引け後に発表した四半期決算で、事業売上が四半期で3%減少したことがわかり、金曜日に14%の値下がりとなった。売上の伸びが鈍る中で、最近行ってきた雇用の拡大と物流倉庫の建設が、不必要な経費増を招いたことを明らかにした。

    S&Pのセクター間パフォーマンスを比較すると、インフレと金利が先週金曜日の主要テーマであったことは明らかだ。

    テクノロジーは、金曜日のNASDAQコンポジットのパフォーマンスと同程度で、全体で3番目に悪いパフォーマンスとなった。{1084244|通信サービス}}は、テクノロジーの次に悪い。景気が悪くなると消費者が出費を抑えるため、一般消費財セクターの株は、5.08%下落し、セクター別下落率のトップとなった。

    不動産セクターは、4.82%の低下で、2番目に悪いパフォーマンスとなった。しかし、これはインフレ率が上がっている環境下では異常なことだと思われる。不動産セクターは物価上昇による恩恵を受ける傾向があるため、投資家は長い間、同セクターをインフレ・ヘッジと考えてきた。しかし住宅価格が爆発的に上昇する場合は、必ずしもそうとは言えないのかもしれない

    ハイテク・セクターの混乱の中、週次ベースでは同セクターは2番目に良いパフォーマンスとなり、わずか1.16%の下落にとどまった。週次のベストパフォーマーは素材で0.83%の下落、そしてエネルギーが1.38%の下落となった。この2つのセクターは、ハイテク・グロース株と負の相関を持つバリュー・セクターであり、経済が加速する中でバリュー・セクターが上昇し、グロース株から投資資金を吸い上げる傾向があるため、週次でのパフォーマンス比較は有用な指標とはいえないかもしれない。

    NASDAQ100の月次リターンは13.5%の下落で、主要指数の中で最もパフォーマンスが悪い指数となった。小型株指数も先週金曜日に2.81%下落し、週次では4.07%、月次では9.95%それぞれ低下している。

    この2つの指数は、現在弱気相場に入っている唯一の主要株価指数でもある。

    Russell 2000は11月8日の過去最高値から23.79%下落し、現在2020年12月以来の安値水準にある。

    RUT 週次チャート

    RUTは新たな谷を記録して長期下降トレンドを拡大し、以前のトレンドから独立した一連の下降ピークと谷をみることを要求する純粋なテクニカル分析家さえ満足させた。

    NASDAQ100は、11月19日の過去最高値から2021年3月25日の最低値までで22.44%下落している。

    NDX 週次チャート

    この指数は、下降トレンドの最低条件である2つの下降ピークと谷を確立している。しかし、保守的なアナリストは、直前の上昇トレンドとは関係なく、もう一組のピークと谷をみることを望んでいる。

    ダウ平均は、週次で2.47%、月次で5.09%下落し、他の株価指数をアウトパフォームしたが、テクニカル面では、他の指数が4週続落である一方で、ダウは5週連続で下落しており、出遅れている。ダウは1月3日のピークから10.38%の下落して調整局面に入り、2021年3月23日以来の低調な展開が続いている。

    今週のFOMC会合で強気派は休息を得ることができるのだろうか。前回の記事で、インフレがピークに達するかどうかの最も早い兆候は、FRBの好みの指標である個人消費支出のデータの発表によってわかるとした。しかし、その結果は複雑なものとなった。3月末の時点で年率6.6%と、1982年以来最速のインフレ率であり、40年ぶりの高水準である。これは悪いニュースだ。

    しかし、良い知らせも細部にある。2月下旬のロシアのウクライナ侵攻をきっかけにエネルギー価格が高騰し、食料品価格も高騰したことが上昇要因の大半を占めた。変動の激しいエネルギー価格と食品価格を取り除いた後のコア指標は、同期間で5.2%と、より落ち着いたものとなっている。さらに、月次ペースを考慮すると、FRBが好むこのコア指標は、変動性の高い項目を取り除くことでならされ、先月の上昇率をわずかに下回る0.3%増と、物価トレンドをよりよく表している。

    株式市場の強気派は、政策当局が積極的な利上げに踏み切れるような緩和の兆しに期待をかけているのかもしれない。しかし、そのような考えは現実的ではないだろう。

    2022年初頭は小売売上高が上昇した。これはインフレ率の上昇と貯蓄から消費へのトレンドが続いていることと関係する。物価が上昇する中で、家計が消費を続けられるかどうかについては不透明感がある。最後に月次個人消費支出は過去16年半で最も上昇し、FRBメンバーに今週50bpsの大幅な利上げを行わない口実を与えることになった。

    米国10年債利回りは、先週金曜日のインフレ関連指標の発表を受けて急騰した。投資家はインフレがピークに達しているとは考えていないことが改めて示された。利回りは6.5bps上昇して2.938%となり、2018年12月3日以来の高値である4月19日のピーク2.94%に迫った。

    米国10年債利回り 日次チャート

    金利は、4月上旬に完了した前回のフラグの可能性から6bps上昇し、強気のフラグを完成させたかもしれない。金利は4週連続、8週中7週目に上昇し、2018年11月26日に始まる週以来の高水準で引けた。

    しかし、ドルは金曜日に弱含み、当初の上昇をあきらめて木曜日の始値を下回り、ベアリッシュ・エンフルフィングのパターンを完成させた。

    ドル 日次チャート

    このパターンは2日間の取引構造で、強気の試みの失敗と弱気の勝利を視覚的に表示するものである。この下落は、RSIが日次チャートで2018年1月以来のデータを示す83.5という極端な売られすぎの状態に達した後のことである。ドルが2002年以来の高水準に加速した後、相対力指数は急騰した。

    この現在の市場のアノマリーであるは、2006年以来最も早いFRBの引き締めが予想されているにもかかわらず、金曜日に2日目にして上昇した。これは、FRBが現在の猛烈なインフレに先んじることができるという投資家の信頼の欠如を反映していると考えられる。

    金 日次チャート

    貴金属は、11月16日の高値でサポートをみつけ、トライアングルの持ち合いの中で再び上昇した。しかしこのパターンに抵抗して、再び売りに転じる可能性がある。4月28日の安値を下回れば、この見通しはより強固になる。しかし、1,920ドルを超えると、トライアングルの上辺をブレイクし、2020年8月の金の過去最高値を更新する上昇トレンドが継続する可能性がある。

    ビットコインは、2日間の売り越しの後、日曜日に反発した。

    BTC/USD 日次チャート

    急落した後、弱気な上昇フラグへの2度目の戻りがみられ、売りが発生した。しかし現在、上昇チャネルの底でサポートをみつけている。投資家は、弱気フラグで設定されたチャネルを維持する場合、上昇チャネルの底を突破し、30000ドルを試す必要がある。

    欧州ではロシア産原油からの離脱を目指しており、原油価格の変動が続いた。

    原油 日次チャート

    WTIはトライアングルを上抜いて引けた。それでも価格は高値から下落し、シューティング・スターとハイ・ウェーブのローソク足のクロスを形成して、安値で引けた。どちらのパターンでも、後退の可能性が出てくる。しかし、価格が108.00レベル、保守的なトレーダーのための111.00を破ることができれば、それは3月のピーク、2008年以来エネルギー価格の最高レベルである2008年7月のレコード終値から11%下の水準を再び試すシグナルとなる。

    今週の予定

    すべて米国東部時間で記載

    月曜日

    英国、中国、ロシアはレイバー・デーのため休場

    3:55: ドイツ – 製造業PMI: 54.1の横ばいを予想

    10:00: 米国 – ISM 製造業PMI: 57.1から57.6への上昇を予想

    火曜日

    中国はレイバー・デー、日本はゴールデン・ウィークのため休場

    00:30: 豪州 – RBA 政策金利決定: 0.10%から0.25%への上昇を予想

    3:55: ドイツ – 失業者数: -18千件から-15千件への上昇を予想

    4:30: 英国 – 製造業PMI: 55.3での横ばいを予想

    10:00: 米国 – JOLTS求人労働異動調査: 11.266百万での横ばいを予想

    21:30: 豪州 – 小売売上高: 1.8%から0.5%への低下を予想

    水曜日

    中国はレイバー・デー、日本はゴールデン・ウィークのため休場

    8:15: 米国 – ADP雇用統計: 455千件から395千件への低下を予想

    10:30: 米国 – 原油在庫: 前回は0.692百万バレるを注入

    14:00: 米国 – FRB 政策金利決定

    14:30: 米国 – FOMC記者会見

    木曜日

    日本はゴールデン・ウィーク、韓国は子供の日のため休場

    4:30: 英国 – サービス業PMI: 58.3での横ばいを予想

    7:00: 英国 – イングランド銀行政策金利発表, 政策金利決定: 0.75%から1.00%への上昇を予想

    8:30: 米国 – 新規失業保険申請件数: 180千件での横ばいを予想

    金曜日

    8:30: 米国 – 雇用統計: 431千件から380千件への低下を予想

    8:30: 米国 – 失業率: 3.6%から3.5%への低下を予想

    8:30: カナダ – 新規雇用者数: 72.5千件から57.5千件への低下を予想

    10:00: カナダ – Ivey購買部協会指数: 74.2から60.0への低下を予想

最新のコメント

次の記事を読み込み中です
当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます