アンジェス株式会社 (4563)

935.00
-1.00(-0.11%)
  • 出来高:
    745,500
  • 売値/買値:
    934.00/935.00
  • 日中安値/高値:
    927.00 - 935.00

4563 概要

前日終値
936
日中安値/高値
927-935
売上
45.8M
始値
928
52週高値/安値
899-2,492
1株当たり利益
-51.55
出来高
745,500
時価総額
143.12B
配当
N/A
(N/A)
平均出来高 (3か月)
3,034,206
PER (株価収益率)
-
ベータ
2.08
1年の変動
-54.48%
発行済株式
153,072,308
次の決算日
2021年8月01日
アンジェス株式会社の相場を予想しよう!
または
市場は現在開いていません。投票は市場時間の間しか行えません。

アンジェス株式会社 ニュース

テクニカルサマリー

タイプ
5 分
15 分
1時間足
日足
月単位
移動平均強い買い買い売り強い売り売り
テクニカル指標強い買い強い買い強い買い強い売り売り
サマリー強い買い強い買い中立強い売り売り

アンジェス株式会社 企業情報

アンジェス株式会社 企業情報

セクター
医療
従業員数
90
市場
日本

アンジェス(旧名:アンジェス MG)グループは、同社及び連結子会社4社(アンジェス インク、アンジェス ユーロ リミテッド、アンジェス ヘルスケア サイエンス、ジェノミディア)で構成。【事業内容】遺伝子医薬品などの医薬品や医療機器の開発、医薬品の製造、販売、ヘルスケア分野の製品に関する研究開発を進めている。同社は遺伝子医薬品などの医薬品開発と製造販売、医療機器の研究開発を行う。アンジェス インクは米国での遺伝子医薬品の臨床開発、アンジェス ユーロ リミテッドは欧州での遺伝子医薬品の臨床開発、アンジェス ヘルスケア サイエンスはヘルスケア製品の研究開発、ジェノミディアは癌免疫療法剤の研究開発、新規有用遺伝子及び分子の探索、遺伝子機能解析をそれぞれ行う。同社の開発プロジェクトはコラテジェン(HGF遺伝子治療薬)、NF-κBデコイオリゴ、HVJ-E非ウイルス性ベクター(GEN0101)、ナグラザイムを含む。同社グループは、主に提携先から得られる収益、及びナグラザイムの販売による収益によって構成。虚血性疾患治療剤コラテジェン(HGF遺伝子治療薬)に関しては、第一三共に対し、末梢性血管疾患及び虚血性心疾患分野の国内の独占的販売権を付与する契約を締結しており、その契約に基づいて、同社グループは、開発の進捗に伴い、開発協力金やマイルストーンを受取り、事業収益に計上。NF-κBデコイオリゴについては、塩野義製薬との間でアトピー性皮膚炎などを治療する外用剤全般の共同開発、及び全世界における独占的な販売権を付与する契約を締結しており、その契約に基づいて、同社グループは、開発の進捗に伴い、開発協力金やマイルストーンを受取り、事業収益に計上する予定。GEN0101に関しては、同社子会社ジェノミディアがTSD Japanに対し、前立腺癌を対象とする国内の独占的製造開発販売権を付与する契約を締結。Allovectinに関しては、バイカル インクとの間で、メラノーマに対する米国での開発に関しての研究開発契約を締結している。HVJ-E非ウイルス性ベクター遺伝子機能解析用試薬については、石原産業に同試薬キットの製造、使用及び販売についての全世界におけるライセンスを供与。デコイ型核酸に関しては、NF-κBデコイオリゴを含むデコイ型核酸に関してジーンデザイン及び北海道システム・サイエンスと提携。その他、研究調査の受託等を実施。平成25年1月31日、同社は連結子会社ジェノミディアの株式を石原産業に譲渡した。

詳細を読む
    免責条項 Fusion Mediaによるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Mediaおよび当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
    Fusion MediaまたはFusion Mediaの関係者はすべて、データ、レート、チャートや売買シグナルを含む当サイトの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切の責任を負いません。金融市場での取引に関連したリスクやコストに関して、十分にご理解いただきますようお願いいたします。
    上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。