🟢 市場は上昇しています。当社コミュニティの12万人を超えるメンバーは、すべてそれにどう対応すべきか知っています。
お客様もお分かりですよね。
40%割引で開始

ウォーレン・バフェット氏は市場を常にアウトパフォーム::ETFを使って彼の戦略を再現

発行済 2022-05-24 21:57
US500
-
GM
-
CVX
-
C
-
BAC
-
MSFT
-
KHC
-
KO
-
GOOGL
-
AAPL
-
AMZN
-
OXY
-
PARA
-
JNJ
-
AXP
-
HPQ
-
USB
-
V
-
BK
-
PG
-
BRKb
-
TSLA
-
CHTR
-
BRKa
-
CE
-
RH
-
XLG
-
GOOG
-
STOR
-
SNOW
-

株式市場は、常にウォーレン・バフェット氏の投資戦略に注目している。バフェット氏がCEOを務めるBerkshire Hathaway (NYSE:BRKa) (NYSE:BRKb)は四半期ごとに、現在の保有株式を株主に開示している。そして、個人投資家であれ機関投資家であれ、「オマハの賢人 」が何を買い...そして何を売っているのかに細心の注意を払っている。

今年に入ってから、インフレ率の高止まり、金利の上昇が続き、株式市場が低迷する中、バフェット氏の動向に注目が集まっている。

バフェットファンの多くは、長い目でBRKbの株を保有している。この株は2022年年初来4%近く上昇している。それに比べて、S&P 500は16.6%の低下だ。

BRKb 週次チャート

バフェット氏は、「他人が恐れているときに貪欲になる」ことでよく知られている。第1四半期に購入し、いくつかの新しい保有銘柄にポジションを取った。中でも注目されたのは、Citigroup (NYSE:C)だ。

米国証券取引委員会(SEC)に提出された最新の13Fによると、バークシャー・ハサウェイの第1四半期末のポートフォリオ価値は3630億ドル超で、前四半期の3310億ドルから10%増となった。もう少し詳しくみてみる。

バフェット銘柄

The InvestingProのツールは、長期投資家にとって魅力的なバフェット銘柄へアクセスすることができる。例えば、バークシャー・ハサウェイの投資ポートフォリオで最大の保有銘柄は、 Apple (NASDAQ:AAPL)、Bank of America (NYSE:BAC)、American Express Company (NYSE:AXP)などである。この3銘柄で全保有銘柄の60%以上を占めている。

大型銘柄では、Apple、Amazon (NASDAQ:AMZN)、Visa (NYSE:V)、Procter & Gamble (NYSE:PG)や Coca-Cola (NYSE:KO)などがみうけられる。

急成長している事業については、データ・プラットフォームのSnowflake (NYSE:SNOW)、エネルギー大手のChevron (NYSE:CVX)、化学グループの Celanese (NYSE:CE)などがある。

一方、割安株を探している人は、家庭用家具小売のRH (NYSE:RH)、General Motors (NYSE:GM)、エネルギー・グループのOccidental Petroleum (NYSE:OXY)、全米にブロードバンド接続を提供する Charter Communications Technologies (NASDAQ:CHTR) 、PC・プリンタ大手のHP (NYSE:HPQ)や Citigroupなどもバフェット銘柄となっている。

Snowflake、 RH、Amazon、General Motorsなど、いくつかのバフェット銘柄もアナリストの目標値が強気であり、今後数ヶ月で価格が上昇する可能性があるだろう。

一方、株価純資産倍率(PBR)が低い株式も読者の注意を引く可能性がある。例えば、 Citigroup、General Motors、メディア大手の Paramount Global (NASDAQ:PARA)、Bank of New York Mellon (NYSE:BK)や Kraft Heinz (NASDAQ:KHC) はそのカテゴリで際立っている。

最後に、パッシブ・インカムを求める方は、Store Capital (NYSE:STOR)、Citigroup、Kraft Heinz、US Bancorp (NYSE:USB)など、配当金を支払う企業を研究するのもよいだろう。

長期的なポートフォリオに適した銘柄を選ぶには調査が必要であり、多くの個人投資家には難しいかもしれない。バフェットの戦略を再現したい人は、BRKb 株を購入するのが最も簡単な方法の一つだろう。

また、ウォーレン・バフェット氏が保有する複数の銘柄へのエクスポージャーを提供する上場投資信託(ETF)の検討をするのも良いかもしれない。

Invesco S&P 500 Top 50 ETF

  • 現在の価格:299.21ドル

  • 過去52週間の価格レンジ:285.96~374.77ドル

  • 配当利回り:1.18%

  • 経費率:年率0.20%

ご紹介するETF、 Invesco S&P 500 Top 50 ETF (NYSE:XLG)は、S&P 500に含まれる大企業50社にアクセスすることができるETFである。当ETFは2005年5月に初めて上場された。

XLG 週次チャート

セクター別では、情報技術サービス(37.5%)、ヘルスケア(15.4%)、通信サービス(14.5%)、一般消費財(12.1%)などである。ポートフォリオの組入上位10銘柄は、純資産額20億ドルの約半分を占めている。

主な保有銘柄にはApple、Microsoft (NASDAQ:MSFT)、Amazon; Alphabet (NASDAQ:GOOGL)、 Berkshire Hathaway、Tesla (NASDAQ:TSLA)、Johnson & Johnson (NYSE:JNJ) など、有力企業も名を連ねている。

1月上旬、XLGは過去最高値を更新した。しかし、5月20日に52週間ぶりの安値をつけた。年初来では、ほぼ5分の1まで値を下げている。また、このETFは過去52週間で3.3%下落している。

株価収益率(PER)は23.25倍、株価純資産倍率(PBR)は5.58倍となっている。市場の有力銘柄がまもなく回復に向かうと考える潜在的投資家は、XLG にアンテナを張っておくとよいかもしれない。

次の素晴らしいアイデアをみつけることに興味はおありだろうか?Investing Pro+では、135,000以上の銘柄をスクリーニングし、専門的なデータ、ツール、洞察を用いて、世界で最も急成長している銘柄や最も割安な銘柄をみつけるチャンスを秘めている。詳細はこちら

最新のコメント

次の記事を読み込み中です
当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます