🟢 市場は上昇しています。当社コミュニティの12万人を超えるメンバーは、すべてそれにどう対応すべきか知っています。
お客様もお分かりですよね。
40%割引で開始

今週のトピック:銀行の四半期決算発表、市場ボラティリティを高める景気サイクルのローテーション

発行済 2022-04-10 20:53
NDX
-
XAU/USD
-
US500
-
DJI
-
US2000
-
C
-
GS
-
JPM
-
DX
-
GC
-
CL
-
BLK
-
XLB
-
US10YT=X
-
XLE
-
XLF
-
XLI
-
XLV
-
XLK
-
BTC/USD
-
XLC
-
  • FRBは引き続きタカ派なスタンスを継続

  • 金利は3年来の高位な水準まで上昇

  • 投資家は株から債券へ、グロース株からバリュー株へシフト

  • 株式が景気サイクルに応じたローテーションによって上げ下げする中、新旧様々な悪材料によって、今週は大きな変動が予想される。FRBの政策決定とインフレ・データにより、引き続き金融引き締めを予想すべきかどうかが決まる。

    また、世界の大手銀行が最新の決算発表を控え、一部の国際金融機関が成長を維持するために事業戦略を変更しなければならない理由を明らかにする可能性がある。

    景気サイクルのローテーション:第2波へと転換中

    2020年のコロナ禍第一波の後、景気敏感セクターはアウトパフォームした。パンデミック中、テクノロジー通信サービスの中でも、ロックダウン中でも買い物やコミュニケーション、在宅勤務を可能にする、新しい日常を実現する企業の株に投資資金が集まった。その一方で、パンデミック前の旧態依然とした生活に関連する企業の株は売られ、株価は低迷した。

    そこに転機が訪れた。これまでグロース株で儲けてきた投資家たちが、突然、衣食住や公共事業、運輸などの「一般的な」事業を営む企業に再び注目し始めた。これらの見過ごされていた銘柄が、突然、価値を提供する掘り出し物として認識されたのである。

    そのため、市場のローテーションはエネルギー金融産業素材などのセクターに転じた。現在、金融引き締めが引き金となり、金利が上昇し、ハイテク企業の高位なバリュエーションを正当化することが難しくなったため、投資家はハイテク株や小型株から手を引いている。米国内の中小企業は、高金利環境で成功するために必要なリソースと柔軟性を有していない。

    では、何が残っているのか?ハイテク系ではない大企業である。

    先週金曜日の市場の動きは、この状況を物語っている。投資家は、グロース株からバリュー株やディフェンシブ株へとシフトしている。ハイテク株の多いNASDAQ 100は1.41%下落し、他の主要株価指数をアンダーパフォームしたが、小型株のRussell 2000も0.76%下落し、あとに続いた。週明け最終取引をプラスで終えた指数は、30銘柄の優良企業株で構成されるダウ工業株30種平均のみで、0.4%上昇した。S&P500指数は0.27%の低下に留まり、2番目に良いパフォーマンスとなった。

    週次でみても、Russell 2000は4.62%下落し、NASDAQ100も3.59%下落している。ダウ平均は0.27%の下落に留まり、S&P500の1.27%の下落がそれに続く。

    同じパターンがSPXのセクター内でもみられる。過去1年のリターンにおいてテクノロジー株は景気敏感セクターに対して劣後している。

    先週金曜日、テクノロジー・セクターは1.4%下落し、全セクターで最低のパフォーマンスとなった。エネルギーは2.75%上昇し、全体をアウトパフォーム、金融も+1.01%上昇した。

    週次ベースでは、「テクノロジー」が3.82%値下がりした。投資家が安全なセクターであるヘルスケア殺到し、3.45%上昇した。エネルギー株は3.21%上昇と2番目に良いパフォーマンスを記録した。

    月次でみると、ヘルスケアは11.98%上昇、次いで素材セクターが+10.92%となり、テクノロジーおよび通信サービスがそれぞれ約6%上昇したのに対してほぼ倍のパフォーマンスをつけた。

    過去1年ベースでは、通信サービスが11.52%の下落と唯一のマイナス・パフォームのセクターとなり、同時にエネルギー株が+63.95%増と全体を大きくリードしている。

    もう一つの、おそらくより明白な事実として、NASDAQ100とRussell 2000の両方が、資産またはインデックスが前回の高値から少なくとも20%下落したことを意味する悲しい名誉である「弱気相場」に入っている唯一の米国主要平均株価であることだ。

    Russell 2000は、11月8日の高値から1月27日の安値までの間に20.93%下落した。NASDAQ100は11月19日の高値から3月14日の安値までの間に21.28%下落している。

    一方、S&P500は1月3日の過去最高値から3月8日の安値まで13.95%の下落に留まり、優良企業株で構成されるダウは1月4日の過去最高値から3月8日の安値まで11.33%の低下に留まる。

    加えてRussell 2000は米国の他の主要株価指数に比べ、テクニカル的に悪い状態にあるようにみえる。

    RUT 日次チャート

    小型株指数は上値が重くなり、以前の底値から上へ戻ろうとする試みがことごとく失敗し、現在は天井となっている。さらに、レンジの底(青い網掛け部分)に向かって下落した後でも、まだかなり下落する余地があることを示している。

    では、すでに新しいローテーションが形成されていることを認識した上で、なぜこのトレンドが継続すると期待できるのだろうか。先週のFOMC議事要旨の発表では、多くのFRB高官が今後数カ月で50bpの利上げを行う用意があることが明らかになり、今後もFRBがタカ派的である可能性を示唆している。

    FRBがより積極的に行動したとしても、インフレに先行することはなく、あくまでインフレを後追いすることになり、利上げを繰り返しても、インフレ上昇に一歩遅れる可能性があることに留意する必要がある。

    ベンチマークである米国10年債は先週金曜日、3年ぶりに2.7%を超えて引けた。投資家は、金利上昇を反映した利回りの高い今後の新発債に期待して、既発債を売っているのだ。

    米国10年祭利回り 日次チャート

    米国10年債利回りは4日連続で上昇し、強気なペナントが完成した。このパターンのインプライド・ターゲットは3%の臨界点を試している。

    借入コストの上昇は株価に重くのしかかるだけでなく、この利回りは株式にとって厳しい競争相手となる。ゼロ金利の影響で債券が低迷していたため、多くの投資家が株式のみを保有していた。利回りが回復した今、多くの機関投資家を含め、株式からの大規模な資金流出が予想される。

    故に投資家は来週、FRBとインフレ・データに注目することになる。カナダ銀行と欧州中央銀行(ECB)は利上げを決定し、中国、米国、英国からはインフレ率のデータが発表される予定である。

    また、今週から決算シーズンが始まり、JPMorgan (NYSE:JPM)、Goldman Sachs (NYSE:GS)、BlackRock (NYSE:BLK)、Citigroup (NYSE:C)を含む多くの大手銀行や金融会社の決算発表を控える。アナリストは、金融機関が昨年と比較して市場がそれほど活発でないことから、案件取引やトレーディングの急減を示唆する可能性があり、米国の6大銀行の純利益は前年比35%減になると予測している。

    それでもドルは7取引日連続で上昇し、2020年5月以来の100.00台を一時突破した。

    DXY 日次チャート

    米ドルは、直前のH&S(ヘッド&ショルダー)継続パターンの強気を確認するレンジ侵入を拡大した。しかし、金曜日のシューティング・スターは、弱気のシグナルを示した。101に向かう前に、買い手が残りの供給量をすべて食い尽くすため、価格はレンジに向かって下落する可能性がある。米ドルは104円台を突破すると、2002年以来の高値圏に到達することになる。

    は、ドル高にもかかわらず、またタカ派的なFRBにもかかわらず、2日目も上昇した。ロシアとウクライナの戦争が続いていることと、FRBの将来のポジションに対する懸念から、金への需要は高いままなのかもしれない。

    金 日次チャート

    2月以来、貴金属の取引パターンをH&Sトップとみなしてきた。しかし、おそらく金曜日にトップサイドで形成されたシンメトリカル・トライアングルかもしれない。1年半に及ぶシンメトリカル・トライアングルのインプライド・ターゲットを達成した後、価格は下がるかもしれないとみていた。しかし、金曜日の取引がトレンドを表しているとすれば、金は2020年8月の記録に再び挑戦するとみることができる。

    ビットコインは、金曜日の下落後、土曜日には上昇に転じた。

    BTC/USD 日次チャート

    暗号資産は、大きなH&Sのネックラインを曲げた後、強気なペナントとなるはずだったものの、形成に失敗した。現在、暗号通貨は上昇チャネル内で取引されているが、まだ反転パターンの下にある。

    原油は金曜日に3日間の暴落から反発したが、米国とIEA諸国が米国とともに戦略的備蓄から石油を放出すると述べたことから、週次では2週連続下落して取引を終了した。金曜日の反発は続くのだろうか?テクニカル・チャートによれば、上昇トレンドの継続は怪しい。

    原油 日次チャート

    WTIは、シンメトリカル・トライアングルの下方にブレイクしたようだ。劇的な変化がない限り、下降の勢いがあれば、80ドル台に戻る可能性がある。

    今週の予定

    時間はすべて米国東部時間で記載

    日曜日

    21:30: 中国 – CPI: 3月は1.2%への上昇を予想

    月曜日

    2:00: 英国 – GDP: 前回は前年同期比6.6%.

    2:00: 英国 – 鉱工業生産: 0.8%から0.3%への下落を予想

    火曜日

    2:00: 英国 – 平均所得指数+ボーナス: 4.8%から5.4%への上昇を予想

    2:00: 英国 – 請求者数の変更: 2月は48.1千件減.

    5:00: ドイツ – ZEW景況感調査: -39.3から-48.0への低下を予想

    8:30: 米国 – コアCPI: 前回と変わらず前月比0.5%を予想

    21:00: ニュージーランド – ニュージーランド準備銀行 政策金利決定: 1.00%から1.25%への上昇を予想

    22:00: ニュージーランド – ニュージーランド準備銀行 金利発表

    水曜日

    2:00: 英国 – CPI: 前年比6.2%から6.7%への上昇、前月比0.8%から0.7%への低下をそれぞれ予想

    8:30: 米国 – 卸売物価指数(PPI): 0.8%から3月は1.1%への上昇を予想

    10:00: カナダ – カナダ銀行 政策金利決定: 0.50%から1.00%への上昇を予想

    10:30: 米国 – 原油在庫: 先週は2.421百万バレルの追加を確認

    21:30: 豪州 – 新規雇用者数: 77.4千件から40.0千件への下落を予想

    木曜日

    7:45: ユーロ圏: デポジット金利: -0.50%での据え置きを予想

    7:45: ユーロ圏: – 欧州中央銀行 政策金利決定

    8:30: 米国 – 新規失業保険申請件数: 166千件から173千への上昇を予想

    8:30: 米国 – 小売売上高: 3月は0.3%から0.6%への上昇を予想

    8:30: ユーロ圏 – 欧州中央銀行 記者会見

    金曜日

    米国、英国、ユーロ圏、豪州、ニュージーランドなど各国はグッド・フライデーのため休日

最新のコメント

次の記事を読み込み中です
当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます