🟢 市場は上昇しています。当社コミュニティの12万人を超えるメンバーは、すべてそれにどう対応すべきか知っています。
お客様もお分かりですよね。
40%割引で開始

欧州株式市場サマリー(21日)

発行済 2016-03-22 04:57
更新済 2016-03-22 05:00
欧州株式市場サマリー(21日)
UK100
-
FCHI
-
TLIT
-
BAYGN
-
VIV
-
HOME
-
SHP
-
AAL
-
BHPB
-
TLW
-
ANTO
-
SBRY
-
MT
-
FTNMX551030
-
SNHJ
-
STX50EEX
-
FTEU3
-
SXEP
-
DAX
-

[21日 ロイター] -

(カッコ内は前営業日比)

FT100種総合株価指数(ロンドン) .FTSE  終値      6184.58(‐5.06) 前営業日終値   6189.64(‐11.48)

クセトラDAX指数(フランクフルト) .DAX  終値      9948.64(‐2.16) 前営業日終値   9950.80(+58.60)

CAC40種平均指数(パリ) .FCHI  終値      4427.80(‐34.71) 前営業日終値   4462.51(+19.62)

<ロンドン株式市場>  ロンドン株式市場は激しい値動きの末、小幅安で取引を終 えた。アイルランド製薬大手シャイアー SHP.L や英国でスーパー第2位のセインズベリ ー SBRY.L が値上がりしたものの、鉱業株が全体の重しとなった。 シャイアーは4.1%高で、FT100種の中で最も好調だった。ロンドン・キャピ タル・グループの首席アナリスト、ブレンダ・ケリー氏は「ここ数週間、実に多くの証券 会社が投資判断を引き上げた。第4・四半期の決算が非常に良かった」と述べた。 セインズベリーは1.2%の値上がり。カタログ通信販売の「アルゴス」を展開する ホーム・リテール HOME.L を14億ポンド(20億ドル)で買収する見込みとなったこと が材料視された。前週末の取引時間終了後、セインズベリーと買収合戦を繰り広げていた 南アフリカの小売り大手シュタインホフ・インターナショナル SNHG.DE が買収合戦から 撤退した。ホーム・リテールは1.2%上昇した。 セインズベリーは野村證券が目標株価を引き上げたことも追い風となった。 一方、鉱業株指数 .FTNMX1770 は0.73%低下した。個別銘柄では英資源大手のア ングロ・アメリカン AAL.L と英豪系のBHPビリトン BLT.L 、チリの銅生産大手アント ファガスタ ANTO.L が1.1%から3.7%下落した。 ロンドン・キャピタル・グループのケリー氏は「世界経済が拡大し始め、実際に資源 需要がさらに増えていかなければ、鉱業株は一時的にどん底に落ちるかもしれない」と話 している。

<欧州株式市場> 欧州株式市場は小幅反落で取引を終えた。イタリアの通信大手テ レコム・イタリア TLIT.MI やドイツの医薬品・化学大手バイエル BAYGn.DE が買われた ものの、1次産品関連が値下がりし全体の重しとなった。 FTSEユーロファースト300種 .FTEU3 は3.33ポイント(0.25%)安の 1339.86で取引を終えた。DJユーロSTOXX50種指数 .STOXX50E は11. 00ポイント(0.36%)安の3048.77だった。 テレコム・イタリアは3.1%高。最高経営責任者(CEO)辞任の発表が好感され た。筆頭株主であるフランスの通信・娯楽大手ビベンディ VIV.PA が影響力を強めている 兆しと受け止められた。イタリアの証券会社ICBPIは、今回の辞任発表でテレコム・ イタリアが新たなコスト削減に踏み切るとの観測を勢いづける可能性があると話す。 バイエルは3.3%上昇した。種子開発で世界最大手の米モンサント MON.N がバイ エルの農業科学部門の買収について関心を示していると、関係筋がロイターに話したこと が材料視された。買収提案は300億ドルを越える可能性がある。 一方、金属の価格が前営業日につけた4カ月ぶりの高値から反落したことで、鉄鋼世 界最大手のアルセロール・ミタル ISPA.AS やスイスの商品取引・資源大手グレンコアなどは値下がりした。 この日は原油価格も下がり、STOXX欧州600石油・ガス株指数 .SXEP は1. 56%低下した。英石油・ガス生産のタロー・オイル TLW.L はジェフリーズによる投資 判断の引き下げが重しとなり、株価が1.4%安となった。 一部ストラジストらは、欧州株の見通しについて慎重な見方を保っている。 JPモルガン・カゼノーヴは、ユーロ圏株式の投資判断を「オーバーウェイト」から 「ニュートラル」に引き下げた。ドルの値下がりがユーロ圏の株式相場の重しとなると指 摘した。 JPモルガンのストラジスト、ミスラフ・マテイカ氏は「ユーロ圏地域の株式は依然 として買い持ちポジションが過剰だ。バリュエーションもぱっとしない。ユーロが重しと なり、欧州中央銀行(ECB)の対応策も既に遠い出来事となった」と話している。

最新のコメント

当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます