🧮 それでもゆっくり、古いやり方で株式選択しますか?今こそ、AIの力による株式選択を50%割引で開始

後場に注目すべき3つのポイント~買い一巡後は上げ幅縮小する展開に

発行済 2024-05-10 12:20
更新済 2024-05-10 12:30
© Reuters.
USD/JPY
-
6367
-
3436
-
5406
-
7832
-
*12:20JST 後場に注目すべき3つのポイント~買い一巡後は上げ幅縮小する展開に 10日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。


・日経平均は反発、買い一巡後は上げ幅縮小する展開に
・ドル・円はしっかり、ドル買い継続
・値上り寄与トップはダイキン (TYO:6367)、同2位はコナミ (TYO:9766)

■日経平均は反発、買い一巡後は上げ幅縮小する展開に

日経平均は反発。
前日比237.65円高(+0.62%)の38311.63円(出来高概算10億5000万株)で前場の取引を終えている。


9日の米国株式市場は上昇。
ダウ平均は331.37ドル高(+0.85%)の39387.76ドル、ナスダックは43.51ポイント高(+0.27%)の16346.27、S&P500は26.41ポイント高(+0.51%)の5214.08で取引を終了した。
週次失業保険申請件数の増加で利下げ期待が再燃し、寄り付き後、上昇。
ソフトランディング期待を受けた買いも続いたほか、長期金利の低下で、ハイテクも底堅く推移し相場全体を支援。
終日堅調に推移した。
終盤にかけダウは上げ幅を拡大し終了。


米国株の上昇を受けて、東京市場は買い優勢で取引を開始。
日経平均は上げ幅を広げ、38741.88円と25日移動平均線と75日移動平均線を一時上回る場面が見られた。
ただ、買い一巡後、225先物が上げ幅を一気に縮小したことで日経平均も上げ一服。
前引けにかけては寄付きの水準でのもみ合いとなった。
なお、寄付きに算出された5月限オプション特別清算指数(SQ)は38509.47円(市場推定)。


日経平均採用銘柄では、決算発表などが材料視されてダイキン (TYO:6367)が急伸したほか、神戸鋼 (TYO:5406)も今期最終増益予想が好感されて買われた。
また、バンナムHD (TYO:7832)、SUMCO (TYO:3436)、コナミグループ (TYO:9766)、味の素 (TYO:2802)も決算が材料視されて上昇。
日本郵船 (TYO:9101)、川崎重 (TYO:7012)、商船三井 (TYO:9104)、三菱商事 (TYO:8058)が買われた。


一方、今期業績見通しが物足りないと評価されたスクリーンHD (TYO:7735)が大幅安となったほか、日本製鉄 (TYO:5401)も今期純利益見通しが市場予想を大幅に下回ったことで売られた。
また、パナHD (TYO:6752)は今期最終減益見通しが嫌気された。
このほか、旭化成 (TYO:3407)、トヨタ自 (TYO:7203)、村田製作所 (TYO:6981)、日本精工 (TYO:6471)が売られた。


業種別では、海運業、その他製品、石油・石炭製品、鉱業、倉庫・運輸関連業などが上昇した一方、輸送用機器、その他金融業、電気機器、非鉄金属の4セクターのみ下落した。


後場も引き続き取引時間中に発表される決算に注目が集まる。
12時台には、東洋水産 (TYO:2875)、IIJ (TYO:3774)、13時台には、日空調 (TYO:1952)、扶桑薬 (TYO:4538)、旭コンクリ (TYO:5268)、シンフォニア (TYO:6507)、第四北越FG (TYO:7327)、阪和興 (TYO:8078)、住友倉庫 (TYO:9303)、ヤマタネ (TYO:9305)、14時台には、三住道路 (TYO:1776)、大和ハウス (TYO:1925)、明治HD (TYO:2269)、ステラケミファ (TYO:4109)、BML (TYO:4694)、ニチレキ (TYO:5011)、宮越HD (TYO:6620)、スターゼン (TYO:8043)などが予定されている。


■ドル・円はしっかり、ドル買い継続

10日午前の東京市場でドル・円はしっかりの値動きとなり、155円26銭から155円77銭まで値を上げた。
米10年債利回りは底堅く、ドル買い地合いは継続。
一方、日経平均株価は上げ幅縮小も堅調を維持し、日本株高を好感した円売りに振れやすい。


ここまでの取引レンジは、ドル・円は155円26銭から155円77銭、ユーロ・円は167円42銭から167円84銭、ユーロ・ドルは1.0773ドルから1.0785ドル。


■後場のチェック銘柄

・クオンタムソリューションズ (TYO:2338)、じげん (TYO:3679)など、12銘柄がストップ高

※一時ストップ高(気配値)を含みます

・値上り寄与トップはダイキン (TYO:6367)、同2位はコナミ (TYO:9766)

■経済指標・要人発言

【経済指標】

・日・3月家計支出:前年比-1.2%(予想:-2.3%、2月:-0.5%)
・日・3月経常収支:+3兆3988億円(予想:+3兆4546億円、2月:+2兆6442億円)

【要人発言】

・鈴木財務相
「為替水準についてはコメントを控える」
「為替水準、適切かどうかを言えば不測の影響を与える」
「為替の動向を注視しており、必要なら適切に対応する」


・15:00 英・1-3月期GDP速報値(前年比予想:0.0%、10-12月期:-0.2%)
・15:00 英・3月鉱工業生産(前月比予想:-0.5%、2月:+1.1%)
・15:00 英・3月貿易収支(予想:-144.00億ポンド、2月:-142.12億ポンド)

<CS>

最新のコメント

当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます