40%引きでご購読
新規!💥 ProPicksを手に入れ、S&P 500を1,183%を超える投資成績を実現した、戦略をご覧ください40%割引で開始

アップル株を退職用ポートフォリオに今すぐ組み入れるべき理由

発行済 2022-05-31 18:01
更新済 2020-09-02 15:05
  • アップルは、株価上昇、配当、自社株買いという形で、トータル・リターンを高めるユニークな組み合わせを提供

  • ウォーレン・バフェットは、アップルのユニークな成長見通しから利益を得るために、1590億ドルの株式を保有

  • アップルは、比較的裕福な顧客層とソフトウェアおよびサービスのエコシステムの強さから、同社のデバイスに対する需要が回復することに期待

  • 新しい投資のアイデアを探すためにアップグレードしたい場合は、InvestingPro+を要チェック


退職後も継続的に収入を得ることができるポートフォリオを構築することが投資目標であるならば、強固なバランス・シートと信頼できる配当、そして増配の歴史を持つ優良企業を探すことは理にかなっている。

このような銘柄で構成されたポートフォリオは、不況を乗り切り、インフレ圧力に耐え、金融緩和政策の後にしばしば発生する株式バブルに耐えることができる可能性が高くなる。

配当が安定しており、長期的な成長が期待できる企業は、どんなに市場が荒れても配当収入を得ることができる。

アップル (NASDAQ:AAPL) はグロース株であるため、一般的に退職後のポートフォリオに適しているとは考えられていない。また、公共事業、通信、消費財など市場のディフェンシブ分野とは異なり、同社の配当利回りは0.6%と低位であるため、退職者の収入源としての魅力は限定的だ。また、テクノロジー企業であるため、市場の変動が激しく、退職者が敬遠しがちな分野でもある。

しかし、このようなデメリットがあるにもかかわらず、多様な退職者向けポートフォリオの一部として、アップルには魅力がある。

アップル株 週次チャート

アップルは、株価上昇、増配、大規模な自社株買いという、投資家のトータル・リターンを向上させるユニークな組み合わせを提供すると考えている。アップルは過去5年間、平均10%の増配を続けているが、同時に自社株買いも行っており、株主にさらなる価値を提供している。

2021年に米国の上場企業の中で最大となる883億ドルの自社株買いを行った後、前四半期も900億ドルの自社株買いの実施を発表した。長期的なバイ・アンド・ホールドの投資家は、特に現在のような激動の時代に、収益を上げられ、流通株式数を減らす自社株買いプログラムを好む。

ウォーレン・バフェットも愛するアップル株

有名投資家ウォーレン・バフェット氏率いるバークシャー・ハサウェイ(NYSE:BRKa)はアップルの大株主であり、株主還元プログラムから多大な利益を得ている。バフェット氏は、バークシャー・ハサウェイが2016年後半に株を買い始めて以来、足元までに1590億ドルのアップル株を保有している。

91歳のウォーレン・バフェットはティム・クックCEOの自社株買い戦略のファンであり、これによりバークシャーは毎年、収益からのインカム・リターンを増やすことができている。4月のBRK株主総会で、バフェット氏はこう述べた。

インサイダー情報も何もなかったが、同社が自社株買いを続けるのであれば、持ち株を増やしたいと考えていた。彼らは3月の四半期決算を発表したばかりで、より多くの利益を得ている中、発行済み株式数は少なくなっているのだ」。

約2000億ドルの流動資産を有するアップルは、株価を支えるために自社株買いをさらに増やすことが容易にできる優位な立場にある。

キャッシュ・リターン・プログラムに注力しているからといって、アップルに革新性や新しいアイデアが欠けているわけではない。サプライ・チェーンの混乱によって、中国における製造に打撃を与えている現在の厳しい経営環境にもかかわらず、アップルは引き続き市場を驚かせる多くの可能性を持っている。

アップルは比較的裕福な顧客層と、ハードウェアの販売を促進しているソフトウェアとサービスのエコシステムの強さから、同社のデバイスに対する需要の回復に期待していると、今月ブルームバーグは報じている。

熾烈なライバルであるファーウェイ・テクノロジーズが市場から締め出されたことで、同社にとって競争環境が改善している。かつて出荷台数1位の携帯電話メーカーだったファーウェイは、6四半期連続で収益が減少している。

結論

投資家が経済やグロース株のパフォーマンスに懸念を抱いている現在、アップルは起こりうる景気後退を乗り切るのに適したディフェンシブな銘柄といえる。今こそ、アップルをバイ・アンド・ホールドの投資家に最適な退職用銘柄として扱うことに意味がある。

***

次の素晴らしいアイデアをみつけることに興味はおありだろうか?Investing Pro+では、135,000以上の銘柄をスクリーニングし、専門的なデータ、ツール、洞察を用いて、世界で最も急成長している銘柄や最も割安な銘柄をみつけるチャンスを秘めている。詳細はこちら

最新のコメント

当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます