株式会社ペッパーフードサービス (3053)

東京
388.0
+10.0(+2.65%)
  • 出来高:
    223,000
  • 売値/買値:
    387.0/388.0
  • 日中安値/高値:
    374.0 - 388.0
  • タイプ:株式
  • 市場:日本
  • ISIN:JP3836400006

3053 概要

前日終値
378
日中安値/高値
374-388
売上
40.47B
始値
376
52週高値/安値
240-610
1株当たり利益
184
出来高
223,000
時価総額
15.29B
配当
N/A
(N/A)
平均出来高 (3か月)
619,625
PER (株価収益率)
2.11
ベータ
2.28
1年の変動
3.47%
発行済株式
39,410,980
次の決算日
2021年11月04日
株式会社ペッパーフードサービスの相場を予想しよう!
または
市場は現在開いていません。投票は市場時間の間しか行えません。

株式会社ペッパーフードサービス ニュース

テクニカルサマリー

タイプ
5 分
15 分
1時間足
日足
月単位
移動平均強い買い強い買い強い買い買い売り
テクニカル指標強い買い強い買い買い買い強い売り
サマリー強い買い強い買い強い買い買い強い売り

株式会社ペッパーフードサービス 企業情報

株式会社ペッパーフードサービス 企業情報

セクター
サービス
従業員数
478
市場
日本

ペッパーフードサービスグループは、主に一般的に高級料理といわれるステーキやその他肉類を中心とした加熱料理を、感熱センサー付電磁調理器を用いた独自の店舗運営システムにより、顧客に提供する「ペッパーランチ」及び立食スタイルにすることにより顧客の回転率を上げ、ステーキを低価格にて提供する「いきなり!ステーキ」店舗の展開を主力事業とする。【事業内容】4つの事業セグメントを通じて運営する。いきなり!ステーキ事業セグメントは、ビジネス街でポピュラーな立ち飲み食いでステーキとワインを楽しむスタイルをコンセプトにレストラン業態としてスタートした後、独立した業態となる。また、「いきなり!ステーキ」独自のポイントカードである「肉マイレージカード」の携帯電話アプリの導入や、そのアプリからの現金チャージを行うプリペイド機能の追加など、中長期的な成長への基盤とする業態としてグループの直営、フランチャイズ及び委託事業として運営する。炭焼き立ち食いステーキ店「いきなり!ステーキ」を運営する。ペッパーランチ事業セグメントには、3つの事業がある。フランチャイズ事業は、フランチャイズ(FC)加盟契約者の開拓、FC加盟契約者の出店先店舗物件開発、店舗施工管理、店舗機器や食材の販売、店舗運営ノウハウの提供などを行う。直営事業は、「ペッパーランチ」店舗を直接で運営する。委託事業は、所有する店舗の運営を受託者が行い、店舗の業績に応じて受託者に業務委託料を支払うものである。「ペッパーランチ」、「ペッパーランチダイナー」、「92’s(クニズ)」やフードコートタイプの「炭焼ハンバーグ ステーキくに」、「東京634バーグ」、「武蔵ハンバーグ」などの店を運営する。レストラン事業セグメントは、ステーキを提供するオーダーカットステーキ店の「炭焼ステーキくに」、とんかつ専門店の「こだわりとんかつ かつき亭」、「炭焼ハンバーグ ステーキくに」、牛たん専門店の「牛たん仙台なとり」、ハイエンドのステーキレストラン店「Prime42 BY NEBRASKA FARMS」をグループの直営、フランチャイズ及び委託事業として運営する。商品販売事業セグメントは、とんかつソース、冷凍ペッパーライス、ドレッシング及びラックスハム等の食材のほか、ぴたり箸(膳の箸がいつでも寄り添う箸)の販売を行う。

詳細を読む
  • 肉損ショックで1000円割ると思う
    0
    免責条項 Fusion Mediaによるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Mediaおよび当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
    Fusion MediaまたはFusion Mediaの関係者はすべて、データ、レート、チャートや売買シグナルを含む当サイトの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切の責任を負いません。金融市場での取引に関連したリスクやコストに関して、十分にご理解いただきますようお願いいたします。
    上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。